« ベオグラード(セルビア)からモスタル(ボスニア・ヘルツコビナ)へ | トップページ | モスタル(ボスニア・ヘルツェコビナ)からドブロヴニク(クロアチア)へ »

2013年9月23日 (月)

ブラガイ日帰り(in ボスニア・ヘルツコビナ)

ホステル→(バス)ブラガイ→新市街→ホステル

昨日、宿のやり手ババアが連れてきたのは、「いやん、もう、結婚して!」というぐらいさわやかな日本人青年。

彼は会社を辞めて旅に出て8ヶ月目だそうです。彼に教えてもらったんですが、今日泊まっているような、家主の家の一部をプライベートルームとして貸す宿をSobe(ソベ)と言うそうで、ここから南の中欧に多いそうです。

ドブロヴニクの宿をネット検索したところ、ドミ(大部屋)でも4000円ぐらいするので彼に聞いたら、客引きが来て10ユーロぐらいのソベへ連れていってくれるので、予約なんか要らないという。

さて今日は、宿のババアお勧めのブラガイへバスに乗って。

037
モスタル市内には黄色のバスがたくさん走っているが、多くのバスのボディにこのペイントがある。

日本からの援助で、たくさんのバスが贈られたそうです。From the people of Japan というのがいいですね。

そして、ツナミの時にはわれわれも日本に援助したよ、と昨日誰かが言ってました。

015清流の川沿いに歩きます。バスを降りて、何人かの子供に道を聞いたのですが、みんな英語が達者です。この国では小学校の4年生から英語教育が始まるそうです。

017
ここは、アドリア海から北上する街道の途中にあって、重要な場所だったそうです。今はあんまり家も建っていないが、谷合にあって、きっと昔はここを通らないと先へ行けなかったと思う。

020切り立った崖の下に建物が建っている。

026
岩の下から湧水のように川が流れ出ている。

027水量が多くてびっくり。

031対岸へ渡って、水の出る洞窟を見ようと行ったら、途中にヤギがいた。

034
そしてこれが洞窟。なんでこんな小さい洞窟からあんなたくさん水が出るんやろう?
左の建物がイスラム神秘主義教団の修道院で、かってはイスラムの聖地として栄えたそうです。
この景色はけっこう有名らしく、切手にもなっているそうです。

035
きれいな水、さわやかな風。まだ午前中なので、ほとんど人がいません。

038モスタルの街に帰ってバスを降りたら、バス停の前がお墓だった。墓石を読むと、ものすごい数の人が1993年に亡くなっている。それも、十代、二十代の人が多い。

1993年ということは、ボスニア紛争で従軍もしくは被害にあって亡くなったということ。トルコ系住民のマーク(月に星)が多いが、そうでないものもある。

この町はモスリムの街なので、おそらくセルビア軍と戦って命を落としたんでしょう。

もっと生きたかっただろうな、と胸が詰まった。

ズボンを買うべきかとか、昨日の果物屋のババアに何か仕返しできないかとか、クヨクヨ考えている自分はなんと幸せなことか。
ちょっとぐらい寒くたって、ちょっとぐらいボラレたっていいじゃないか。
こうして生きていて、そのうえ旅までさせてもらっているんだから。

049
街を歩くと時々、未だに蜂の巣のような銃痕が残る建物を見る。あれからまだ10年も経っていない。

042
旧市街に「トルコの家」というのがあって、トルコ系の人の古い住宅がそのまま残っているので見物。

043_2裏が川になっていて、景色がいいです。

046
お腹が空いたので地元飯。名前は忘れた。豆スープの中に肉団子。トルコ料理に近い。なぜか鰹節の味がした。全部で9マルカ(630円)

051新市街に行ったら、「なめんなよ!」と巨大ショッピングセンターがあった。
7階建てで、NIKIやReebockなんかも売っている。

055地下の食品売り場に行ったら、米~!が売っていた。

054今日も幸せな一日でした。明日はドブロヴニクです。

今日の宿(連泊) Hostel Dade シングル 10ユーロ

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ベオグラード(セルビア)からモスタル(ボスニア・ヘルツコビナ)へ | トップページ | モスタル(ボスニア・ヘルツェコビナ)からドブロヴニク(クロアチア)へ »

28ボスニア・ヘルツコビナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラガイ日帰り(in ボスニア・ヘルツコビナ):

« ベオグラード(セルビア)からモスタル(ボスニア・ヘルツコビナ)へ | トップページ | モスタル(ボスニア・ヘルツェコビナ)からドブロヴニク(クロアチア)へ »

カテゴリー

無料ブログはココログ