« 現在キューバ旅行中です。 | トップページ | ハバナ散策(キューバ2日目) »

2013年11月18日 (月)

カンクンからハバナへ(キューバ1日目)

B&B→(バス)町のバスセンターへ行き、そこからバスで空港へ→アエロメヒコ12:18発→(約一時間)ハバナ着→(タクシー)セントロのホステルへ→町歩き→カサ・パルティクル

キューバにやってきました。Wi-Fiが無いので、これを公開するのは10日以上あとになりますが、夏休みの宿題と一緒で、ためてしまうとやる気がなくなるので毎日書いておきます。

009
カンクンを飛び立った飛行機は一時間ほどでハバナに到着。
旅行保険の写しの提示を求められるとか、複雑な入国手続きを予想していたが、まったく違った。
私のパスポートの生年月日を見て英語で「Happy birthday!」と言っただけで終了。なんだかうれしくなった。
キューバのパスポートを持った人が大勢通関で並んでいましたが、みんなこぎれいで手土産を一杯持っているのが不思議な感じでした。

ハバナの空港は想像どおり。とても首都の空港とは思えない。ガラ~ンとしていて洗練されたお店も飲食店もない。
空港の中の両替所でメキシコペソをキューバのお金に換えた。

キューバのお金には2種類あって、観光客が使うキューバペソ(CUC)と、キューバ市民が使うペソ・クパーノ(CUP・別名モネダ)がある。
1キューバペソ(CUC)は1ドル(100円)。1クパーノは約4円。単純に言うと25倍の貨幣価値。

一般観光客はキューバペソ(CUC・クック)払いの店で飲食・買い物をすることになるが、非公式にキューバ市民の店でクパーノ(CUP)で買い物をしてもかまわないというなんとも理解しずらいしくみ。
一応両方とも入手。

空港でタクシーに乗ろうとしていくらか聞いたら、町まで25CUCだという。2500円は高いなあと思って、誰かシェアする人はいないかとキョロキョロしていたら、タクシーの運ちゃんが、20CUCのタクシーを連れてきた。

011
大丈夫かというようなオンボロ。中はもう改造車でメカむき出し。
まあ安いにこしたことはないので、それにした。そしたら空港を出てすぐにエンスト。なんで、って聞いたらガス欠。惰力でしばらく坂を走った。

015_2
おっちゃんはガソリンスタンドの前の道に車を止めてポリタンクもってガソリンを買いに行ったが、売ってもらえなかったと帰ってきた。

022
今度は後続の同僚のタクシーを止めて、ホースでガソリンを吸って分けてもらって再出発。
私が喜んで大笑いすると、運ちゃんも笑って「クーバ!」と叫んだ。ワシも「クーバ!」。
しばらく走ってガソリンスタンドに入った。そこでガソリンを給油したが、なんと2リッター入れただけ。
それじゃあまたすぐにエンストするやろ!
他の客はどうかと見ていたが、5リッター以上は買わない。ひょっとすると5リッター以上は売ってもらえないのか。

033
どういうとこなの?バイクじゃあるまいし。

028
なんと、この運転手は携帯持ってます。なんや、キューバの人も携帯持っとるんか。ACERというメーカーでした。

031
ちなみに普通のタクシーは黄色で、ヒュンダイやKIAもチラホラ。海外を旅して思うのは、携帯やパソコンはサムソン、エアコンはLG、車はヒュンダイかKIAで、日本より韓国が圧倒的に強いです。唯一日本が勝っているのはカメラぐらい。ちなみにキューバでは軒並みLGのエアコンが付いている。

032
クラッシックカーがたくさん普通に走っています。

039
ホワイトハウスそっくりの国会に到着。国会議事堂の前では日光写真をいかがですかと勧められた。そんなもんで商売すな。
私が笑って、写真機の写真を撮らせてよと言ったら「2ドル」と言うのでやめといた。

040
国会の敷地にヤシの木が生えてますから。

043
国会の前の街並みがすばらしい。

044
国会の横のカピトリオ・ハウスというカサ・パルティクル(民宿)が「地球の~」に載っていたので、そこに宿をとった。
外観はものすごく汚いですが、中もそこそこワイルドです。家主のホアキーナさんが親切で、洗濯はタダでやってくれます。
ドミが4部屋。今日は私で満室になって、後から来た日本人は他のカサを紹介してもらっていた。もちろんWi-Fiはありません。
日本人の大学生が泊まっていたので、いろいろ情報収集。そして外へ。

046
国会の前になぜかクラッシックカーがたくさん停まっていた。

050
国会は修理中ですが、国会の前の家は修理もされずに廃墟になっている。

夕方で暗くて写真はまた明日ですが、街並を見て感動して泣きそうに。

042
街並が昔のままというのはこういうことなのか。汚くて、すすけていて、修理もされない。まったくすばらしい。きれいに保存・補修されたヨーロッパの街並みをたくさん見てきたが、本当に保存するというのはこういうこと。補修する金が無いだけか?

060
古本屋を覗いたら、チェ・ゲバラ関連ばっかり。左のお兄さんのヘアスタイルにも注目。

061_2
一番メインのオビスポ通り。

人民ペソ(クパーノ・CUP)で飲める店で安く酒を飲もうと探したらあった。
入ったが頼み方がよくわからず。やさしそうなおっさんにクパーノを見せたら、ビールが20クパーノ(80円)だそうで、注文してくれた。クパーノで飲んでもけっこう高いのね。

062
このビールは250mlだけど、度数が6パーセント以上あって酔うし、うまい。
おっさんは英語で何か言おうとするが、結局ソニーのカメラがいいということが言いたいみたいだった。

071
おっさんと別れて、こんどは観光客用ペソを使って飲める店へ。
067
カフェ・パリスという店で、生バンドが賑やかに歌っていた。

076
観光客も知っているような曲ばかりやるので、客も一緒になって歌ったり踊ったり。
スタンドバイミーとか聞きながら泣きそうに。ハバナ楽しいです。

077
スパゲッティーとビールで7.1CUC(710円)。観光客用ペソで飲み食いしても安い。

081
ほろ酔いで歩いて行ったら、ピアノの生演奏が聞こえたので入ってみたら、ヘミングウエイの写真がたくさん飾ってあった。
カストロとも仲良しやったんやね。
087_2
「地球の~」を出して調べたら、ホテル・アンボス・ムンドスはヘミングウエイの定宿だったそうです。
088
091
町のあちこちで生バンドが演奏していて、食事も酒も安い。いい街です。
052
アルマス広場まで歩くと、一人のおっさんが、「ハポネス?」と声をかけてきた。
098

聞けばこの右のおっさんは元野球選手で、名前をラサロと言って、1977年に東京に遠征したことがあるそうです。
日本のチームと対戦して、日本のチームには、ヤマウチ、ムラカミ、フルヤ、イサオサイトウがいたよ、と言ってました。
左のおっさんはミュージシャンで、ケストラ・デ・ラ・ルスと一緒にやったよと言ってました。本当かなあ。
まあ、ここまではよかったんですが、話をしてるうちに「一杯おごってよ」と言うんです。

酒を買って3人で飲もうと言うんです。いくらって聞いたら、私のつたないスペイン語せいか、40CUP(160円)と聞こえた。ワシは一人20CUP(80円)のビールだと思って、一緒に買いに行った。

099
そしたら4CUC(400円)のラム酒を一本選んだ。それを公園で3人で飲もうというんです。ビールならいいけど、ラムなんか飲んだら宿に帰れない。お酒は買ってあげたけど、二人で飲んでねと言って別れました。

400円だから、たかられたというほどでもないけど、平均月収が1500円(宿の情報ノートにそう書いてあった)の彼らにしてみれば、ラム酒一本でも相当な金額のはず。「おごってよ」というのはよくあるパターンらしいですが、さっそくその洗礼を浴びました。でも、、昔活躍した栄光のピッチャーでもここではそんなもんなの?

ハバナはすばらしいです。人当りがいいし、安全な感じがします。古いままの小汚い町並み。クラシックカーが普通に走っている道路。2リッターしか給油しないタクシー。
いやあ、来てよかった~。

今日の宿 カピトリオ・ハウス 朝食洗濯付き 10CUC(1000円)蚊が出ます。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« 現在キューバ旅行中です。 | トップページ | ハバナ散策(キューバ2日目) »

38キューバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンクンからハバナへ(キューバ1日目):

« 現在キューバ旅行中です。 | トップページ | ハバナ散策(キューバ2日目) »

カテゴリー

無料ブログはココログ