« 旅の思い出には熟成期間が必要(プンタ・アレーナス.チリ) | トップページ | ウシュアイア散策(アルゼンチン) »

2014年3月13日 (木)

プンタ・アレーナスからウシュアイアへ(アルゼンチン)

ホステル→プンタ・アレーナス発9:00バス→ウシュアイア着19:00→ホステル

とうとうやって来ましたウシュアイア!
「ブエノス・アイレスから3250km。南極圏までわずか1250km足らず。ウシュアイアは南極に最も近い"世界最南端の都市"だ。」以上「地球の~」から引用。

南極までまだ1250kmもあるやないの。125kmならすぐそこやけど、1250kmやったら日本列島の半分もあるぞ~!
そんなことはどうでもいいです。
私はメキシコシティーから中米→南米をずっとバスで南下して、本日とうとう"南極に最も近い世界最南端の都市"に到着。
途中、キューバとガラパゴスは島なので飛行機で往復。パナマとコロンビアは陸路が国境閉鎖中なのでここも飛行機。でも、それ以外はずっとバスでここまでやってきた。
えらい!祝偉業達成!史上初や!
そんなことはない。みんな普通にやっている。でもまあ4か月もかけて、毎日毎日よくバスに乗ったもんです。中南米バス縦断の旅は意外と快適で楽でした。まあ、これからも乗ると思います。

003

今朝、バスに乗る前。フロントに金網のあるバス(飛び石でフロントガラスが割れるのを防止)なので、悪路かな~と思ったら、チリの一部が未舗装だけであとは良い道でした。

004

マゼラン海峡を渡るためにフェリーに乗ります。みんなバスから降ろされて歩けだって。吹きっさらしの中に立たされるのかと思ったら、狭い喫茶室があって、そこで休憩。15分ほどで対岸のフエゴ島に着いた。フエゴ島は九州よりも少し大きいそうです。

海峡を渡ってしばらく走って、チリとアルゼンチンのイミグレを抜け、ふたたびアルゼンチンに入った。
アルゼンチンのイミグレで荷物検査があると思って、急いでリンゴを食べたが(種などは国境を越えて持ち込み不可)、まさかの荷物検査無し。

景色は今日も相変わらず荒野か牧草地。一昨日までは、グアナゴ(リャマみたなやつ)やニャンドウ(小型のダチョウみたいなやつ)をよく見かけたが、今日は羊か牛ばっかり。

017

森林限界を超えたかのような景色が続く。

単調な景色が、ウシュアイアに近づいたら一変。すばらしい冬山の雪景色に。ここは夏のはずなんですけど。

029

ハゲじじいの頭越しに絶景。

034

小娘の頭越しに絶景。

ウシャイアに着いたら寒いこと。でも今日はパッチ履いているので大丈夫。体感的には昨日のプンタ・アレーナスの方が寒い。ここはプンタ・アレーナスのような強風は吹いてない。

バスが夜遅く着くと思ってユースを予約しておいたが、このユースはWi-Fiが全然繋がらない。他の人は普通に繋げているのになんでや。繋がり次第更新予定。

043

宿から見た山は雪ですっぽり。
昨日、雪が降ったそうです。
この町はなかなか雰囲気が良い。寒いので長居はしないと思うけど。

今、現地時間の朝4時半。やっとWi-Fiが繋がった。もちろんみんなは寝ている。
昨日もネットに接続はできていたのですが、アクセスができなかった。人が多いせいか、私のパソコン(Dynabook R632/28FS)は繋がらなかった。最近この状態が多い。
でも、他の人たちは普通に繋げていたので、ひょっとすると、私のパソコンが不調なのかも。その辺の事情に詳しい人は教えて。

今日の宿 Los Cormoranes ドミ 18ドル

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« 旅の思い出には熟成期間が必要(プンタ・アレーナス.チリ) | トップページ | ウシュアイア散策(アルゼンチン) »

51アルゼンチン」カテゴリの記事

コメント

最南端に無事到着!おめでとうございます。
バスで南下して、スゴイです!

ところで、いつも「地球の~」と書かれてるのは、
「地球の歩き方」の本の事なのでしょうが、これだけ沢山の国を回ってる分だけ
持って歩かれてるとはわけではないと思うのですが…。
必要な情報をまとめて日本を出られたのか、
もしくはネットで「地球の~」が見られるのですか?
変な質問かもしれないですね…スミマセン。

お祝いの言葉をありがとうございます。
「地球の~」は「地球の歩き方」のことです。

52冊を自炊(電子化)して、全部iPadminiに入れて持ってきています。本は一冊も持参しておりません。
でもやっぱり、本の方が見やすいし、便利ですね。

52冊分も?!
スゴイ~尊敬します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プンタ・アレーナスからウシュアイアへ(アルゼンチン):

« 旅の思い出には熟成期間が必要(プンタ・アレーナス.チリ) | トップページ | ウシュアイア散策(アルゼンチン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ