« アウストラル街道南下開始!(チリ) | トップページ | アウストラル街道3日目(ラ・フンタからコヤイケヘ・チリ) »

2014年2月24日 (月)

アウストラル街道2日目(ラ・フンタ、チリ)

ラ・フンタ散策。

昨日のブログで、「アウストラル街道の景色はそれほどでもないので行かないで」と書きましたが、撤回します。
景色がきれいに見えるかどうかは、多分に見る人の心の状態による。
昨日は、バスの切符が手に入らずに、チャイテンに続き連続で足止めを食らって、心が折れておりました。
移動の便の悪さは覚悟の上でやって来たはずなのに、ヒッチハイクでスイスイとどこかへ消えてしまう他の旅人を横目に連泊しなければならない自分に嫌気がさしてました。

昨夜は早々とふて寝。夜中の三時に目が覚めて、窓から外を見たら、満天の星。ここはすばらしいところです。

今日は砂埃の中、アウストラル街道を歩いてみました。

006

バックパッカーがヒッチハイクを試みていたが、2時間経っても同じ場所にいた。

016

この町の周りには牧場がたくさんある。「モオ~!」と鳴きまねしたら、なぜか牛が興奮して追いかけてきた。

023

Australの意味は「南の」という意味。

025

景色がすばらしい。

039

歩いていたら、釣竿を持ったドイツ人に話かけられた。「川を見に行くといいよ」と言うので、「その竿で何か釣れたの?」と聞いたら、「23キロもあるサクラを釣ったよ」。サクラって何や?

026

川の色が美しい。

038_2

インフォメーションでもらった地図に、円形の絵が描いてあったので、闘牛場かなと思って行ったら、どうもロデオをやる場所のようでした。

040

普段は牛肉はあまり食べませんが、やっと開いている店をみつけたら、メニューがそれしかなかった。そこそこおいしかった。(7000ソル・1293円)

昨日もブログに書いた「このみ」さんのことがわかりました。本などを書いたり、環境運動としてイギリス人の旦那さんと一緒に世界中で木を植えたりしてきた人で、今はラ・フンタ在住のようです。

世界の村で発見! こんなところに日本人7』というテレビに出たこともあるようです。このみさんのブログ旦那さんのブログ関連ぶろぐ

アウストラル街道は、この先、きっとすばらしい景色を見せてくれるに違いありません。元気を出していきます!

今日の宿 Hosteria Valdera ツイン 15000ペソ・2772円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« アウストラル街道南下開始!(チリ) | トップページ | アウストラル街道3日目(ラ・フンタからコヤイケヘ・チリ) »

50チリ」カテゴリの記事

コメント

あなたのブログを、五月の日本出国以来拝見させていただいています。一つ、気になることがあります。日本国内でも安いメニューしか選べない私には、宿代に比べて食事代が高いように思えます。食事代にはビ-ル等のアルコール代を含めて書いているのでしょうか?食事の写真にはたいていビールがあるものですから。

今後もブログを楽しみにしています。お体、気をつけてください。

いつも読んでくださってありがとうございます。

食事代はビールなども含めて全部です。
でも、たいてい一本しか飲みませんので、南米でしたらビール代は一回の食事につき200円ぐらいです。

食事代が高いとの指摘ですが、確かにそう思います。私の場合、自炊をしないので、全部外食もしくはスーパーや露店などでの買い食いです。
最初にヨーロッパへ行って、観光地の高いレストランばかりで食っていたので、飯代はまあ、高くてもいいか、みたいな癖がついてしまって良くないです。食事はできれば安い店で食べたいのですが、安い店にはたいていビールが置いてない。
私の場合、ビールが飲みたいだけなのですが、観光地で酒の置いてある店は、たいてい観光客用のやや高いレストランになってしまいます。(東南アジアではそうでもないです。)

ただそれもやり方次第で、捜せば安い店もありますし、飯だけを食べる店ということになれば、ぐっと選択肢が広がって、安くあげることも可能だと思います。

ケバブ、テイクアウト系の中華やインド料理、安いスタンドなどには酒が置いてない店が多いですが、そういう所で食べれば、もっと安くて済みます。ビールを酒屋で買って、公園に行って飲んでから食事しようとしたこともありますが、いちいち酒屋と公園を捜すのも手間ですし、何か味気ないのでやめました。

最近思うのは、自炊するのが一番健康に良いのではということ。外食ばかりしていると、油っこいものや、濃い味に慣れてしまって、太ったりして体に良くないと思います。

自炊した方が美味しいし、体にも良いと思うのですが、そうすると今度は、自炊可能な宿を毎回探さなくてはいけないし、食材を持って歩くのが面倒なので、今のところやっていません。

ついでに宿代のことも書いておきますが、私の場合、必ずしも値段優先で安宿を捜しているわけではないので、Wi-Fi無くてもいいし、毎日ドミでもかまわないということでしたら、もっと安く済むと思います。私の場合は安宿を捜す手間が面倒なので、そこそこ安くてWi-Fiがあって、繁華街に近ければすぐに決めてしまいます。これもやりようによってはもっと安く済むと思います。
きっと世界一周に行ってください。ブログ読みますので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウストラル街道2日目(ラ・フンタ、チリ):

« アウストラル街道南下開始!(チリ) | トップページ | アウストラル街道3日目(ラ・フンタからコヤイケヘ・チリ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ