« フランクフルトからストラスブール(フランス)へ | トップページ | ルクセンブルグからブリュッセルへ »

2013年5月24日 (金)

ストラスブールからルクセンブルグへ

ホテル→(徒歩)ストラスブール・プティットフランス地区→イル川沿いに歩いてノートルダム大聖堂へ→ホテル→(電車・乗換一回)ルクセンブルグ→(徒歩で観光しながら)→ユースホステル泊

20130524_162730_22

 私は、過去の海外旅行で騙されそうになった経験から、二つのことを教訓にしている。一つは、道を聞くのでもなんでも、こちらから話かける場合はいいが、話かけられた場合は用心する必要があるということ。二つ目は、日本でも起こらないようなことが外国で起こった場合は用心する必要があるということ。例えば、日本でモテないワシが海外でモテたら、それは用心する必要があるということ。日本に置き換えればすぐわかるのに、旅に出ていると判断力が低下する。昨日は生来のメンタルの弱さから、この教訓を忘れてまんまとなりすまし警官にやられてしまった。生真面目なワシのブログをおもしろくしてくれたネタ代として29200円は安い。

もっとごっそりとやらんかい。詐欺でも強盗でも美人局でもなんでもかかってらっしゃい。手口が鮮やかな場合はブログに書いてほめてあげる。つり銭ごまかす程度じゃダメ。あ、スキミングでごっそりはやめてね。まだ残高たっぷりあるので。

 

 

旅に出る前に友人のT君に、ブログを「格調高いバイリンガル旅情報ブログ」にすると言ったら、チキンの君が騙されそうになったトホホの話がいつもおもしろいんやから、そういう話をブログに載せなおもしろくない、もし載せないなら個別にメールしてくれと言われた。そんなブログにするつもりじゃなかったのに、早くもT君の期待どおりの「チキン野郎のトホホブログ」になっちまったやないの。人間正直が一番や。 それと、一年も旅をすると決めてかかるとブルーになるので、時々帰るのもありにする。それじゃ、世界一周したことにならんと言うなら、ブログタイトルを「チキン拓のトホホ旅日記」に変えるだけや。
ゆうべハイネケンセラピーしたら久々に熟睡。朝の7時から観光してるのはワシぐらいのもので、世界遺産貸切です。
 
 
 
ストラスブールを出るころにはすっかり元気回復
 
 
ルクセンブルグ駅前を歩いていたら、インフォメーションという服を着た人が声をかけてきたので、地図頂戴と言って観光マップをもらった。話しかけられて応じてしまった。今まで難を逃れていたのは運がよかっただけで、こういうのにやられる時は誰でもやられるんやなきっと。
 
元気いっぱいでルクセンブルグに来たんですけど、再びビビッてます。ここは高所恐怖症の人が来る町ではありません。だって、町が切り立った断崖の上にあって、ちょっと歩くとあっちもこっちも崖っぷちなんですもん。
T君、この調子でいいですか?
 
 
20年以上ぶりのユースホステル。なんや、おっさん、おばさんばっかりや。ワシなんかまだ若造の部類や。4時にチェックインしたけど、Wi-Fiはロビーでしか使えんというので、そこで今打っています。
ブログも書いたし、町へ行って一杯やってきます。断崖の上をビビリながら歩いて。
 
↓一日一回、応援のクリックをよろしくお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村

I have two precepts owing to my past abroad travel in which I have been almost cheated. The first is, when you are spoken to by someone for example asking direction or something, you need to be careful. In case of speaking to someone from you, it’s OK.

 The second is, if something that would not happen in Japan happens, you should be careful. For instance, if someone make advance to you who are not so popular in Japan like me, you should be careful. You can understand the situation by thinking as if you were in Japan. Your judgment is low when you are in abroad. I forgot the precepts because of the weak mental level, and cheated by the bogus policeman. 29200yen is cheap for the payment of making my serious blog into a delight one.

 Why didn’t you take more? Swindle, robbery, badger games and anything are all right. If your method is excellent, I will praise and introduce on my blog. Cheating the change is not enough. Oh, please don’t skim my card and withdraw money. I still have a lot of money.

↓一日一回、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« フランクフルトからストラスブール(フランス)へ | トップページ | ルクセンブルグからブリュッセルへ »

2フランス」カテゴリの記事

コメント

ははは~~(^v^)

何やっとるの~
旅慣れてるからどこかスキがあったんじゃねえべか??
つうかそれってよくある話じゃん!!

でもこれから気を引き締めろってゆうことかもね~~
命取られんくて良かったね

そーそー、私来週、屋久島!!
ダイビング我慢して登山するけどやっぱ海の方がよかったかな~~

んじゃ、今度は美人局期待しとるでね(^^ゞ

いいねー、いいんじゃないの。気の毒に思いながらも、
読みながら笑ってしまった。 旅のしょっぱなから本来の味が出てて。
ま、すべての表現は自分の情けないところを
さらけだして、ナンボだからねw

くれぐれも、体と危ない目にあわないよう
気をつけて

みんなー、コメントありがとう。
そろそろ格調高い旅ブログにするよー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストラスブールからルクセンブルグへ:

« フランクフルトからストラスブール(フランス)へ | トップページ | ルクセンブルグからブリュッセルへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ