« ベオグラード(セルビア)からサラエボ(ボスニア・ヘルツコビナ)へ | トップページ | ブラガイ日帰り(in ボスニア・ヘルツコビナ) »

2013年9月22日 (日)

ベオグラード(セルビア)からモスタル(ボスニア・ヘルツコビナ)へ

昨夜10:30セルビア発→イースト・サラエボ5:00→(バス)サラエボ中央駅→(列車)モスタル→ホステル泊

モスタルにやって来ました。ここはなかなかいいです。あれ、サラエボは?

昨日は、ズボン買おうかノイローゼでさんざん悩んでいたら、脳が低血糖を起こしたのか、「米食いたい病」が再発。

ズボンはどうでもよくなって、中華、パエリア、寿司の店をあちこち捜したがみつからず。結局スロベニア料理店で済ませた。

夜行バスに乗ったら、「日本人ですか?」と英語で話かけられた。22歳の男の子で、サラエボの北の街からベオグラードへサッカー観戦に来て帰るところ。

ドラゴンボールやナルトなどのアニメファンで、日本人にも興味があるとのこと。

その子と話をしていたら、サラエボのバス停から鉄道駅まで行くということがわかった。その鉄道駅がサラエボ中央駅かと、iPadminiを見せたが、わからないという。

でも、その子の乗る駅から、モスタルまでは鉄道が行っているという。ワシはサラエボの次はモスタルへ行こうと思っていた。

朝5時に着いても、現地の金も持ってないし、近くにATMもないらしい。おまけにバスのつなぎが悪くよくわからない。

その子が、バス代は駅で返してくれればいいというので、その子の行く駅へ行って、モスタルへ行ってしまうことに決めた。

結局、あとで「地球の~」で調べたところ、その子が連れて行ってくれた駅がサラエボ中央駅だとわかったが、列車に乗った後だった。

連れていってもらったのでスンナリ行けたが、そうでなかったら半日はかかったと思う。

ボスニア・ヘルツコビナという国はユーゴスラビアから独立してできたわけやけど、その時に民族間で独立について戦争になった。

サラエボは主に、セルビア人、モスリム人、クロアチア人がいて、旧市街方面はクロアチア人、モスリム人が住んでいる。

バスが着くのはセルビア人地区で、それは旧市街から13キロほど離れた場所。要するに、未だに仲が悪く、バスの連携がとれてないらしい。話が長くなりましたが、というわけでサラエボを飛ばしました。

飛ばしたと言っても、スナイパー通りや博物館、ホリデイ・インの前を、そうとは知らずにずっと歩いて中央駅に行ったので、見たと言えば見た。

列車は素晴らしい山の景色の中を3時間弱走ってモスタルに到着。

駅に着いたら、客引きのババアに捕まった。一泊10ユーロで個室だという。
ノコノコ付いて行ったら、駅の隣の普通のマンションだった。

050

ここの一角のドアを開けて入っていくと、その部屋をホステルとして運営。部屋はきれいだし、WiFiも問題なし。他に誰もいない。気に入ったので、2泊分の宿泊費を払った。2泊分払ったのは、まだサラエボに未練があって、明日日帰りしようかと考えて。荷物を置いて出動。

026_2

山間の街の真ん中に川が流れている。

028

人も大勢いる。

029

この橋がスターリル・モスト。この橋と周辺の建物が世界遺産になっている。

032

橋も街並みも景色も文句なし。

033_2
ここはモスリムの街。久しぶりにあ~あ~を聞いたが、かなり下手。田舎へ行くとそうなるんやろか。034すばらしい。
035

銅を打って指輪作り。

037
今日のモスタルは暑くて、Tシャツ一枚でOK。ズボンを買っていたら後悔していた。みなさん、ご心配おかけしましたが、ヒートテックのパッチはあるので、寒かったらそれでいきます。042

ろくでもないものが美味そうなので食べてみたらうまかった。全部で9.5マルカ(665円)。

052

橋の上から誰か飛び込んだ。これは客寄せにやっているらしい。歩いていたら、200ユーロ出してくれたら飛び込みを見せるよ、なんてうまいことを言ったやつがいた。

054
橋が落ちるんじゃないかと思うぐらい人がいたぞ。

057
いい街です。

058
帰りに市場でくだものを買って、50マルカ紙幣を出したら、27マルカしかおつりをよこさない。思いっきりボラレタ。
059
これで1610円はないやろ~!抗議したが知らんふり。やられた!それとも、このプルーンみたいなやつ高いんですか?そんなわけない!
いくらか聞ききもしないで買って、高額紙幣をポンと出すからあかんのやけど、そこは信頼関係じゃないの・・・。
まあ、強く断固抗議しないワシの性格に問題があるのはわかっとるけど、まあ1000円ぐらいならいいかとついつい・・・。でも、1000円あったら飯くえるからな・・・。ま、いいか。
060

一旦、ブログを書こうと思って宿に帰ったら、小学生の子供がいてパソコンをやっていた。「あれ、さっきのおばあさんは?」って聞いたら、グランマ(おばあちゃん)は駅へ(たぶん客引き)行ったという。

おまけに、その子もママもパパもここに住んでいるという。なんや、普通の広い区画の3部屋を使ってホステルにしてるだけか~。たぶんキッチンは家族と共用。

ワシ、今晩酒買ってきてキッチンで飲もうと思ったけど、気難しいお父さんがテレビ見る横でビール飲むの嫌や~。

あ、やり手ババアがまた客を連れて帰ってきた。

もう、ベオグラードから「やられっぱなし」なんですけど・・・。

やっぱりノイローゼになってくるとこういう流れになる。
明日サラエボへ行くには、朝7時発で夜10時帰宅。これはちょっときついのでヤメ。
なんで2泊も頼んだのか、明日何をするか、またノイローゼ。きっとまた何かやられる。

今日の宿 Hostel Dade シングル 10ユーロ

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ベオグラード(セルビア)からサラエボ(ボスニア・ヘルツコビナ)へ | トップページ | ブラガイ日帰り(in ボスニア・ヘルツコビナ) »

28ボスニア・ヘルツコビナ」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ベオグラード(セルビア)からサラエボ(ボスニア・ヘルツコビナ)へ | トップページ | ブラガイ日帰り(in ボスニア・ヘルツコビナ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ