« ミラノからサンモリッツへ | トップページ | ツエルマットからインターラーケンへ »

2013年7月10日 (水)

サンモリッツからツエルマットへ

ユース→サンモリッツ駅発9:15→(氷河特急)ツエルマット着17:00→ユースホステル

Photo

       ようこそ 世界で最もゆっくり走る特急列車の旅へ
       氷河特急は世界で唯一のユニークな鉄道体験です

       Welcome aboard the "world's slowest express train"
               Nothing compares to the Glacier Express
                       (Glacier Expressのパンフから転載・日本語とも)

さてクイズです。世界で唯一、正方形の国旗の掲揚を国連本部で認められている国は?
乗ってきました。氷河特急。サンモリッツからツエルマットまでの最初の区間のアルブラ線が世界遺産となっています。291キロを8時間かけて走ります。パノラマ列車の一等を購入。ユーレイルパスがあっても一部しか割引にならず、追加で16000円弱。パス無しで買うと26000円ぐらい。もちろん食事は別料金。

Photo_2 Photo_3

Photo_7 Photo_8

車内は乗車率半分ぐらい。二等の方には日本人の団体が大勢。私の乗った車両の隣の席は日本人夫婦の方でした。
この方たちは、定年退職されていて、日本にも家があるが、クアラルンプール在住。なぜそうされているのか聞いたところ、クアラルンプールに住むと、税金が日本に住むより安いそうです。年金収入の他にストックオプションの副収入(もと外資勤務)があって、その税金が日本に住むより安いので移住されているそうです。そうやって海外に住んで、浮いたお金で毎年海外旅行をしているそうです。なんと、二人でユーレイルパス(3か月)を4枚持っての旅行。聞けば、最初からシェンゲン協定を破るつもりでやっているとか。しかられません?と聞いたら、前にも違反したけど、許してもらったそうです。
クアラルンプールではベッドルームが3部屋ある家に住んで、お手伝いさんまで来るんだとか。いくらあったらそういう生活ができますか?って聞いたら「そうねえ、月25万もあれば大丈夫よ」だって。

Photo_10 Photo_12

そして上の写真が世界遺産の写真によく出てくるラントヴァッサー橋。車内ではイヤホンをくれて、ピンポポンとベルがなると、日本語解説がイヤホンから流れて、もうすぐ橋が出てくるから心の準備をしろ、と放送してくれます。このピンポポンがたくさんあるので、イヤホンをつけて聞くのと、はずして席を立って写真を撮るのを交互にやるので、忙しいこと。

Photo_13 Photo_14

そしてお昼になり、コース飯。

Photo_15 Photo_16

Photo_17 Photo_18

Photo_19 Photo_20

Photo_21 Photo_22

上の右の写真は氷河です。

途中で Churという町の近くで、この辺が「アルプスの少女ハイジ」の舞台になった場所です、という放送が流れたけど、とてもあのアニメのハイジのような山村ではなく、けっこう家が建っている場所でした。後でハイジのアニメに出てくるような場所がいっぱいあったので、嘘でもいいからこの辺だと言っておけば日本人は喜ぶのに。

Photo_25 Photo_27

ツエルマットに着くと、おもてなしムード満点。日本人もたくさんいます。

Photo_29 Photo_31

今日もユースで晩飯。これはおいしかったです。
最後の建物はユースホステル。良い施設です。日本人も何人かいます。

6時にユース入って、飯食べて、シャワー浴びて、ブログ書き終わったら今ちょうど9時。毎日こんな繰り返し。
ここ、部屋でWi-Fi使えるし、今一人なので時間帯からして今日は貸切一人部屋かもしれん。ヤッホー。誰も遅くに山から下りてきませんように。

今日の宿(Hostelimg Internationalから予約)

ツェルマット Zermatt

Staldenweg 5
'Winkelmatten'
3920 Zermatt

一泊二食で65スイスフラン・駅から20分。地球の~に地図記載あり。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ミラノからサンモリッツへ | トップページ | ツエルマットからインターラーケンへ »

12スイス」カテゴリの記事

コメント

景色が変わってきて楽しんでいるようで何よりです。こちら紹介をみるほうも新鮮でよいです。正に旅番組でよく目にするあこがれの風景満載ですね。羨ましいです。涼しそうな点も。こちらは一週間ほど38℃の酷暑でだれきっています。いつか一度はそこへいってみたいもんです。

流石に氷河特急、綺麗ですね!
パノラマも凄い。
1等は最後尾ですか?橋が良く撮れています。

望遠の山の写真は、多分Piz.Elaですね?
懐かしい。

ところで、オーバー・アルプで停車はなかったのでしょうか?

かぎちゃんヨッシーさんコメントありがとうございます。

一等は真ん中よりやや前でした。オーバーアルプってなんですか?すいません。イヤホンと写真でいそがしすぎて・・・。

私も、昨日は一人部屋でした。
夜中に電気を点けることが出来て、嬉しい!

オーバー・は一番高い2000mの峠です。湖があって、少し停車して、外に出て写真を撮ってましたが・・。彼らは電車を1本遅らせたのかな???

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンモリッツからツエルマットへ:

« ミラノからサンモリッツへ | トップページ | ツエルマットからインターラーケンへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ