« ストーンヘンジ日帰り(ソールズベリー・イギリス) | トップページ | ロンドンからメキシコシティーへ(イギリス) »

2013年10月31日 (木)

ソールズベリーからロンドンへ(イギリス)

ユース→ソールズベリーコーチステイション→(バス)ロンドンヴィクトリアコーチステイション→バッキンガム宮殿→中華街→(地下鉄)Houslow East→ホステル

朝ソールズベリーのホステルから町はずれのコーチステイションまで歩いた。

001
バスはトイレがあってなかなか快適。ただ、何か所かで客を乗せるので、ロンドンまで3時間かかる。でも値段は電車の半額以下の17.5ポンド(2800円)。

004バスは定刻どおり12時20分にロンドンヴィクトリアコーチステイションに到着。

014狭い場所が駅になっていて、運転手は大変やろうな~。

016今日のロンドンは曇りです。ヴィクトリア駅の駅舎を見ようと行ったら、あたりが大規模開発中だった。

019ウエストミンスター大聖堂。

027
バッキンガム宮殿へ行こうと、キャスターバッグを転がしてセント・ジェームズ・パークを歩いていたら、2人の怪しい男に次々に写真を撮ってくれと頼まれた。
こんな寂しい場所で写真なんか撮るか~?

一人目はサッと撮ってあげて足早に逃げてきた。
二人目は、撮った後もついてきてあれこれ話かけてくる。

「俺はブラジリアから来たんだ。知ってる?ほら、これがブラジルの紙幣。え、日本なの?日本の通貨はなんて言うの?お札見せて。」

嫌です!だましのパターンがフランクフルトのニセ警官の時と同じ。ここでこいつとからんでいると、ニセ警官が登場するパターン。

だいたい、こんな人気(ひとけ)のない場所で写真を撮ってというのも変だし、写真を撮ったあとであれこれ話かけて札を見せろはいかにも不自然。
急いでいるのでと言って逃げてきた。

031
バッキンガム宮殿はものすごい人。こんな曇りの日に他に行くとこないんか。人のことは言えんけど。

032これはバッキンガム宮殿と並んで建っている建物の衛兵。女王陛下も維持費が大変やね。

037ダブルデッカーがたくさんいたぞ~。

039
劇場通り(歩行者天国)に行ったらものすごい人。

040世界中のおのぼりさんが集合や。

042
中華街に行って、ろくでもない中華ランチ食べました。

0446.6ポンド(1060円)。イマイチ。
046
048そしてピカデリー。もう来ないからね~。

050Tesucoに晩飯買いに入ったら、店員がこんな扮装をしていた。もうそんな時期なの?

055
そして地下鉄に乗って今日のホステルへ。ヒースロー空港のすぐ近くです。

057一階はパブになっている。でも、ホステルはよくない。タコ部屋。
ワシこの旅で初めて三段ベットの最上階。こんなベットもあるんやね。

ビールが飲めるのはええけど、これじゃ夜中にトイレに行くのが大変。
さらに、さっき明日の航空券を確認したところ、飛行場がヒースローではなく、ガトウイックと判明。ガビ~ン!このホステルは飛行場が近いということ以外にメリットはない。

ワシ、飛行場が近いからとここにしたのに、明日また一時間かけてヴィクトリア駅まで戻らないといけない。トホホ。

さて明日(1日)は、

ロンドンガトウイック発17:20→スペインマドリード着20:45  マドリード空港泊 

翌日(2日) 14:40マドリード発→メキシコシティー着20:05  

2万円をケチって乗り継ぎのいい便をやめたばっかりに空港で泊まるハメに。ここはケチるとこじゃなかったかも。シェンゲン協定目いっぱいヨーロッパに滞在したワシはマドリードの空港から外へは出られません。

マドリードの空港は15分だけ無料のWi-Fiが飛んでいるはずなので明日は何とか更新できると思います。

今日の宿 Heathrow Hostel ドミ 一泊 16ポンド(2560円)。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ストーンヘンジ日帰り(ソールズベリー・イギリス) | トップページ | ロンドンからメキシコシティーへ(イギリス) »

36イギリス」カテゴリの記事

コメント

いよいよメキシコへ向けて出発ですね。マドリッド空港泊は大変そうですが、お気をつけて。私もやっとモロッコ出国です。カサブランカもそれなりに楽しめました。

いろいろとありがとうございました。
次はブルガリアでワインですね。
今ロンドンガトウイックでチェックイン待ちです。出発6時間前です。心配症なので早く来て、45分だけ無料WiFiでつないでます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソールズベリーからロンドンへ(イギリス):

« ストーンヘンジ日帰り(ソールズベリー・イギリス) | トップページ | ロンドンからメキシコシティーへ(イギリス) »

カテゴリー

無料ブログはココログ