« オヴェール日帰り | トップページ | ディジョンからパリへ そしてマドリードへ »

2013年6月 6日 (木)

パリからディジョンへ

ユースホステルチェックアウト→パリリヨン駅→(TGV)ディジョン→ホテルHostellerie le Sauvage→市内観光→ホテル

僕はこの町で三つの単語を覚えたよ
Gare() Voie(乗り場)Sortie(出口)
ボンジュールとメルシーぐらいは知ってるさ
もうこれで フランスのどこへだって行ける
ありがとう そしてさようなら パリ

I have learned three words in this town

Gare(station) VoieplatformSortie(exit)

I know bonjour and merci

Now I can travel anywhere in France

Thank you and Good bye Paris

(本日より、句読点、ピリオド、コンマは省略します。これは詩なので。詩であるがゆえに、文法的な誤りも効果をねらって、わざとやってますので大目にみてください。あ~、楽になった。)

 予定では今日はボルドーへ行って、明日イルンという町から二等寝台に乗ってマドリード入りするはずでした。でも計画変更。タリスで一等列車のサービスを知った私は、寝台も一度一等に乗ってみたい。それもどうせ乗るならパリから乗ろうと。切符を買いに駅へ行って、ユーレイルパス見せて、「一等列車でマドリードまで」と言ったら、窓口のお姉さんが、一等は高いから二等にしたら?でも私は「いや、一等が欲しい。もしパスホルダー用の安い席が売り切れなら正規料金払うから」

それで売ってもらったチケットが222ユーロ(33000円)。

なんだ、パスホルダー用の席は売り切れなのか、と思って宿へ帰ったけど、よくよく考えたらやっぱりもったいない。翌日また駅へ行って、日にちを変えたらパスホルダー用の席があるんじゃないかと聞いたら、「あなたの切符はパスホルダー用ですよ」だって。

わけがわからんので、私の鉄道アドバイザーのN君にメールして聞いたら、私の買ったチケットは日本で買うと71000円もするもので、鉄道ファン垂涎のしろものらしいと判明。個室で専用シャワーがついて、ディナーも出るんだって。すげーや!

 それで明日の夜パリから列車に乗ることになったけど、そうなると今日と明日の予定が立ててない。ユースは6日間しか連泊させられないという。

昨日、オヴェールでフランス料理を食べて、にわか食通になった私は、フランスといえばやっぱりあれを食べないといかんやろと。TVGにも乗りたいし、本場のあれを食べるにはどこへ行けばいいのかと地球の歩き方と相談、決定。

ここのところ、慣れない贅沢の味を覚えてしまって、予算オーバーの毎日。でも、まあいいか。フランスではおいしいもの食べたなあ、という思い出があれば、後での節約も耐えることができるやろうから。

旅に出てから、一日も欠かさず世界遺産を観光しているわけで、それはそういう町ばかりで計画を立てているからやけど、毎日毎日、一日平均5~6時間歩いている。今日と明日はのんびりしようかと。

 ブログの様式を少し変えました。私はいろんな無料ブログを試したんですが、ココログが一番私のスタイルに合う。ただ、ココログには弱点があって、無料で利用できる容量が他社のものより少ない。その上私はもう3年も使っているので、3割弱は容量を使ってしまっているので、世界一周で毎日写真を貼るとすぐに一杯になってしまう。そこで、天下のGoogleが運営するbloggerへ飛ぶようにして、写真はそちらでとした。ところが、こちらのネット環境ではbloggerに写真を貼るのにものすごく時間がかかる。時間がかかるだけならいいが、パソコンにかなり付加がかかるらしく、写真が貼り付けできない時がある。ユースのWiFiでは、途中で切れてそれ以来繋がらなくなってしまったので毎日マックに通った。でもマックでもイマイチで、昨日も途中でやめざるえなかった。それと、Googleは、どうも裏で勝手に自動で私のパソコンの設定を変えているフシがあって、パソコンが不調になる時がある

ココログだけで行きます。容量が一杯になったら、その時点で考えるということで。

ここまではディジョンに着くまでのTGVでWardに下書き。

・・・・・

昨日コメントをくださったみなさんありがとうございます。本日のホテルのWi-Fiではコメント欄経由のお返事が送れませんのでこちらから。

ディジョンはパリからTGVで1時間40分ぐらい南に下ったところにある人口15万ほどの町です。街並みはパリと同じぐらい歴史があるようで、石造りの建物がびっしり並んでいます。町の中心にブルゴーニュ大公の宮殿というのが建っているんですが、それなんて、ベルサイユ宮殿かと思うぐらい立派なんです。フランスはどこへ行ってもこんな風なんでしょうか。いっそフランスそのものを世界遺産にしてしまえばいい。

もうすっかり夏という暑さの中、地球の歩き方片手にホテルを2件訪ねたんですが、空き部屋なし。おしっこしたくなったので駅に戻ったら、なあんだ、インフォメーションセンターあるじゃん。そこで聞いたら、今日はホテルがあちこち一杯だそうです。なんでもいいから紹介してと言ったら、54ユーロ(8000円)のホテルを紹介してくれました。このホテル、すごく雰囲気がいいです。二階建で、中庭のテラスがレストランになっていて、二時ごろ着いたら大勢の人が食事中でした。ただ、そこはもう昼休み休憩だと言うので、また今晩行って、あれをやっつけます。その前にさっそく近くのレストランであれを食べました。チップも入れて20ユーロ(3000円)。ワインも、なみなみとついでくれて、うれしくなってお代わりしました。

119

ちょっと小粒でしたがおいしかったです。

それと、写真をブログに張り付ける件ですが、そういうものなのか、私のパソコンが悪いのか、今まで、ものすごい時間をかけて貼り付けています。一日平均2時間以上。今日ワイン飲みながら考えたんですが、旅に来て毎日これでは精神衛生上悪いやろ、と思います。みなさんにブログを読んでもらう前に、私がもっと楽しまないといけない。

それで考えたんですが、写真は一日一枚でいいんじゃないかと。

そういえば、私は詩人じゃないですか。言葉でいこうと。

私、文章書くのは速いです。それに旅は待ち時間や電車に乗っている時間がたくさんあるので、WardやiPadminiで下書きしといて、あとはネットつなでコピペすればすぐ終わります。でも、写真を張り付けるのはそういうわけにはいきません。昨日なんて半分写真をアップするのに2時間かかって、挙句のはては繋がらなくなった。もっと書きたかったのにのに。
パソコンは素人なので、設定とかを旅先でいじりたくない。

また状況が変わって、一日30分ぐらいの手間で写真が貼れるようになったら、写真を再開しますが、当分は詩人として言葉の力を信じます。

なぜ日本にいる時のようにさっさと貼り付けできないのか、どうも納得がいきません。でも、まあ、それも旅なんだと。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« オヴェール日帰り | トップページ | ディジョンからパリへ そしてマドリードへ »

2フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリからディジョンへ:

« オヴェール日帰り | トップページ | ディジョンからパリへ そしてマドリードへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ