« ゲント日帰り | トップページ | 更新を一日ずらさせてください。 »

2013年5月28日 (火)

ブリュージュからアムステルダムへ

ユース5時30分出発 → ブリュージュ駅→(電車・ ブリュッセル乗換 )→ アムステルダム→(トラム)ゴッホ美術館→近代美術館→Stay Okeyユース

001_3

朝5時30分にチェックアウトとしようとレセプションに行ったがまだ開いてなかった。
スタッフらしき人を見つけて、カードキーの返却を頼んだら快く引き受けてくれた。
街の城門を抜けて、運河沿いの道を駅まで歩いた。天にはまだ月があり、夜は明け切っていない。運河にオレンジ色のナトリウム灯がいくつも反射してきれいだ。
凛とした冷たい朝の空気を吸いながら、こみ上げてくる喜びをかみしめながら、40分の道のりをゆっくりと歩いた。
どこかでニワトリが鳴いた。やがて、街灯の灯が消え、街が目覚め始めた。
きっと今日も、この中世の美しい古都を目指して世界中から人がやって来て、マルクト広場にあふれるだろう。
きっと僕はこの街のことを、そして僕を癒してくれた鼓笛隊のマーチの音色を生涯忘れないだろう。

やっと一等に乗れました。
 
アムステルダム到着。
アムステルダム駅
トラムに乗り、ゴッホ美術館へ
日本人が大勢います。
続いて、すぐ隣にあるのが国立ミュージアムだと勘違いして入りました。ちっともフェルメールやレンブラントが出てこないので聞いたら、ここは近代美術館だよって。ぎゃふん。とりあえずトイレにいって元を取ることにした。
こちらが国立ミュージアム。入ろうとしたら、キャスターバッグが預かれないからどこかに置いてきてだって。他では預かってくれたのに。しかたがないので、先にユース(Stayokay Amsterdam Vondelpark)にチェックインしてブログ書いています。この時間にユースに来ると、Wi-Fiも電源も確保できるので、3時から4時の間にはいったん宿に入って、ブログを書いてから一杯飲みに町へ行くパターンです。今3時ですが、まだちょっと時間がかかるので、国立ミュージアムに間に合うかちょっと微妙です。
あ、それと、このユースすごく感じがいいです。ゴッホ美術館から10分ぐらいの
公園の中にあります。
 
「ノリちゃんの英会話教室」から引き続き読んでいただいている皆様へ
引き続き読んでいただきありがとうございます。 私は、できるだけ正確な英語を書くよう心がけてきました。書いた英文を、まず最初にWardでスペルチェックして、次にネットをつないで、Google(English)他三つのサイトでコロケーションのチェックをしてからブログで公開しています。コロケーションというのは、簡単に言ってしまうと、実際の英語でそのような使われ方をするのかという単語と単語のつながりのことです。 これをやって、同じような用例が実際にたくさんあることを確認して初めて、使える英語だという裏が取れます。 このチェックを怠ると、ネイティブは決して使わないような、変な英語になってしまいます。 ところが、こちらへ来てからというもの、ネット環境が悪く、十分なチェックができません。 ただでさえ切れやすいのに、コロケーションチェックのために四つのプタウザを同時に立ち上げて繋いでおくのは難しいです。 何度も繋ぎ直したり、プラウザを一つにしたりしてやりくりしているのですが、時間的な制約もあり、十分ではない場合もあります。 そこでお願いなのですが、私の英語を鵜呑みにしないで、怪しいなと思ったら、ご自分でGoogleチェックにかけて確認してください。 なるべく正しい英語を書くように心がけてまいります。 今後ともよろしくお願いします。 This morning at half past five I went to the reception to checkout but it was not yet open.
I found a man who appeared to be a staff, and asked him to return the room key. He accepted my offer willingly.
I went through the city gate, and walked along the canal to the station. There was still a moon in the sky, the day didn’t break. There were a lot of orange sodium-Vapor lamps reflecting on the surface of the canal. It was so beautiful.
In the chilly morning air I walked slowly for forty minutes to the station with experiencing the ultimate bliss.
A hen crackled somewhere. A while later, the street lights went out, and the town began to wake up.
A lot of people will come from all over the world to Grote markt in this beautiful medieval ancient city even today.
I will never forget this town and the sound of the marching band that healed me.

↓一日一回、応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ゲント日帰り | トップページ | 更新を一日ずらさせてください。 »

5オランダ」カテゴリの記事

コメント

アムステルダム中央駅の写真を見て、懐かしさが込み上げてきました。この駅って、東京駅のモデルになった駅ですよね。オランダとベルギーはまた行きたいと思う場所です。
たくさん素敵な想いを積み重ねてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリュージュからアムステルダムへ:

« ゲント日帰り | トップページ | 更新を一日ずらさせてください。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ