« バルセロナからモンペリエへ | トップページ | カルカソンヌからアビニョンへ そしてアルルへ »

2013年6月24日 (月)

モンペリエからアルビへ そしてカルカソンヌへ

ユースホステル→モンペリエ駅→(列車)トゥルーズ(町歩き)→アルビ(町歩き)→カルカソンヌ(町歩き)→城塞の中のユースホステル

Photo_2                      (モンペリエ・アンテゴン地区)

     実際のところ 空が一番美しいのは
     明け方のほんの一瞬なのだ
     見逃してはならない

     As a matter of fact the most beautiful moment in the sky is dawn
     Don't miss it

今日は四都市攻撃をやってみました。

Photo_4 Photo_5

まずは明け方のモンペリエ。右はオペラ劇場。昨晩はドレスアップした人が大勢前にいました。モンペリアはいくつも大学のある学園都市だそうで、ここは住むにはいいとこだよと道案内してくれた学生が言っていました。

Photo_7 Photo_8

フランスに来て、車窓の景色がスペインのオリーブ畑からぶどう畑に変わりました。そしてトゥルーズへ。エアバスの本拠地ですが、駅前の周辺はのんびりした感じの住宅街で、工業都市という感じではありません。
フランスでは二番目に学生の多い街だそうです。
Photo_9 Photo_11
上左はトゥルーズ駅。右は駅前通り。

Photo_12 Photo_14

上左は市役所。そして電車でアルビへ向かいます。なんと一両列車。

Photo_15 Photo_16

Photo_17 Photo_18

13 14

上の写真はアルビ。駅を降りても観光客らしき人はなし。ものすごく田舎です。地球の~片手に旧市街へ。煉瓦を土で固めた壁の家がたくさん出てきます。フランスなまりの英語をしゃべるガイドが一行を案内していたので立ち聞き。16世紀ごろの建物だそうです。確かに古いですが、どういうところが世界遺産なのかよくわかりません。
教会の横にロートレック美術館。展示は油絵がほとんで、いわゆるポスターや版画の原画はあまりありません。絵はともかくとして、美術館はお城みたいに立派な建物でした。
絵は撮影禁止だったのでパネルから一枚。最後の写真が美術館の建物。

続きまして、カルカソンヌ。二日がかりで到着。駅からドキュメンタリーで。

001_2 004_3

駅のすぐ前が運河です。

007 009_2

駅から30分ほど歩くと、見えてきました。中世の城塞都市カルカソンヌ。
けっこうきつい坂を上ります。まさに城塞。城という感じです。

010 011

013 017

019 016

中はそれほど広くありませんが、小さな町になっています。今住んでる人はあまりいないようで、土産物屋や飲食店が多いようです。
ここはすばらしです。中世の街並みが状態良く保存されています。これぞまさしく世界遺産。ユースホステルはその城塞の中にある古い建物です。
びっくりしたのは、そこの受付の人が日本語がペラペラなんです。フィリップ・トルシエとミック・ジャガーを足して二で割ったような感じでたぶん40歳ぐらいかな。
私のパスポート見て、完璧な日本のイントネーションで私の名前を読んだ。そんなことは初めてだったので、ちょっと褒めたら、実は日本語ペラペラ。受付手続きで英語一切なし。どこで勉強したの、と聞いたら、全部独学だって。
さすがに漢字は書けないだろうと聞いたら、「綺麗な薔薇」と書いた。ワシャそんな字書けんがね。たぶん、そんな字だったと思って、「かんぺきだね」と言ったら、「かんぺきって書ける?」
完壁と書いたら、「それはカベね。ぺきは璧ね」なんて言って書きゃがる。見事にはまった。くやしい。
ところが、もっとすごいのは、「あなたと日本語で話たい」とか言って、ワシの受付を後回しにして、後からくる人の受付を先にやって、それがまたびっくり。スペイン語、英語、ハングル、広東語で受付を違和感なく次々とやっちゃうんです。もうびっくり。聞くと、フランス生まれで、英語は大学で勉強したけど、後は独学で、アラビヤ語やロシア語までできるとか言って、アラビア文字を書くんです。まあたまげた。

このユースはちょっと変な場所で、他に片言の日本語をあやつるオーストラリア人と韓国人がいて、受付の人と3人で日本語攻撃してくる。まあ、楽しいですけどね。

受付のトルシエもどきが、10時になったら、城壁の外の橋から写真を撮るときれいだというので撮ることに。その前にカスレという郷土料理がうまいと言うので食べてみました。うまいです。豆料理ですけど、さすがフランス。うまいもの食っとるわ。写真はカメラがコンデジなので、うまく撮れません。実際に私が見ているものはもっと綺麗(漢字書けないけど)だとお察しください。

021 024 

026 049

実を言うと、ブログは一日の空いた時間で下書きして書き溜めて、夜にまとめてアップしています。
もし今日、書き溜めずに、一日の最後にまとめて書いたなら、たぶんカルカソンヌ以外のことは書かなかったと思います。それほどすばらしいです。 それと、昨日コメントいただいたカメリオさん。電波の都合で、コメント欄から返事ができませんので、こちらでお礼申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« バルセロナからモンペリエへ | トップページ | カルカソンヌからアビニョンへ そしてアルルへ »

2フランス」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ。
トルシエモドキさん凄いですね!私なんて英語で四苦八苦。

最近、世界一周に向けて親知らず抜歯したりで拓さんのブログあまり見れませんでした・・・
今日のブログめっちゃ笑いました。

また来週左の親知らず抜歯があるので恐怖です。がんばります。
拓さんは旅を楽しんでください。

こんにちは。
トルシエもどきが出てきて、思わずコメントしてしまいました(笑
僕が2年前にここきたときも彼いましたよー。年齢がたしか50くらいだったような・・
信じられないくらい外見が若い!
ドミだったけど、個室として使わせてくれたりユースはよかったなあ。
ここの2重城壁、すごいですよね。城壁フェチにはたまりませんでした。夜、ライトアップされた城壁を何時間も徘徊したのをよく覚えています。
カタリ派の悲劇もこのお城にきて知りました。

コメントありがとうございます。
漢字で負けた悔しさがよみがえってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンペリエからアルビへ そしてカルカソンヌへ:

« バルセロナからモンペリエへ | トップページ | カルカソンヌからアビニョンへ そしてアルルへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ