« エビータ!(ブエノスアイレス・アルゼンチン) | トップページ | メンドーサ到着(アルゼンチン) »

2014年3月22日 (土)

ブエノスアイレスからメンドーサへ(アルゼンチン)

ホステル→(徒歩)国立美術館→レコレータ墓地→(タクシー)ボカ地区→ホステル→(ここからは予定)20:30バスターミナル発でメンドーサへ→バス泊(明朝9:30ごろメンドーサ着)

***

国立美術館。

005

印象派の絵の部屋が一部屋だけあって、ゴッホ、マネ、ピサロなどが数点。ゴーギャンがすばらしかった。なんと入場無料。

014
これ何だと思いますか? この高級住宅街に見えるのはお墓。最高級墓地だそうです。人だかりがあるのは、エビータのお墓の前。美術館の近くなので寄ってみた。

026
タクシーでボカ地区へ。途中、パトカーが3台止まっていて、男が捕まって後ろ手にされて地面に押し付けられていた。
タクシーの運転手が「ドロボーだな」。やっぱ治安はよくない。

ボカ地区にはボカ・ジュニアーズ・スタジアムもあるが、私のお目当てはカミニートと呼ばれる一帯。芸術家が集まる町だそうで、家並みのカラフルなペイントが特徴。
たくさんのレストランがあって、店先でタンゴダンスを見ながら食事ができる店もある。

ここにあるキンケラ・マルティン美術館へ。

028

私はこの人のことを全く知りませんでしたが、Wikipediaで生い立ちを読んで、また好きな画家が一人増えました。

今、ホステルに帰ってブログを書いていますが、このあと20:30ブエノスアイレス発の夜行バスでメンドーサ(チリ国境近く)へ移動予定です。

当初の予定としては、ブエノスアイレスからパラグアイ、ブラジル、イグアスの滝へ行き、チリのサンティアゴに戻って、4月4日にLAN航空でイースター島へ。そのあと、またブエノスに戻って、アフリカ行きの飛行機に乗る予定でした。

ところが、アフリカ行きの航空券をペソ建てで買うという浅はかな計画が失敗したため計画変更。
昨日、LAN航空の事務所へ行って、イースター島行きのフライトの日を早めてもらえないか聞いてみたら、手数料540ペソ(6000円)払うだけで、一週間早い便に変更してくれた。

これは驚きです。もともとのチケットは1月末にリマのLAN航空のオフィスで約8万円で買ったものですが、その時点で、3月末のチケットは12万円以上していた。それでやむなく4月4日のチケットを購入。

ネットで買うよりも少し高かったが、万一何かあったら変更してもらえるようにと、わざわざLAN航空のオフィスで買ったもの。
飛行機のチケット価格は常に上下するが、この手はありやね。長期旅行をしていると、二か月先の日程なんてはっきりしない。変更のできるチケットを買っておくべきやね。(最近はネットで買っても変更可のチケットもある)

というわけで、3月28日からイースター島へ行くことになったので、チリ方面へ向けて移動します。

観光ネタもけっこうあるんですが、スキミングネタの方が、みなさんお好きなようなので、ボツになっています。これほどたくさんアクセスがあったのは、ニセ警官に騙された時以来です。徐々に戻りつつありますが。

ボツネタの中からいくつか。

024

フロリダ通りでは、毎夜、タンゴの路上パホーマンスをやっているよ~。

003

英国塔。アルゼンチン独立100年を記念して英国が寄贈したもの。フォークランド紛争(マルビナス戦争)が起こる前までは、ここは英国広場と呼ばれていたが、以後はアルゼンチン空軍広場と呼ばれている。

006

レティーロ駅。立派な駅です。英国資本で鉄道事業が進められ、農産物や畜産物がこの駅を経由してヨーロッパへ送られたが、ペロンの時代に国有化されてから、鉄道事業は衰退。
電車はボロボロ。路線も少ないです。

あかん!やっぱり普通の観光ブログじゃおもしろくないわ。でも我慢して読んでやってね~。またそのうち・・・。いやん!

今日の宿  バス泊 CATA社 860ペソ(11034円) 明朝9:30頃到着予定。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« エビータ!(ブエノスアイレス・アルゼンチン) | トップページ | メンドーサ到着(アルゼンチン) »

51アルゼンチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブエノスアイレスからメンドーサへ(アルゼンチン):

« エビータ!(ブエノスアイレス・アルゼンチン) | トップページ | メンドーサ到着(アルゼンチン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ