« イスタンブールからギョレメへ | トップページ | カッパドキアを自分で歩こう! »

2013年9月 2日 (月)

カッパドキアのツアーはなかなか良かったよ~。

ドミトリー→オトガル→終日バスツアー→ドミトリー

カッパドキアのツアーは二種類。グリーンツアー(デリンクユ・ウララ渓谷方面)とレッドツアー(ギョレメ周辺)。どっちも120TL(6000円)。

今日はグリーンツアーで行くことに。

017まずはギョレメパノラマ。

010

014_2青い目玉はお守りの魔除けだそうです。

ツアーの参加者は16人。南米の人が半分。あとは韓国、台湾、中国。日本人はワシだけ。

018続いて地下都市へ。

024地下都市は、ヒッタイトの攻撃を受けた時に逃げ込むための施設。

0267000人が2ヶ月ぐらい籠城できるそうです。

033
かかんでしか通れないような場所を下へ下へと降りていく。

036教会、食堂などの施設がある。

041こいつで回りました。

042土産物屋。

048こんな村に行って昼飯。

051鱒のコースをチョイス。味は普通の鱒でした。

052続いて、ウララ渓谷をトレッキング。

057こいつが凄腕ガイドのアリ、26歳。コンヤという町から出稼ぎに来ています。

058こんなとこを降りていく。

062途中でアリがロマンチックなトルコのポップスを一曲披露。まあまあかな。

こいつ、なかなか頭が良くて、すぐに参加者全員の名前を憶えました。

065途中の洞窟教会の壁画。ちびまるこに出てくるようなイエス様が天井に。
左クリックして拡大して見てね。

070

072
こんなとこで休憩。

073アリがブラックベリーを摘んでみんなに食べさせた。腸チフスになるかも。

074
この二人は台北からで、ワシに話かけてくれた。日本にも4年前に旅行したそうだけど、名古屋飛ばしでした。

081そしてまた別の村へ。

082
ここからの遠景は映画「スターウオーズ」に使われたそうです。

086_2
そしてまた別の場所へ。

101

上はウチヒサルというポイント。

104そして最後はお決まりのトルコ石買いなさい。

105この店は店員がみんな日本語を喋る。ただ一人の日本人のワシをよってたかった集中攻撃。

韓国語も喋るの?って聞いたら、韓国人の店員を雇っているので、韓国人担当はその女性だけなんだって。ぎゃふん!

そしてツアー終了。

そこそこおもしろかった。
アリがなかなか優秀で、トルコの現状やトルコの旅の仕方を教えてくれて、ものすごくためになった。

トルコは来年にはあちこちで高速鉄道が開通することや、5年後に控えたイスタンブール新空港のこと、なぜ原発を進めているか、クルド人や近隣諸国の戦争の話。

イスタンブールの飲食店では、故意にカードの二重請求があるので現金で払ったほうがいいこと、ツアーはなるべく現地で頼んだ方が安く確実なことなどなど。

113今夜のギョレメのオトガルには日本人が大勢いたぞ~。バス待ちやレストランにもいたぞ~。

トルコは、安い、うまい~。

001昨晩。この地方の郷土料理で、肉を素焼きの入れ物で焼いて、割って出してくれた。容器を半分に割るのをやらせてくれたけど、破片入っとるんやないかと用心して食べた。

111そして今晩。日本人も食べていたぞ~。

昨日は洞窟部屋で一人。ビビッてなかなか寝付けず。そしたら夜中の一時に西洋人の女の人がチェックインしてきた。
あんた、こんな時間まで何しとったの? ワシは余計眠れんくなったら、その女すぐにグーグー寝息。そして今晩は今10時半やけど、庭で宿の主人たちと酒盛り。その適応力がワシにも欲しい。

コメントしてね~。

↓ クリックも。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« イスタンブールからギョレメへ | トップページ | カッパドキアを自分で歩こう! »

24トルコ」カテゴリの記事

コメント

見てて、トルコに入ってからは食べたいと思える料理が結構増えてきた感じです。トルコ料理は確か世界三大料理だったっけ。安くてしかも旨そうでしばらくはいいですね。景色も見応えあるし。交流も含めて充実していますね。

食べ物が安くておいしいのでいいです。
ただ、ケバブばっかりだと便秘気味になるので、白米が食いたいで~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カッパドキアのツアーはなかなか良かったよ~。:

« イスタンブールからギョレメへ | トップページ | カッパドキアを自分で歩こう! »

カテゴリー

無料ブログはココログ