« わたったぞ~!(グアテマラ・パナハッチェル) | トップページ | サン・サルバドル散策(エルサルバドル) »

2013年12月15日 (日)

パナハッチェルからサン・サルバドルへ(エルサルバドル)

ホテル→(シャトルバス)アンティグア乗り換え→グアテマラシティーTICAバスセンター→(14:00発TICAバス)サン・サルバドル着21:00→バスセンター併設のホテル「サンカルロス」にチェックイン

サン・サルバドルへやってきました。
本当はグアテマラシティーを見物して一泊してから移動する予定でしたが、グアテマラシティーのTICAバスセンターの場所が町のどこらあたりにあるのかよくわからず、周りに食堂もないような場所だったので、一挙にサンサルバドルまで来てしまいました。

012

バスの時刻も知らずに13時半ごろTICAバスセンターに着いて聞いたら、14時発のバスがあるとわかり、一席だけ空席あり。よかった~。

011
バスセンターで急いで昼飯。チキン定食しかない。30ケツアル(390円)

013

TICAバスは、パナマからメキシコまでの主な首都間を結ぶ国際バス。切符を売る段階でパスポートを提示することと、途中ノンストップで行くので、これに乗ればまず強盗には合わない。このバスでパナマまで乗り継ぐ予定だが、クリスマスを過ぎると満席で乗れない恐れがあるので、クリスマスまでにはパナマに着きたい。
バスはエアコン、トイレありで快適でした。

参考までに TICAバスのHP

国境でパスポートコントロール。

016

グアテマラを出国。ケツアルを闇両替屋にUSドルに両替してもらった。エルサルバドルはUSドルが通貨です。そこから歩いてエルサルバドルへ。

022

エルサルバドルの入国審査は、TICAバスの場合はバスの中でパスポートの番号を照合するだけ。

025
そのあとお巡りさんが乗ってきて詳しく荷物検査。スペイン語であれこれ聞くので困っていたら、若い兄ちゃんが英語で通訳してくれた。

サン・サルバドルにはTICAバスのバスセンターが二か所あって、最初が San Benitoで次が San Carlos。
最初にSan Benitoに着いたが、あまりに洗練された町でびっくり。
スタバはあるわ、ピザハットはあるわ、トヨタのでっかいディーラーはあるわで、多治見よりも洗練された大都会。きれいな建物ばっかり。
乗客の8割がここで降りた。

そこからしばらく走って、旧市街の San Carlosに着いた。
あまりのあぶない雰囲気にびっくり。スラム街か?バスが開いたゲートに入るや、ショットガンを構えた警備員の見守る中、すばやくゲートを閉めた。
バスセンターの前の通りはほとんど真っ暗。人影なし。

027

ちょっとボケちゃきましたが、前の通りです。キューバよりもひどい。あ、失礼。キューバは安全です。

028

併設のホテルにチェックインしたものの、腹が減っている。バスセンター内の店は閉まっていたので、入口のガードマンに近くに店はないかと聞いたら、真っ暗な方を指して、あっちと言う。

"Dangerous?"って聞いたら、走って行けと動作する。「おそがい」けど、腹が減っていたので500メートルほど行ったら、ムチャクチャ汚い食堂があって、みんな食べていた。

029

031

わけもわからず同じものを食べた。

032

これは生地の中にチーズや豆が挟んであって、結構おいしかった。コーヒーも飲んで全部で2ドル。

まわりのテーブルのおばさんが、「チーノはどこに行くんだ?」と聞くので、
"ニカラグア"と答えたら、みんな眉をひそめて嫌な顔をする。
"Dangerous?"と聞くと、"No,No, a little bit."だって。

"Aqui Dangerous?"(ここはあぶない?)って表の通りを指さして聞いたら、"Si, Si"(yes,yes)だって。
走ってホテルまで帰りました。

明日は一日この町を観光して、あさってニカラグアへ移動します。

今日の宿 San Carlos ツイン12ドル Wi-Fiはロビーとその近くの部屋のみ

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« わたったぞ~!(グアテマラ・パナハッチェル) | トップページ | サン・サルバドル散策(エルサルバドル) »

42エルサルバドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナハッチェルからサン・サルバドルへ(エルサルバドル):

« わたったぞ~!(グアテマラ・パナハッチェル) | トップページ | サン・サルバドル散策(エルサルバドル) »

カテゴリー

無料ブログはココログ