« トリニダーからサンタクララへ(キューバ4日目) | トップページ | サンタクララからサンティエゴ・デ・クーバへ(キューバ6日目) »

2013年11月22日 (金)

サンタクララからサンティエゴ・デ・クーパへ(キューバ5日目)

カサ→サンタクララ見物→夜0:20発サンティエゴ・デ・クーパ行き夜行バス(12時間乗車)→明日12時ごろ到着予定

ここでゲバラ、カストロのことを簡単にまとめておきます。あまり正確ではないかもしれませんのであとは自分で調べてね。

ゲバラはアルゼンチンの裕福な家に生まれ、医大を卒業。青年期に二回、中南米を長期旅行し見聞を広めています。二回目の旅行中メキシコで後に奥さんになる人と出会い、奥さんの影響で社会主義運動に傾倒していきます。

一方1950年代のキューバはバティスタという人が大統領をしていて、この人はキューバの国策企業ともいえる多くの会社をアメリカに売り渡して私腹をこやし、その陰でキューバの人民は極貧にあえいでいた。
そうした人民の中から武装蜂起したのがカストロです。カストロは120人の仲間と一緒にサンチャゴ・デ・クーパの兵営を襲撃するも失敗。投獄されるが、カストロを殺すなという国民世論のおかげで恩赦となり出獄、メキシコへと亡命。

メキシコでゲバラはカストロと意気投合、軍医として従軍を決意。82人の仲間とともにグランマ号でキューバへと向かいます。事前に情報を知ったバティスタ側はアメリカからの精鋭部隊で攻撃。カストロ側で生き残ったのはたった12人。山へ逃げ込んでゲリラ戦を展開します。
この時カストロは「12人も生き残った。われわれは勝利したも同然だ」と言ったそうです。

カストロに賛同する人々は次第に増え、運動は広がり、とうとうバティスタ政権を倒して革命は成功します。カストロは国家元首となり、ゲバラはナンバー2の地位まで上り詰め、大臣となります。

社会主義となったキューバはアメリカの会社まで国有化すると宣言。怒ったアメリカは経済封鎖に出ます。ゲバラは通商の相手を求めて世界中を飛び回り、日本にも来たことがあるそうです。

国内が安定してくると、ゲバラの中に新たな思いが生まれます。もっと苦しんでいる人々を救いたいと。そして新たな活躍の場をボリビアと定め、そこでも自らゲリラとなって運動を展開。
ボリビアでの体制も整わないまま政府軍と戦闘になり捕えられ、翌日銃殺された。

003_2
朝のサンタクララ通勤風景です。

032_2
みんなそれぞれの手段で出かけます。

006_4
私たちは徒歩で。
018_4
見えてきました。チェ・ゲバラの霊廟です。サンタクララはゲバラが列車を襲って政府軍の武器を奪って革命を勝利に導いた地。
死後何十年かを経てボリビアから戻った遺骨はカストロの手でここに埋葬された。

007_3
台座にはゲバラの言葉、「勝利に向かって常に」と書かれています。

011_3
朝からたくさん人がいます。

016_2
裏には博物館に入る高校生がたくさんいた。

地下が博物館になっていて、ゲバラの若い頃の写真や成績表などがあった。10段階評価で歴史が9だったけど、他は4から6が多くて、そんなに成績優秀というわけじゃないですね。

地下の霊廟にはガスの灯がついていました。

014_2
近くに墓地があって、革命で命を落とした人が大勢眠っていました。

015_3
ここにも炎が。
ここでキューバの高校生が写真を撮っていましたが得意気に「iPhone!」と言ってiPhoneを見せてくれました。WiーFiも飛んでないのにどうして持っているんでしょうか。

020
今度は馬車に乗って、ゲバラが列車を襲って政府の武器を奪った現場へ。馬車は2CUC(200円)。

029_2
今も電車が走っている線路のすぐ脇にモニュメントがある。

027_3
貨車の中には武器が少し展示。

023_3
ゲバラは300人の兵を率いて、戦車や数千人の歩兵に守られた武器輸送車を巧みに襲った。
ここで大量の武器を手に入れたことで形勢は革命軍に傾き勝利へと繋がっていきます。
024_3
歩いていたら消防署にもゲバラの写真。
どこへ行ってもいまだに大人気の英雄です。

031_4
昼飯を食べようと広場へ。

1003
マクドナルドがあったぞ~。でもキャラクターが違うし、食パンのサンドイッチが100円やし。

1004_1
チキンとビールで220円。

1005
ここで「しんちゃん」はハバナへ戻るのでお別れ。この自転車タクシーは200円で3キロぐらい乗れるけど、別に観光用じゃありません。馬車タクシーと同様庶民の足です。

1012
私は夜中の0:25発のバスなので公園を散歩。パンクロッカーが数人集会をやっていた。コベントガーデンかと思うぐらいバリバリのパンク。モヒカンヘアーにツンツンの髪型。鼻ピアス、頬ピアス、口ピアス。刺青入れ散らかし。命からがら一枚写真を撮ってみた。

1013
刺青のクオリティーが低いんですけど。

1014
きれいな高校生も撮っておきました。

1015
サングラスは高校生の必須アイテムです。携帯持っている子もチラホラ。

1018
小学生がおもしろいゲームをやっていました。しりとりかなんかをやって、間違えた人は片足を出すんです。間違えた人が次々乗せていくので一番下の人が「痛い~」と言って悲鳴を上げるのをみんなで楽しんでました。

あと、順番に何か言いながら、一人がエッチなポーズを取って、それを次の人も真似しなけりゃいけない遊びをしていました。かわいいのなんの。

1019
20円のアイスを食べたり、クラシックカーを眺めたりして暇つぶし。

1020_2
1021
1023_1
そして時間になったので馬車タクシーでバスセンターへ。

参考までにハバナーサンティエゴ・デ・クーパーの時刻表を載せておきます。
トリニダーからサンティエゴ・デ・クーパーへは、朝8時発夜8時着の一本しかなくて不便なので、ちょっと戻ってサンタクララへ来た次第です。

1029
1030_2
待合室のテレビで、スタートレックの古いやつをやっていました。たぶんファーストシリーズ。それが終わると、アクターズスタジオのインタビューでエルトン・ジョンが出ていました。
反米一色ということはないんですね。英語の洋楽も町に溢れている。でも、時々チャベスを賞賛するよな写真があって、よくわからんです。

1034
ビアスール社のオンボロバスがやってきました。これから12時間かけて、キューバ第二の町、サンティアゴ・デ・クーパまで南下します。

今日の宿 車中泊 バス代 2300円。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« トリニダーからサンタクララへ(キューバ4日目) | トップページ | サンタクララからサンティエゴ・デ・クーバへ(キューバ6日目) »

38キューバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« トリニダーからサンタクララへ(キューバ4日目) | トップページ | サンタクララからサンティエゴ・デ・クーバへ(キューバ6日目) »

カテゴリー

無料ブログはココログ