« ドブロヴニク二日目 (in クロアチア) | トップページ | コトルからポドゴリツアへ »

2013年9月26日 (木)

ドブロヴニク(クロアチア)からコトル(モンテネグロ)へ

Sobe→ドブロヴニクバスセンター→(バス)コトル→プライベートルーム→旧市街見物→プライベートルーム泊

クロアチアを北上するのをあきらめて、アドリア海沿いに南下。
コトル(世界遺産)にやってきました。
コトルはドブロヴニクと同様の城塞都市で、前が海、後ろが険しい山という地形を生かした天然の要塞都市だそうです。

003
バスはアドリア海沿いに、まさに絶景の続く海岸線を走っていく。

コトルのバスセンターに着いたら、若いおねえさんの客引きがやってきて、個室で15ユーロであるよと言う。他に客引きもいなかったので即決。付いて行ったら普通のマンションの一階だった。

004
こういうのを、プライベートルームと言って、Sobe同様、普通の家の一部屋を貸す形態の宿だそうです。
部屋は6畳ぐらいの部屋で、セミダブルのベッドで悪くない。Wi-FiもOK.。

Sobeやプライベートルームの方が、下手なユースホステルよりも快適で安い。

005さっそく荷物を置いて旧市街へ。

子供が入れ墨を見せるので、どうなっとるんや!とよく見たらよくある遊びでこすりつけるやつだった。

007城壁の一部が市場になっている。

009城壁には三つの入口がある。これは正門。さりげなく綺麗なおねえさんを写しておきました。

011_2
門を入ってすぐの広場。広くはないが、なかなかいいです。

012数人の人が土産物のTシャツを見てウケていたので何かな~と見たらこれだった。

016中は広くはないので、隅から隅まで歩いた。

017教会なんかも見たりして。

020ここはまだ世界遺産の毒が回りきっていなくて、物の値段が普通です。

022人もそれほど多くない。

025城壁の中は普通に人が住んでいる。

027
町の背後の切り立った急峻な山の頂上まで城壁が作られていて、そこを登ることができる。ちょっとした万里の長城になっている。

031チケット売り場の人に聞いたら、片道40分で登れるというので登ることにした。

039これがけっこうきつくて、とても40分では無理。毎日何やってんだろう。

040豪華客船が城壁の前の港に横づけしていて、甲板でライブショーをやっている演奏が山頂まで聞こえた。
世界遺産の町に来て船の上で遊ぶなら、来んでもええで沖でやってくれ~。

043昨日のドブロヴニクよりきつかった。汗でビショビショ。

046
港に横づけできない別の豪華客船が沖にいて、そこからボートで町へ繰り出している。
050山頂。

063下へ降りて城壁と川。

コトルもいい町でした~。

067_2今日はポテチデー。塩分取り過ぎや。

宿のおねえさんは今、居間で普通にテレビ見ています。
なんか下宿人になったみたい。他に客もいないみたい。積極的な人ならここでソファに座って楽しくお喋りして・・・。
ワシはおとなしく部屋でビール飲んで寝ます。
居間とかを、どの程度使っていいものか計りかねております。プライベートルームでの過ごし方を知っている人は教えて。

明日はどうするか未決定。ポテチ食べてから決めま~す。

今日の宿 プライベートルーム シングル15ユーロ(1950円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ドブロヴニク二日目 (in クロアチア) | トップページ | コトルからポドゴリツアへ »

30モンテネグロ」カテゴリの記事

コメント

素晴らし景色の
写真が続いてますね。

楽しそうで何よりです。

景色はすばらしいんですが、カメラはコンデジの安いやつですので、写真はそれなりです。
世界遺産がそれを補ってあまりあると思うので、このままでいいかと・・・。

初めまして
私も同じところにお世話になりました
日本人の男性が泊まってたよーと言われたのです
すっかり居間で寛いでしまいました

えー!同じ日ですか?文面からすると私より後ですね。
町に近くてなかなか便利でしたよね。
ワシも居間でくつろぎたかった。でも、ビール飲んでくつろぐと嫌われるからなあ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドブロヴニク(クロアチア)からコトル(モンテネグロ)へ:

« ドブロヴニク二日目 (in クロアチア) | トップページ | コトルからポドゴリツアへ »

カテゴリー

無料ブログはココログ