« 世界の果て号(別名囚人列車)乗車(ウシュアイア・アルゼンチン) | トップページ | スキミングに遭いました!?(ブエノスアイレス・アルゼンチン) »

2014年3月17日 (月)

ウシュアイアからブエノスアイレスへ(アルゼンチン)

ホステル→(タクシー)空港→14:10発アルゼンチン航空(1884ペソ・24219円)→ブエノスアイレス空港→(空港バス)レティーロ地区→ホステル
***
ブエノスアイレスにやって来ました。人口538万人の大都会。暖かいです。
私にとってのブエノスアイレスは、エビータの暮らした町。
昔、マドンナのミュージカル映画「エビータ」を見て以来のエビータファンです。エビータについてはまた後日。

002

朝、空港から見たウシュアイアの山と町。凛として美しい場所でした。

006

ブエノスアイレス到着。バスで町へ。ブエノスアイレスはかなり治安が悪いそうですので、気をつけて歩きます。

バスで町に着いたら8時頃で、もう日が暮れていた。今日は暗くなるだろうと思って、ドミトリーを予約。GPS片手に暗い町をビビりながら歩いた。

014

途中で、大勢でビールを飲んで大騒ぎしている通りがあって、テレビの中継車が何台も出てインタビューをしていた。一杯飲みたいところだが、宿へ急いだ。
宿を決める条件はいつも、一にも二にも立地最優先。バス停に一番近く、かつ明日からの行動が楽なようにと選んだが、人通りの少ない暗い通りを歩いて40分もかかった。おまけに予約が通ってなくて、とんでもない大部屋。もう一つおまけにWi-Fiが壊れている。

今日は移動しただけです。

昨日、ホステルの人に聞かれたのですが、日本人は長期旅行をしている人が多いが、どうして仕事を辞めてまでして旅行するのか。また、それほど長期に旅行するためのお金はどうやって貯めたのか。

この二つの質問は、時々外国の人から聞かれます。半年以上旅行をしているという日本人にはけっこう会うのですが、仕事を辞めてまでして、そんなに長期に旅行をしている外国人にはめったに会いません。

その理由として、国によっては、一か月や二か月の長期休暇(バケーション)のある国もあるし、兵役明け休暇や、何年か働くと長期休暇がもらえる制度のある国もある。職場によっては半年ぐらい休める職場もあるという。昨日同室だったオーストラリア人は、半年の休みをもらって旅行中でした。

この質問に対して私は、日本では長い休暇が取れないので、会社を辞めるしかないと答えるのですが、彼らにしてみると、旅行ごときで会社を辞めてしまうということが理解できないようです。
言われてみるとそのとおりで、自分はどうかと考えてみると、世界一周がしたいから会社を辞めたのではなく、会社が嫌だったから、その理由として世界一周という大義を選択したにすぎないような気がします。

そしてもう一つの質問。世界一周の予算はどれくらいかと聞かれると、「だいたい一年で300万円ぐらいかな」と答えるのですが、そうすると、どうやってそんな大金を貯めたんだと聞かれます。南米の人にとっては、とんでもない大金です。

私は年齢的に、300万円ぐらいのお金を持っていても不思議ではないのですが、彼らの疑問は、どうして学生や20代の若者までもが、長期に旅行できるくらいの大金を持っているのかということです。
そりゃあそうですね。日本は世界でも一、二の高賃金の国。学生だって一生懸命バイトすれば年間100万ぐらいは貯まる。(最近はそう簡単ではないのかもしれないが)

例えばチリやアルゼンチンの人にとっての300万円は、日本人の1000万円ぐらいの価値がある。(例えばの話)。
旅をするには、日本人もチリ人も同じようにお金がかかる。そんな大金を使って、仕事を辞めてまでして旅をしようというのは正気の沙汰じゃない。

もっと貧しい南米やアフリカの人の目から見れば、ものすごい金額の金を使って旅行しているようなもので、襲われるのも当たり前。
日本は為替の関係で、いわゆる貧しい国の人から見れば、旅行するには有利な立場にあるわけで、この辺はもっと謙虚に振る舞わなければいけない。

日本人が北欧やスイスへ行くと、「高い、高い」と文句を言うが、世界の大多数の人から見れば、航空券を買うことさえできない。この質問をされるたびに考え込んでしまう。

今、夜の10時です。おそがい町を恐る恐る歩いて、Wi-Fiのある店をみつけてビールを飲みながら更新しました。気をつけて帰ります。また明日!

今日の宿 Baires Adventure Hostel 66ペソ・966円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« 世界の果て号(別名囚人列車)乗車(ウシュアイア・アルゼンチン) | トップページ | スキミングに遭いました!?(ブエノスアイレス・アルゼンチン) »

51アルゼンチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウシュアイアからブエノスアイレスへ(アルゼンチン):

« 世界の果て号(別名囚人列車)乗車(ウシュアイア・アルゼンチン) | トップページ | スキミングに遭いました!?(ブエノスアイレス・アルゼンチン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ