« インターラーケンからベルンへ | トップページ | シャモニーからジュネーブへ »

2013年7月13日 (土)

ベルンからシャモニーへ

ユース→ベルン駅→ローザンヌ→市内観光→(列車)Martigny乗り換え・モンブランエクスプレス→シャモニーモンブラン駅→散策→ユース

Photo_25         (シャモニーから見たモンブラン)

    詩が出てこない スイスがそうさせている 景色がそうさせている

    The poem does not come out  Swiss made me so The scenery made me so

ヨーロッパを旅行中のアジア人について書きます。
こちらへ来て約50日。今ヨーロッパを旅しているアジア人(日本、韓国、中国に限定した話)の中で、一番多いのはたぶん韓国人。
私の感触では韓国5・日本3・中国2ぐらいの割合ではないでしょうか。そして、韓国は若い世代の旅行者が多い。特に20代の女性。私が泊まり歩いているユースでも多くの韓国人を見かけます。
一方、日本人はどうかというと、若い世代よりは中高年、特に定年退職した世代が多い。ユースでも、若い日本人はあまりおらず、中高年が多い。今、年金をもらっているような世代は、けっこうな額の年金をもらっている人も多く、高度成長の旅行ブームの頃に働いた世代で、リタイヤしたら海外旅行へ行きたいと思っていた世代じゃないでしょうか。一方若い子らはというと、就職もままならないような状態で、携帯代やゲーム代を払うのに一杯と聞く。私はまだ年金をもらえる年ではないし、もらえるようになっても、余ったお金で海外旅行なんて額は期待できず、この旅が終わったらまた働かざるえない。
中国人旅行者も多いが、ユースではあまり見かけない。おそらくまだまだ個人で自由に海外旅行ができるようにはなっていないのでは。でも団体旅行は日本に負けずと多いです。
韓国で海外旅行が解禁になってさかんになったのはここ20年ぐらいの話と聞く。そして、次の世代にヨーロッパにあふれるアジア人はおそらく中国人。日本はというと、年金をちゃんともらえる世代が減ってゆき、旅行者は減少するのではないか。

さて今日は、モンブランを見るためにシャモニーへ来ました
スイスとドイツはユーレイルパスがあれば、予約・追加料金無しでどの列車にでも乗れる。これはどこか遠くへ行かないといかん、と考えて、スイスを横断してフランス領のシャモニーへ行くことに。題して「五大陸の最高峰を全部制覇しよう!」制覇と言っても登るわけではなく、見えさえすればよいということで、まずはヨーロッパの最高峰モンブランをやっつけに来た。
列車はまったく快適で、ローザンヌまでは一等車両をワシ一人で貸切。レマン湖沿いをローザンヌへ。ローザンヌ観光。そして買い出し。ポテトチップ買おうとしたら3スイスフラン。330円。なんて物価の高い国なの・・・。
でもスイスはえらい。ワシらは観光とチーズと時計しかないから、とりあえずそこのところは徹底的に守ろう、と町をきれいにしている。農業を守るためには物価は高くてもしゃあないもんね、という考えが徹底している。
あと、金融もある。それに、ベルンでもローザンヌでも見たけど、軍服来た人がけっこう歩いている。スイスは永世中立だけども、昔から傭兵は重要産業という歴史がある。今でも国連軍とかに派兵しているんやろね。
今、モンブランエクスプレスの中で書いていますが、この列車、低速で断崖絶壁を走っていくんです。何でこんなのに乗っちゃったんだろう。びびりっぱなし。
同じ車両に日本人の二人組の男性。たぶんもうリタイヤされていると思いますが、明日からシャモニーでトレッキングをされるそうです。
途中、バスの代行運転の区間をへて、また電車に乗ってシャモニー到着。
駅を降りると、すぐ目の前にモンブラン登場。氷河が町の近くまで迫っています。すばらしいです。とりあえず、ひと山制覇。あ、こんなんでいいんです。見さえすれば。
シャモニーの町も日本人の高齢者多いです。みんな私と違って、バリバリの登山衣装と靴。欧米人の中には軽装で避暑に来ている人も大勢います。

Photo_32 Photo_33

ユースで朝飯食べて、ベルンの教会を見てから出発。

2_3 2_5

列車は、レマン湖沿いの、これぞスイスという景色を走っていく。

2_6 2_7

Photo_35 Photo_36

ローザンヌ観光。そして、いよいよシャモニーへ。列車はそんなに混んでいません。全部で10人ぐらいの乗客。バスまたは車で行く人が多いようです。

Photo_37 Photo_40

Photo_42 Photo_44

Photo_47 Photo_49

Photo_52 Photo_54

今、シャモニーのマックのレジの前でブログ書いています。ここはスイスから来る人も大勢いて、スイスフランで払おうとして断られている人が大勢います。ワシもそうでした。

今日の宿(Hosteling Internatinal)

Chamonix Mont-Blanc
127
Montee J Balmat
Les Pelerins den Hault 74400 ChamoniX
朝食付き24ユーロ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« インターラーケンからベルンへ | トップページ | シャモニーからジュネーブへ »

2フランス」カテゴリの記事

コメント

モンブラン・エクスプレス、エクスプレスと付くやつは、低速、断崖のようですね?

途中バスで代行ですか!残念自転車は載せられない。
尤も、フランスでは各駅しか乗れませんが。

ところで、若者の件、大変残念なのですが、要はお金より意思の問題だと思います。

そうですね。世界を見たいという気持ちは、世代でとらえるのではなく、個人の問題かもしれません。見たいと思えば若者は困難があっても行く。別に若くもないけど私も見たいから行く。今日はシャモニーのユースですけど、同室は韓国人の若い気のいい男の子。ユースで他に日本人はというと、やっぱり、たぶんリタイヤ組の二人連れ。
時期とか年齢は関係ないですね。楽しめる時に楽しめばいい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルンからシャモニーへ:

« インターラーケンからベルンへ | トップページ | シャモニーからジュネーブへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ