« サンティアゴ・デ・コンポステーラからポルト(ポルトガルへ) | トップページ | ロカ岬日帰り »

2013年6月16日 (日)

ポルトからリスボンへ

ホステル→ポルト・サオベント駅→ポルト・カンパーニャ駅→(列車)リスボン・LisboaStaApolonia駅→(徒歩)サンタ・エングラシア教会→サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会→サン・ジョルジェ城→ホステル

005_2             (リスボン・サンタ・アポローニャ駅)

     目が覚めると 上のベッドで弱い寝息
     床には 女性用の小さな靴
     ゆうべ知らない間に誰かが泊まったのだな

     I woke and found a weak sleeping breath on the upper bed
     I found a pair of small lady's shoes on the floor
     Someone may check in late last night

今朝はポルトからリスボンへの列車の中で書いています。一等座席は横三列で、私の席は一人掛けのゆったりした席で快適。やればできるじゃないかポルトガル国鉄。ただ、もうちょっと窓を拭いておいてくれんと外がよく見えんがね。意外と揺れるし。
ヨーロッパを回る三か月は、ユーレイルパスとシェンゲン協定の関係で事前に計画を立ててまわっています。日本で計画を立てた時は、ちょっとハードかなと思ったが、全然ハードじゃない。もともと列車でアクセスの良い観光地を優先して選んでいるせいもある。体調はとても良く、会社勤めをしていた時のあの心身の不調は一体何だったんだろうかと。
ボーッとする時間は好きですが、ボーッとする時間が多すぎる。今朝も2時間前に駅に着いて、カフェを2軒はしごして、やっと列車に乗ったと思ったら、あと3時間もボーッとせにゃならん。
ゆっくり観光しても、どうかすると半日ぐらい時間が空いてしまって、こんなことなら次の町へ行ってしまいたいと思うこともしばしば。その時にネックになっていたのが宿の予約。私は1~2日前にネットで調べて安い宿を予約していますが、当日キャンセルできるのか、できたとしてもネットに繋ぐ必要があるので、そこに泊まらざる得なかった。
そこで考えたが、これからは予約を入れないことにした。事前に安い宿を2~3メモしておいて、当日行ってしまう作戦にする。今まで泊まった宿はどこも空いていて、当日行っても泊まれるようなところばかりでした。8月のハイシーズンになるとどうかわからないが、基本的に予約なしで行こうと。そうすれば旅がもっと自由になる。
ついでに書いておくと、鉄道はeチケット(ネットで予約して自分でプリントアウト)の人多いです。中にはiPhone見せて(これは違反らしい)終わりにしている人も多い。そういう時代なんですね。
あと2時間半ボーッとします。

リスボンに着きました。
駅舎は写真のように青く塗られています。駅前に海が広がっています。遠くにタンカー、近くにヨットが見えます。駅に荷物を預けて、写真左の丸いドームの教会をめざします。
エングラシア教会に入ると、中に数個の大きな石棺が安置されています。その一つにバスコ・ダ・ガマとあります。そこにガマの遺体があるのかと気持ち悪くなって係りの人に聞いたら、遺体は別の寺院にあって、ここの石棺は記念碑だそうです。ポルトガルに来てから、英語の通じる率が非常に高く、フランス、スペインよりも上です。それに、観光地の説明看板も英語表記が多いです。ま、英語が読めても、エンリケ航海王子が誰なのか知らないので意味ないですけど。
次にフォーラ教会。ここはめずらしく入場料5ユーロ取られました。中に入ると壁のあちこちに青いモザイクタイルがあって、どちらかというと博物館みたいな教会です。

010 013_2

左クリックすると写真が大きくなるので、よかったらやってみてください。モザイクを見て、教会の空見ていて気づいたんですが、タイルの色が空の色に近いです。空の写真なんか載せてもしかたないですけど、あんまりきれいなんで、教会から見た空を載せておきます。
続いて、サン・ジョルジェ城を目指します。城へ行く途中に庭形式のレストランがあって、そこから何かなつかしい、いい匂いがします。中へ入ったら、大きなイワシを焼いていました。食べたい。でも今日は昼から観光しているので、今食べると中途半端になるので我慢。
お城は、城が完全な形で残っているのではなく、城跡という感じで城壁が残っていました。歩いていると、誰かがクラシックギターでラテンの曲を弾いています。そして、イワシとニンニクを焼くいい匂いが漂っています。なんでや!城の中にレストランがあって、そこの換気扇が犯人です。耐えます。
そして、今夕方の5時を回ったところです。日本とは時差が8時間あるので、日本は今夜中の1時頃のはずです。ホステルに入ってブログを打っているところです。

017 014

左の写真は城から見た風景です。電波状態がいいので少し写真を増やします。見てやってください。
リスボンていいところです。青い空。海。坂。路面電車。英語。のんびりした雰囲気。
あ、そろそろバイシャ地区(展望エレベーターのあるところ・宿はそこから徒歩5分)へ行って、「なんでもいいからイワシの丸焼き食わせろ!作戦」を実行する時間です。ではまた明日。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« サンティアゴ・デ・コンポステーラからポルト(ポルトガルへ) | トップページ | ロカ岬日帰り »

7ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルトからリスボンへ:

« サンティアゴ・デ・コンポステーラからポルト(ポルトガルへ) | トップページ | ロカ岬日帰り »

カテゴリー

無料ブログはココログ