« ワルシャワ見物 | トップページ | ワルシャワからベルリンへ »

2013年7月29日 (月)

クラクフ日帰り

ユース→ワルシャワ中央駅→(列車片道3時間)クラクフ駅→(徒歩)クラクフ見物→(列車)ワルシャワ中央駅→ユース

011                                           (中央市場広場にある織物会館)
クラクフは11~17世紀にポーランド王国の首都として栄えた街。第二次世界大戦ではポーランドの都市ては珍しく戦火をまのがれ、中世の姿そのままに残る。
1978年にユネスコが世界で最初の世界遺産を12か所選定。パリ、ベネチア、ウイーン、プラハなどを差し置いて、このクラクフが選定第一号の一つだそうです。046_2                                                 (中央市場広場の聖マリア教会)

013                                   (中央市場広場を南から見たところ)
広場は解放感のある大きな広場。これだけ大きな広場は記憶にない。まったくすばらしい。しびれます。

004_2
どこを撮ってもすばらしいです。049
この街はもともとは城壁と堀で囲まれた街。広場を抜けてお城へ。
022
見たこともないほど大きなお城が出てきました。
025_4                  (王宮の中庭)
実はこのお城には、世界で3枚しかないダヴィンチの油絵のうちの一枚(右柱のポスターの絵)が展示してあるということで楽しみにしてきたのですが、今日(月曜)は休館日でした。
旧クラコフの城壁の外にユダヤ人街があるので行ってみました。
027_2
ポーランド最古のシナゴーグ(ユダヤ教会)スタラ・シナゴーグへ。
030_2
ここは、ユダヤ博物館にもなっています。
032
ユダヤ教の教会(シナゴーグ)に初めて入りました。中世の絵が展示してあり、説明が。
036
もともとはユダヤ人もクラコフの城壁の中に住んでいたそうです。
034
下半分が英語。1494年に大火にみまわれ、その上、反ユダヤの暴動が続いたため、ユダヤ人は隣の(城壁の外の)カジミール地区への移住を余儀なくされた。
一つ前の写真の、人が二人立っているあたりがカジミール地区。今は、どこまでが城壁だったのかわからないほど発展して市街になっています。
なお、映画「シンドラーのリスト」に出てくるユダヤ人ゲットーはこの地区にあったそうです。
045_2
お昼はポーランド飯。コヴォンキというそうです。ポーランド風ロールキャベツで、中にライ麦、豚ひき肉、野菜が包んであって、クリームシチュー風のソース。
食べてみたら、ニンニクが効いてうまいのなんの。この店は Bar Grodzki というんですが、ビールがない。「何で Bar なのにビールないの?」って聞いたら、「This is a food bar.」だって。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ワルシャワ見物 | トップページ | ワルシャワからベルリンへ »

17ポーランド」カテゴリの記事

コメント

ヨーロッパの北半分は行ったことがなく、どれも興味深く拝見しています。そういう意味でこれからが更に楽しみです。日本食は恋しくなりませんか。僕はぜんぜん駄目でしたが・・・。そんなときは、北ヨーロッパでも食べるところあるんでしょうか。自炊はできそうですか。という続いていますか?

自炊は一回やっただけです。でも、スーパーで買って公園で食うのはよくやってます。今、夏で暑いので、それほど煮たり焼いたりの必要がないので、買い食いで十分です。
日本食は不思議と全然恋しくなりません。吉牛食いたいな~、も無いです。
大きな街の大きな店へ行くと、あさげやら醤油やら日本食関連のものがけっこう売ってますが、今のところ買う気になりません。
日本食レストランも大きな街ならたいていあるのですが、行きたいと思ったことがありません。それより、冷えたビールの方が・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラクフ日帰り:

« ワルシャワ見物 | トップページ | ワルシャワからベルリンへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ