« さよならイスタンブール | トップページ | メディナ散策(チュニジア・チュニス) »

2013年10月10日 (木)

イスタンブールからチュニス(チュニジア)へ

ホステル→イスタンブール空港発13:10→チュニジア着14:00(時差二時間)→タクシーホテル→メジナ→ホテル

チュニスへやってきました。アフリカという感じは全然なく、ここは地中海沿岸のヨーロッパととらえた方がいいような感じです。

航空券はネットで、チュニジア航空(イスタンブール→チュニス→カサブランカ)を43000円で買いました。
009_2 011_3

エアバスA320、横6列の小型機。2時間30分のフライトなのに軽食が出た。
「ビールある?」って聞いたら小さな缶が出てきた。これは唯一のチュニジア産ビールだそうです。もう一本ぐらいくれんと酔えんのやけど・・・。

チュニスに到着してタクシーに乗ろうとして、さっそくアフリカの洗礼を受けた。
「地球の~」によると、町までの相場は、3~5ディナール(180円~300円)。
数人のドライバーと交渉したが、30ディナールから始まって、10ディナールまでしか下がらない。メーターはというと、細工してあるか、倒さないらしい。

それならバスで行こうと乗り場を捜したがわからない。インフォメーションで聞いてもよくわからない。しかたなく、愛想の良いドライバーを捜して、10ディナールでホテルへ。

024荷物を置いて、メディナの中にあるユースホステルへ、ワシが耐えうる環境かどうか下見に出かけた。
夕方の交通ラッシュで、お巡りさんが大勢出て交通整理をやっていた。

026宿からメディナまでは、歩いて40分ぐらい。メトロが使えない場所なので、歩くことに。モハメド通りを歩いて行ったら、構造上無理があるようなビルが建っていた。

028町のシンボルの時計塔。

030_2夕方なので、大勢の人が歩いていた。

032そしてメディナの中へ。

033
イスタンブールのバザールよりも道が狭くて入り組んでいる。

035
これはユースホステルの入口の扉。中に入ったが、英語がわかる人も客もおらず。建物は昔からある建物で、情緒はあるが、何か陰気で小便臭く、耐えられる限界ギリギリという感じ。
試しはしなかったが、WiFiは飛んでいた。英語の話せるオーナーと電話で話をしたところ、明日は空きがあるという。値段は朝食付きで一泊900円と安い。

038グランドモスク。明日ちゃんと観光に来る予定。

040メディナの中は6時過ぎると人通りが減って、ちょっと怖い。

今日は、飛行機から荷物が出てくるのに一時間以上かかったことや、ホテルを捜すのに時間がかかったので、とりあえず明日の宿の下見にホステルを見ただけで帰ることにした。ホテルに帰って午後7時。何も食べてなかったし、一杯飲みたかったので、近所を散策。

053
レストランかと思って入ったら、100人ぐらいの客がいて、みんなそれぞれに大酒を飲んでいた。

052
イスラムの国だから酒なんか飲まないかと思っていたらそうじゃなかった。一人平均で5~6本のビールの小瓶をテーブルに並べて飲んでいる。

ワシも飲みたくなって、一人で飲んでいるおっさんに聞いたが、英語がまったく通じない。
でもそのおっさんは、ここに座れと言って、同じテーブルに座らせてくれた。
ビールを指さすと、大声でウエイターに何か言ってくれた。そしたらウエイターがビールを持ってきて、おっさんはコインを見せていくらか教えてくれた。一本2.5ディナール(150円)。

045
この人はたぶんフランス語で何か一生懸命喋り、ワシは英語で一生懸命喋るが、お互い何を言っているのかほとんど通じず。

何か食いたいという動作をしたら、この人がまたウエイターに何か怒鳴って、これをおごってくれた。

050ソラマメのような大きな豆を塩辛く煮込んだ料理で、ビールによくあってうまかった。

まだ何か食いたいという仕草をすると、また別の豆料理をおごってくれたが、この店には、その二種類しかつまみがないらしく、まわりの人は全員同じ豆料理を食べていた。

ワシも周りの人に負けじと、ビールを3本飲んだが、小瓶なので、大瓶一本半分ぐらいの効果しかなく、なかなか酔わない。

おっさんとワシは何とかしてお互いの名前を交換した。
おっさんが、カメル、カメルという言うので、ラクダの絵を描いて、「これか?」と見せたら、大笑いして、CAMELと書いた後で×を打って、KAMERと書きなおした。

なぜかおっさんは自分の住所と電話番号も書いて、電話してこい、みたいな仕草をして、おまえの住所と電話番号も書けみたな仕草をするので、ワシも書いた。

でも、仮に電話が通じても、お互いアーウー言うだけで会話にならないのに、酔っ払い同士の話はこんなもんやね。

もっと飲みたかったが、豆ばっかり食ってもしょうがないので、おっさんに礼を言って店をあとにした。

今日も楽しい一日でした。

今夜のホテルはチュニスにしては高いし、不便なところにあるので、明日は宿探しから始めます。

今日の宿 ホテルVILLA78 朝食付き シングル 4000円

002イスタンブールのホステルの食堂で今朝みつけたボード。

「天使はいる。でも、時に彼らは翼を持たず、友達という名で呼ばれる。」

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« さよならイスタンブール | トップページ | メディナ散策(チュニジア・チュニス) »

34チュニジア」カテゴリの記事

コメント

チュニジアですか~。
レストランでは、みごとに男性オンリーですね。
イスラム社会だからなのでしょうか…。
陽気なオジサンとの出会い、楽しそう

イスタンブールの天使のボード
いいですね~日本にはない感性です。
毎日、拓さんの記事を楽しみにしています。

ありがとうございます。
ここはWiFiの調子がイマイチで、けっこう時間がかかって更新していますので、そうやって言っていただけるとうれしいです。
可能な限りオンタイムで毎日書いていきますので今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブールからチュニス(チュニジア)へ:

« さよならイスタンブール | トップページ | メディナ散策(チュニジア・チュニス) »

カテゴリー

無料ブログはココログ