« カルタヘナ散策(コロンビア) | トップページ | どうしたらいいんでしょうか?(コロンビア・ボゴタ) »

2013年12月27日 (金)

カルタヘナからボゴタへ(コロンビア)

昨日正午カルタヘナ発→(バス23時間)ボゴタ着11時→(コレクティーボ)新市街→ホステル→町歩き→ホステル

バスに23時間揺られてボゴタへやってきました。カルタヘナは真夏のように暑かったのに、ここは寒いです。
標高が2600メートル以上ある大都市です。

では昨日のバスの様子から。

006

Copetran社のバスにしました。

011

発車前にバス会社の人がビデオで全員の顔を念入りに撮影。
コロンビアでは、強盗どころか武装ゲリラがバスを襲うことがあるそうです。
ちなみにこのバスは屋根に緊急回転灯を装備し、GPSも積んでいます。

012

でも、隣に座った人が強盗みたいなんですけど。実はこの人いい人で紙に自分の名前を書いて自己紹介。
どこへ行くのか切符を見せてもらったら、バランキャ。ボゴタとは反対の方向。
車掌に確認したけど、ボゴタはこのバスでいいという。

014

バスは延々と貧しそうなエリアを走る。都会なのはカルタヘナだけみたい。

026

バスにはいろんな物売りが乗ったり降りたり。これがうまくてよく売れる。誰かカシオの時計を買ってました。

バスはバランキャを過ぎてもなおも北上。サンタマルタまで行った。どうしてカルタヘナからまっすぐ下へ下がらないのか。
まっすぐ下へ行ってメデジン経由で行けば、数時間は短縮になるはず。

これはおそらく、カルタヘナからメデジンへ行く道を夜走ると危険なので迂回してルートを設定しているのではないかという結論に達した。
外務省の危険情報地図によると、カルタヘナ、メデジン、ボコタを除くと、あとは「渡航の是非を検討」エリアばかり。

外務省ホームページ

こわそうなおっさんが降りて次に隣に来たのがこいつ。

035

でも、こいつはカルタヘナから乗っていて、後ろの方にいたはず。切符を見せてもらったらカルタヘナ発ボコタ行きを持っていて、座席番号も合っている。でも最初のおじさんもその座席番号で間違いなかった。さらに不可解なのは、私は120000ペソでチケット買ったのに、その子のチケットの価格は150000ペソ。昨日切符を買う時に160000ペソと言われて、もう一社は120000ペソなのに何が違うのかと聞いたら、いつの間にか120000ペソで売ってくれたが、値切ればまかるのか?

こいつはMiguei(ミヘイ)21歳。ボゴタにかわいい奥さんと生まれたばかりの子がいる。携帯で写真を見せてくれた。
英語はまったくダメ。最初はカタコトのスペイン語で会話していたがすぐに行き詰まり、iPadminiのスペイン語辞書画面を出して、お互いにキーとなる単語を入力。
「familia?」と聞くので、「独身・soltero」と辞書で打って渡す。「trabajos?仕事は?」と打ってよこすので「辞めた・retiro」と打って渡す。そんな感じでけっこう会話になるもんですね。

036

バスは夕方になっても休憩なし。しびれを切らして物売りから鶏を買って食った。

038

夜の9時になってやっとドライブインへ。さっき食っちゃったからどうしようかな~と迷っていたら、さっさとミヘイがペプシとパンを買っておごってくれた。いいやつだ。

041

朝が来てバスは大渋滞の中をゆっくり走った。このバスは道が悪いせいかものすごく揺れる。眠れなかったけど、知らない間にけっこう寝ているのかも。

このバスはそんなに寒くなかった。ライトダウンをポロシャツの上に着ていて十分でした。

そして、午前11時、バスはボゴタのバスセンターに到着。ミヘイは最後に辞書で「suerte」と打ってよこした。その単語は知っているよ。Buena suerte(幸運を祈る)だろ。

042

バスセンターで朝飯。宿探しにGPSがあると便利なので、Copetran社の待合室に行ってWi-Fiのパスワードを教えてもらった。ところが肝心のiPadminiが電波を拾わない。肝心な時にこいつはいつも電波を拾わない。

048

バスセンターの前に巨大ショッピングモールがあったので行ってみたらフリーWi-Fiが飛んでいて、つながった。

ショッピングモールの前から適当にコレクティーボ(ミニバス)に乗って旧市街へ。
GPSとにらめっこしていたら、目的地から逸れ始めたのでバスを降りて歩くことに。

053

歩行者天国には大勢の人。

061

宿のあるエリアは旧市街の中でもちょっとワイルド。ビートたけし?

060

このホステルにしました。落書きばかりですが大丈夫でしょうか。

さっそく荷物を置いて出動。

062

まずはボテロ博物館へ。

083

入口のボテロの彫刻の前でボテロ体型の人が入れ替わり写真を撮っていた。

067

モナリザだそうです。

068

何描いてもでっぷりなのにモデルなんて要るんでしょうか。

069

070

074

079

077

なんでもかんでもボテっとしているのがボテロなんですね。

でもこの人巨匠だそうで、生前コレクションしていた高そうな絵も一緒に展示してあるんです。
そもそもここはボテロが国に寄贈した絵が展示してあって、なんと入場無料です。

081

ピカソ

082

ミロ

072

シャガール

073

ルノアール。

今日は寝不足なので早目に寝ます。

明日は町歩き。

今日の宿 Case Bellavista Hostel ドミ 朝食付き 20000ペソ(1084円)。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« カルタヘナ散策(コロンビア) | トップページ | どうしたらいいんでしょうか?(コロンビア・ボゴタ) »

46コロンビア」カテゴリの記事

コメント

大都市は危険が一杯ですよ!
気を付けて下さいね。
知らないうちに魔の手が伸びるって。

でも、博物館とか美術館とか魅力が一杯ですもんね?

ありがとうございます。安全な街だけ繋いで移動できるといいんですけど、なかなかそうもいきません。
なるべく安全な方法で移動していきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルタヘナからボゴタへ(コロンビア):

« カルタヘナ散策(コロンビア) | トップページ | どうしたらいいんでしょうか?(コロンビア・ボゴタ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ