« タンジェ(モロッコ)からロンドンへ | トップページ | ストーンヘンジ日帰り(ソールズベリー・イギリス) »

2013年10月29日 (火)

ロンドンからソールズベリへ(イギリス)

ホステル→(徒歩)ビッグベン→トラファルガー広場→ナショナルギャラリー→ピカデリーサーカス→Tate Britain→(地下鉄)Waterloo駅→(電車)ソールズベリ→(徒歩)ホステル

006 009_2

午前中は市内を歩きます。まずはウエストミンスター寺院。入場料が16ポンド(2560円)って、教会の入場料としては世界一高いんじゃあないでしょうか。それでも大勢並んでいました。

014
ビッグベン。いやあ、しびれます。

024
I love London!

025
テムズ川沿いの記念碑にチャーチルの言葉があった。

NEVER IN THE FIELD OF HUMAN CONFLICT OWED BY SO MANY TO SO FEW
                      WINSTOM CHUACHILL

(人間の争いの歴史上、かくも小人数の人がこれほど多くの人を救ったことはなかった)
英国空軍の戦闘機がドイツの侵攻を食い止めた時の言葉のようです。

029
ロンドンには赤が似合う。

033 036

ロンドンタクシーにダブルデッカー。いいです。

039 041_2

トラファルガー広場。

044
ナショナルギャラリー。ロンドンの美術館や博物館は無料なのがいい。

045 046

スーラ、ルソーがよかった~。無料なので一生懸命見ず。コストパホーマンスを考えてフェルメールと印象派だけ見て30分で終了。

ピカデリーサーカスあたりの街並みはまったく美しい。しびれる。

049
052
053

054もう泣きそうです。こんな一等地にユニクロが出店しています。ちょっと見たけど日本より高い値付けのような気がした。

Tate Britainもやっつけておきました。

061
そしてホステルから荷物を取ってWaterloo駅へ。

063
イギリスで何をしようかと考えた。シェクスピアという柄じゃないし、ロイヤルバレエでもない。

まあストーンヘイジでも見に行くかと昨晩宿の予約を入れておいた。
駅で切符の値段聞いてびっくり。二等列車に一時間半乗って、なんと36ポンド(5760円)。それも普通の電車ですよ。高速鉄道でもなんでもない。往復11520円。一瞬、行くのをやめようかと迷ったほど。

064
モロッコだったら一等に3時間乗っても1800円やぞ~。コラ!日本より高いやないか。

ストーンヘイジの最寄駅の町、ソールズベリーは小さな町です。

070
ユースホステルは、イギリスの正統派ユースホステル。069
家族連れが何組も車でやってきて泊まっています。

町にTesco(スーパーのチェーン店)があったので、ビールを買ってきてユースの食堂で飲んだけど、酒飲んでるのはワシだけ。あと3組の家族がいたけど、母親が料理をしている間、子供たちは熱心に勉強。

このユースで二泊してゆっくりします。

また一人旅になって、ちょっと寂しいです。またいい出会いがありますように。

今日の宿 YHA Salisbury ドミ 朝食つき一泊 24.5ポンド(3920円)。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« タンジェ(モロッコ)からロンドンへ | トップページ | ストーンヘンジ日帰り(ソールズベリー・イギリス) »

36イギリス」カテゴリの記事

コメント

西欧に戻って、一層盛り上がっていますね。それと共に、滞在費もぐんと上がって大変ですね。ストーンヘンジ、楽しみですね。

コメントありがとうございます。
そいうえば、パリのユースが4000円以上していたのを思い出しました。
モロッコだったらいいホテルに泊まれたのに・・・。

イギリスか~~
留学時代思い出した??

facebook始めたのね
招待してね~

砂漠へ行ったり、非日常生活を毎日送ってるの見てたら日本にいるのやになるわ

乗車賃高いといえば、JR九州もとんでもない電車走らせたよ
ななつ星ってゆうの
三日間くらいで何十万円  もう予約はいっぱいだって
静岡の友達、すでに乗ってたりして~

留学なんて大げさな・・・。
アホな語学学校に2か月いただけで何の役にもたたなかった。
でもロンドンはしびれる。
空気が凛として、人々はシャキッとおしゃれして歩いている。
ワシはよれよれの恰好やけど。

しびれる前に、僕だったらコストかかりすぎで、即死ではないんでしょうか??
でも、スイスと同じくらいかな???

いやあ、コストかかり過ぎて財布がしびれているんですが。
すぐに出国しますので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンからソールズベリへ(イギリス):

« タンジェ(モロッコ)からロンドンへ | トップページ | ストーンヘンジ日帰り(ソールズベリー・イギリス) »

カテゴリー

無料ブログはココログ