« ダーバンからウムタタへ(南アフリカ) | トップページ | ダーバン観光(南アフリカ) »

2014年5月 9日 (金)

ウムタタからダーバンへ(南アフリカ)

ホテル→町歩き→ウムタタ14:30発→(バズバス)ダーバン着22:00→ホステル

***

みなさ~ん!国際ストーカーの拓で~す。
ターニャと一緒に旅してま~す。
昨日はブログの更新ができなくてすいませんでした。昨日(8日)の日記も同時に更新したので遡って二日分読んでやってください。

今朝はターニャと一緒にまずは町歩き。
たくさんの屋台や店が出ていて、ターニャはそれを覗いて、時には一声かけて会話を楽しむ。

ターニャはアフリカに来るたびに少しずつ現地の言葉を覚えるそうで、行ったことのある地方の言葉でカタコトの挨拶ぐらいはできる。
ナイジェリア人の裁縫店では、店主がナイジェリア人とわかると、ナイジェリア語であいさつ。

相手は驚いて、「おまえ、ナイジェリアに行ったことがあるのか?」
「あるよ。○○へ」とターニャ。
「そうか、俺はすぐ隣の××から来たんだ。」
なんて調子で会話が弾む。

アフリカには民泊という制度があるそうで、お金を払って普通の人の家に泊めてもらって、彼らと同じ生活を体験できるそうです。
彼女はそれを今までに何回もやっていて、たくさんの家に泊まったことがあるそうです。
そうやってそこの土地の人と友達になる。それが彼女のやり方。
彼女の興味は、景色や動物ではなく、人。アフリカのどこにどんな人が住んでいるのか。何を考えているのかを直接会って知りたいと言う。

朝飯を食べにマーケットへ。

008

ワイルド過ぎる店。ガスもあるけど七輪でスープ焚いてました。

009

表でニワトリをさばく店の人。
この人たち普通に携帯電話を持っています。

011

20ランド(200円)。意外と高い。コーヒーが5ランド。

食べ終わったら、とたんに店の人が「このエリアは危険なエリアだから外に出るな。今、旦那が迎えに来るから待ってて」と言う。

どうやら、知らず知らずのうちに危険なエリアに入ってきたようです。

しばらく待ったが旦那は来ない。しびれを切らしたターニャが「大丈夫。行こう」と言うので店を出て、安全な大通りまで早足で歩いた。

017

そしてまた町歩き。時計があるのはシティーホール(市役所)。

021

ネルソン・マンデラ博物館は建築中。

泊まった宿のマネジャーが、バズバス乗り場まで車で送ってくれた。なんていい人なんだろう。

そしてまた7時間近くバスに乗ってダーバンへ。

途中のドライブイン休憩の時にターニャが同じバスのフランス娘とフランス語で会話。
ターニャはアフリカを旅するためにフランス語の学校へ行ったりして学んだそうで、簡単な日常会話ならできるという。

英語は、新聞読むなら私の方が上だと思うけど、会話は彼女の方が上。なんて人なの。すごい。

今日の宿 Banana Backpackers ドミ 110ランド(1100円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ダーバンからウムタタへ(南アフリカ) | トップページ | ダーバン観光(南アフリカ) »

55南アフリカ」カテゴリの記事

コメント

ストーカー拓、ブログの題名も変えんとな

しかしこんなこと、うちのおっとうに言えんがな
今までどこにいるとか、かいつまんで教えてきたけど

まぁ、逢えて良かったね
ターニャって誰でもストーカーさせたがる程の
魅力的な女子なんやね
宇宙でも何処でも行って下さい
気を付けてちょ( ´ ▽ ` )ノ

拓さんが興味があるのは、ターニャさんですね!アフリカに来てよかったですね!!

みなさ~ん!物語の終わりはまもなくです。

静かに見守りましょう。

会えて良かったです そして 楽しい旅が出来て何よりです
色々想像しながら見守っています 

暖かいコメントをありがとうございます。嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウムタタからダーバンへ(南アフリカ):

« ダーバンからウムタタへ(南アフリカ) | トップページ | ダーバン観光(南アフリカ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ