« アウストラル街道7日目(トルテル日帰り・チリ) | トップページ | 天国から地獄へ(チリチコからプエルトモレノへ・アルゼンチン) »

2014年3月 2日 (日)

本当のアウストラル街道(チリチコ・チリ)

ホステル→(タクシー)タマンゴ国立公園→コクラン発16時バス・15000ペソ・2733円→チリ・チコ21時着→ホステル

今日は夕方4時のバスでみんなでチリ・チコに移動なので、夕方までゆっくりするのかと思ったら、
「拓、今日は山へトレッキングに行くよ」とヨーコちゃん姉。ハイ、行きます。
町からタクシーで15分ぐらいの場所にタマンゴ国立公園というのがあって、そこに3000m級の山がある。頂上までは時間的に無理なので、中腹まで行くという。
入口で入場料2000ペソ支払。本当は外国人は4000ペソだが、ヨーコちゃん姉が得意の笑顔と愛想の良さで、「この人はアミーゴだから、チリ人なの」(意味は推定)と、係のおじさんに言ったら、おじさんはワシをじっと見た。
ワシは"No, No, I'll pay."と言ったあと、冗談で" Yo soy Chileno."(私はチリ人です)と言ったら、おじさんは笑って、"Si, Chileno"(そうだ、チリ人だ)。

027

コクラン湖。

037

水の色が今まで見た川の色とは違って、藍色(濃いブルー)で、美しい。

045

三姉妹は宿いたチリ人も誘ったので、5人で登った。

058

山の中腹からの景色。自分の足で歩いて、肌で感じるアウストラル街道は、ホコリまみれのバスの中から見るよりも何倍もすばらしかった。

073

山から湖へ降りたところへちょうどモーターボートがやってきた。
ヨーコちゃん姉が「拓、モーターボートに乗ろうよ!」
モーターボートに乗って、コクラン湖を一時間ほど遡って行くと、途中から急流になり、さらに遡ると、また大きな湖に出た。

090

川の水は透明度の高い、きれいな水。ここにはマスやサーモンがたくさんいるそうです。

船頭さんに、どうしてここの水はこんなに青いの?と聞いたところ、氷が解けた水だから青いんだとのこと。この水が川を下っていく間にミネラルを含んで、あのパステル調の緑になるらしい。それにしても、人間の関与する前の水はこんなにも透明で青い。

途中、川面で大きな魚が跳ねるのを4回見た。船頭さんが、遠くの岩山の上を飛ぶ二羽の大きな鳥を指さして、あれはコンドルだよと教えてくれた。
(ああ、これが本当のアウストラル街道なんだ)
自分はアウストラル街道をバスで走って通過しただけで、何も見ていなかったことに初めて気付いた。

昨夜、三姉妹と一緒に地図を見ながら、お互いのルートや、泊まった場所を話した。
三姉妹はプエルト・モンからずっと陸路をバスでやってきた。私と同じような場所で泊まってはいるが、途中何度かトレッキングなどのツアーに参加したという。
それを聞いて、バスが毎日次の町へと連絡していなのは、旅人がその町でトレッキングやツアーに参加しやすいように、わざとそういう日程が組んであるのだということに気づいた。

船を降りて、町まで車で送ってもらったら、もう3時半。人の心配をよそに三姉妹はギリギリまで思いっきり遊ぶ。
急いでバス停に行き、チリ・チコ行きに乗った。

バスは美しいアウストラル街道を北上。コクランから北上してしばらくは実に美しいところを走るが、それはその道がたまたま標高が高く、視界が開けているので美しい景色が見えるにすぎない。アウストラル街道は、同じアンデス山脈に沿ってづっと走っているのだから、きっと最初から最後まで美しいはずだ。バスを降りて、少し標高の高いところまで行けば、どこでも美しい景色は見えたはず。なぜ足止めにあったあの大事な日々にそれをしなかったのかと後悔した。

バスは途中で右折してジェネラルカレラ湖沿いに走った。ここがまたすばらしい景色。

128

左側の車窓にそれが見えることを知っていたので左側に乗り、乗る前にバスの窓を外から拭いておいた。

129

チリ・チコに着いたのは夜9時過ぎ。三姉妹はコクランの時と同じように、三人で手分けして、手持ちのガイドブックに載っている宿に片っぱしから電話して、またしても安くて快適な宿に連れてきてくれた。

途中スーパーで夕食の買い出し。今までは500円以下のワインしか買わなかったが、今日は奮発して900円のワインを買った。それはいつものお気に入りの安ワインメーカーが作る少し上のランクのワインなので、おいしいことはわかっていた。
ホステルに着いて、三姉妹と一緒にそのワインを飲みながら、この三日間のお礼を言った。三姉妹はこの町に二泊してからボートで対岸に渡り、コヤイケから飛行機でサンティアゴに帰るという。

この町から30分もバスに乗ればアルゼンチンに入れる。名残は惜しいが明日アルゼンチンに入ろうと思う。

今日の宿 Hospedaje Don Luis シングル 8000ペソ・1457円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« アウストラル街道7日目(トルテル日帰り・チリ) | トップページ | 天国から地獄へ(チリチコからプエルトモレノへ・アルゼンチン) »

50チリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当のアウストラル街道(チリチコ・チリ):

« アウストラル街道7日目(トルテル日帰り・チリ) | トップページ | 天国から地獄へ(チリチコからプエルトモレノへ・アルゼンチン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ