« ヒースロー(ロンドン)でトランジット中 | トップページ | ネルソン・マンデラ!(南アフリカ・ケープタウン) »

2014年4月21日 (月)

ケープタウン到着(南アフリカ)

9:55ケープタウン空港到着→(バス)シビックセンター→ホステル→ウオーターフロント→ホステル

***

37時間50分の大移動の末、ケープタウンにやって来ました。

飛行機は定刻通り、朝9時55分に到着。飛行機の中でよく寝たので疲れはありません。

空港を出ると、すぐ目の前にテーブルマウンテンがお出迎え。思ったより高い。

010

空港で両替のあと、空港のすぐ前からMy Cityというバスでシビックセンターへ。
(バスはカードのデポジット込みで90ランド(878円)。このカードは市バスに乗ったりするのに使えるようですが、おそらくもう使わないだろということで、降りたところで清算返却した。)

空港を出てすぐ、左手にスラムと思われる家のある場所を左に見ながらバスは走った。

017

そういうものがある場所に来たんやね。

20分ほどでシビックセンター到着。
そこから予約してある宿まで歩いた。

023

イギリス統治の面影を残す都会です。

026

大都会ではないが、なかなかの都会。

そして宿に到着。今日の宿はこちら。

060

なんか楽しそうな建物でしょ。相当古い建物で、聞いたら、200年以上前のものだそうです。

宿に荷物を置いて町歩き。

035

今日はイースターということで、どこもお休み。
明日のロベン島ツアーのチケットを買いにウオーターフロントまで歩いた。

039

この建物は個人のマンション。お金持ちはこういうエリアに住むらしい。
スラムの銀トタンとはえらい違い。

049

港から町を見たところ。海とテーブルマウンテンとの間に町がある。とてもコンパクトな町です。

057

ウオーターフロントにはわんさと観光客。

明日のチケットを手に入れ、宿の近くのビールバーで一杯。このバーはドラフトビールだけでも15種類ぐらいあって、壁から蛇口がたくさん出ている。

061

この町は売春婦多いです。今日だけで三人のお姉さんが寄ってきて、"Come, Come ○#×・・・"と笑顔で誘われました。普通の恰好しているのですぐにはわかりませんが、付いて行くと怖そうです。
物乞いはもっと多い。もう三日も食べてないからパン代をくれないか?とか言って寄ってくる。道を聞いたら、その人までパン代をくれというので150円あげました。

***

今日の宿では同室に日本人の若い子が二人いて、彼ら二人は北から4か月かけてアフリカを南下して来たそうです。

危険情報をいろいろ教えてもらいました。
彼ら二人は幸い何のトラブルも無くここまで来たが、途中でたくさんの、強盗に遭った日本人に会ったそうです。

ケニア、タンザニアなどの国の大都会ではタクシー強盗が頻発していて、多くの日本人が被害に遭っているそうです。中でも、ケニアのナイロビ、タンザニアのダルエルサラームではタクシーは避けた方がいいそうです。

それと、一人で旅するのは狙われやすくて危険だそうで、彼らはいつも仲間と一緒に、少なくとも三人以上のグループで移動したそうです。

「地球の~」にも、「一人では行くな」と書いてあるけど、ワシ、もう来ちゃったし。今更、おっさんのワシが誰か仲間を作って一緒に移動なんてこともできんし。
一人で歩くなと言っても、今日も一人で人気の無い場所も歩いたし。
たぶんタクシーにも乗らざる得ないし。

強盗の中には、身ぐるみ剥いで、マネーベルトまで持ち去る者や、ATMまで連れて行って、全部降ろさせる者までいるそうです。
私はアフリカにはATMもろくに無いだろうから現金を持って行った方がいいだろうと考えて、ドルを温存していたので、今は歩く2500ドル男で、とっても危険な状態。ATMはたいていの場所にあるそうです。

ちょっと今あせってこれを書いています。
電源アダプアターを二つ持っているのですが、その二つともが、この宿のコンセントに合わない。こんなことは一年近く旅をしていて初めて。

この宿のものだけが特別な形なのか、この国全部がその形なのかはわかりませんが、パソコンに充電できない。
まず、明日はそこから始めないといけない。

明日電源を手に入れたら、もう少し詳しく書いていきますが今日はこの辺で。

今日の宿 Blue Mountain Backpackers  ドミ 123ランド(1200円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ヒースロー(ロンドン)でトランジット中 | トップページ | ネルソン・マンデラ!(南アフリカ・ケープタウン) »

55南アフリカ」カテゴリの記事

コメント

空港で荷物を盗まれて帰国した方のブログを見ました。アフリカでは、命以外は盗られても仕方がないのでしょうか?旅仲間が見つからなければ、団体ツアーに参加したほうがいいかもしれませんね。

一人で行きます。
こういうものは運です。やられたら運が悪かったと。

やられた人は大勢いるけど、殺されたという話は聞かなかったそうです。
私は小心者。用心して、たぶん無事に通過すると思います。

殺された人も沢山いると思いますよ!
死人に口なしですからね。

危険な所には近づかないのが一番。

う~ん。
みんなで脅かすから、だんだん根性がなくなってきた。

まずはケープタウン観光をしてから作戦を考えようっと。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケープタウン到着(南アフリカ):

« ヒースロー(ロンドン)でトランジット中 | トップページ | ネルソン・マンデラ!(南アフリカ・ケープタウン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ