5オランダ

2013年5月29日 (水)

クローラー・ミューラー美術館日帰り

6:00ユース発→(徒歩)アムステルダム駅→(列車)アペルドールン→(バス乗換あり)→デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園前→(自転車)クローラー・ミュラー美術館→(逆コースを帰って)国立ミュージアム→ユース

002

パブのテラスに座ってハイネケンを1パイント注文したら6ユーロだった。
隣でジンを飲んでいた初老のカップルに、 日本から来たんだけど、チップはいるの?と聞くと、笑って、ここはそういう店じゃないよと教えてくれた。
しばらく黙って飲んでいると、会話に飽きた二人が話かけてきた。
「そうか、君は世界一周をして本を書くんだね」
「本なんて書かないよ。友達がブログを読んでくれてるはずだけどね」と僕。
それから二人は僕にいくつかの質問を浴びせ、僕は彼らからどこで洗剤とシャンプーを買えばいいのかを聞いた。

今日も暗いうちから駅へ歩きます。朝が待ちきれない。
アムステルダム駅にはバックパッカーが似合います。
広大な国立公園の中にある美術館で、自転車で行きます。
たくさんのゴッホ。開館前に着いて待っていたら一番乗り。開館しても30分ぐらいは数人で、ゴッホ独り占め状態。でもすぐに日本人の団体で一杯になりました。
「人に聞けばええわ」作戦ばかりやっていたら、間違えてスキポール空港に着いた。やっぱり、「地球の歩き方」もちゃんと見ないとダメですね。持っているんだから。
昨日の宿題の国立博物館へ
フェルメール
 
レンブラント恐るべし。
ユースの前の公園で5~6人の若者が座って、大きな声で笑いながら刻んだ葉っぱをタバコにくるんでいました。いけない子たちですが、明るいです。
 

I ordered a pint beer, and it was 6euro.
I asked the elderly couple who was drinking a gin.
I come from Japan. Do I need to tip?
No, you don't. This is not such a place.
I drank beer by myself for a while. Then the couple who was bored with the conversation talked to me.
If you have travelled around the world, you are going to write a book, aren’t  you?
No, I don't. I think my friend read my blog. I answered.
Then they asked me some questions, and I asked them where to buy a detergent and shampoo.

↓一日一回、応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

更新を一日ずらさせてください。

毎日3時頃にいったん宿に帰って、その日のブログを書いて、それが終わると夕食をかねてビールを飲みに外出しています。
でも、よくよく考えると、食事に出た後もあちこち歩いたりしていて、書くことはある。今まではそれは省略してきたわけですが、それでは日記としては不完全だと気づきました。
さりとて、一杯飲んで帰ったあとで寝る前にブログを書くなんて拷問はできない。
よって、翌日に前日の日記を書くことにします。
あくまでも「日付の日が実際に行動した日」というのは今までどうりです。
また、Wi-Fiの事情等で、断りなく2~3日まとめて後から更新する場合があるかもしれませんが、なるべく遅れないように書きますので、どうぞよろしくお願いします。

今日は代わりに、こちらでも読んでやってください。

これから世界一周の準備をされるみなさんへ

↓一日一回、応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年5月28日 (火)

ブリュージュからアムステルダムへ

ユース5時30分出発 → ブリュージュ駅→(電車・ ブリュッセル乗換 )→ アムステルダム→(トラム)ゴッホ美術館→近代美術館→Stay Okeyユース

001_3

朝5時30分にチェックアウトとしようとレセプションに行ったがまだ開いてなかった。
スタッフらしき人を見つけて、カードキーの返却を頼んだら快く引き受けてくれた。
街の城門を抜けて、運河沿いの道を駅まで歩いた。天にはまだ月があり、夜は明け切っていない。運河にオレンジ色のナトリウム灯がいくつも反射してきれいだ。
凛とした冷たい朝の空気を吸いながら、こみ上げてくる喜びをかみしめながら、40分の道のりをゆっくりと歩いた。
どこかでニワトリが鳴いた。やがて、街灯の灯が消え、街が目覚め始めた。
きっと今日も、この中世の美しい古都を目指して世界中から人がやって来て、マルクト広場にあふれるだろう。
きっと僕はこの街のことを、そして僕を癒してくれた鼓笛隊のマーチの音色を生涯忘れないだろう。

やっと一等に乗れました。
 
アムステルダム到着。
アムステルダム駅
トラムに乗り、ゴッホ美術館へ
日本人が大勢います。
続いて、すぐ隣にあるのが国立ミュージアムだと勘違いして入りました。ちっともフェルメールやレンブラントが出てこないので聞いたら、ここは近代美術館だよって。ぎゃふん。とりあえずトイレにいって元を取ることにした。
こちらが国立ミュージアム。入ろうとしたら、キャスターバッグが預かれないからどこかに置いてきてだって。他では預かってくれたのに。しかたがないので、先にユース(Stayokay Amsterdam Vondelpark)にチェックインしてブログ書いています。この時間にユースに来ると、Wi-Fiも電源も確保できるので、3時から4時の間にはいったん宿に入って、ブログを書いてから一杯飲みに町へ行くパターンです。今3時ですが、まだちょっと時間がかかるので、国立ミュージアムに間に合うかちょっと微妙です。
あ、それと、このユースすごく感じがいいです。ゴッホ美術館から10分ぐらいの
公園の中にあります。
 
「ノリちゃんの英会話教室」から引き続き読んでいただいている皆様へ
引き続き読んでいただきありがとうございます。 私は、できるだけ正確な英語を書くよう心がけてきました。書いた英文を、まず最初にWardでスペルチェックして、次にネットをつないで、Google(English)他三つのサイトでコロケーションのチェックをしてからブログで公開しています。コロケーションというのは、簡単に言ってしまうと、実際の英語でそのような使われ方をするのかという単語と単語のつながりのことです。 これをやって、同じような用例が実際にたくさんあることを確認して初めて、使える英語だという裏が取れます。 このチェックを怠ると、ネイティブは決して使わないような、変な英語になってしまいます。 ところが、こちらへ来てからというもの、ネット環境が悪く、十分なチェックができません。 ただでさえ切れやすいのに、コロケーションチェックのために四つのプタウザを同時に立ち上げて繋いでおくのは難しいです。 何度も繋ぎ直したり、プラウザを一つにしたりしてやりくりしているのですが、時間的な制約もあり、十分ではない場合もあります。 そこでお願いなのですが、私の英語を鵜呑みにしないで、怪しいなと思ったら、ご自分でGoogleチェックにかけて確認してください。 なるべく正しい英語を書くように心がけてまいります。 今後ともよろしくお願いします。 This morning at half past five I went to the reception to checkout but it was not yet open.
I found a man who appeared to be a staff, and asked him to return the room key. He accepted my offer willingly.
I went through the city gate, and walked along the canal to the station. There was still a moon in the sky, the day didn’t break. There were a lot of orange sodium-Vapor lamps reflecting on the surface of the canal. It was so beautiful.
In the chilly morning air I walked slowly for forty minutes to the station with experiencing the ultimate bliss.
A hen crackled somewhere. A while later, the street lights went out, and the town began to wake up.
A lot of people will come from all over the world to Grote markt in this beautiful medieval ancient city even today.
I will never forget this town and the sound of the marching band that healed me.

↓一日一回、応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ