« アナラケリーマーケット散策(マガガスカル・アンタナナリボ) | トップページ | バオボブサンライズ&キリンディー保護区(マダガスカル・モロンダバ) »

2014年6月 6日 (金)

アンタナナリボからモロンダバへ(マダガスカル)

昨日18時アンタナナリボ発タクシーブルース→今日10時モロンダバ着→宿→バオバブサンセットツアー→宿

***

昨日は二時に来いというのでタクシーブルース乗り場に行ったのに、夕方六時まで発車せず。時間をつぶすのが大変でした。

タクシーブルースは、乗客を乗せる他に、屋根に貨物を乗せて運んでいるらしく、服やら靴やら、乗客の荷物ではないものを満載。
それを積み始めたのが夕方五時頃。最初から夕方に出発する予定のようでした。

014

タクシーブルース溜りは乗客、物売り、荷物運びで、もう混沌グチャグチャ。
地上にいるとうっとうしいので、車の屋根からしばし見物。

002

出発を待っている間に食堂で食事。そろそろワイルド系も食べようと思ったが、なかなか食えそうなものがない。これが何とかいけそうだったので、思い切って食べたらうまかった。鳥肉の料理だと思う。2000アリアリ・90円。

タクシーブルースは夕方六時に発車し、20時間かかって朝10時にモロンダバへ到着。

20時間はけっこうきつかった。まず、車内が狭い。前の座席に膝が当たる。
ドライブインなんてものは一切無い。ただひたすら、真っ暗な道を走って、誰かがオシッコと言うと停まるので、男女を問わず、路肩でオシッコ。

真っ暗なので、ウンコしたって大丈夫。
満天の星空の下、みんなでするオシッコの爽快なこと。
道路は一応舗装道路でしたが、ところどころに穴があって、それを避けるべく急ハンドルを切るので、マジでムチウチ症になるかと思った。

021

途中、何か所かで停車しては荷を降ろしていくので時間がかかる。

そしてモロンダバへ到着。
"Welcome  to Morondava."と英語で話しかけてくる人あり。なんと、参考にしたブログのガイドのSonyだった。

Wi-Fiのある宿へ連れていってもらい、そこで三日間のツアーの交渉。
参考にしたブログには300000アリアリとあるが、450000アリアリの提示。

なんで一年で1.5倍になるの?と聞いたところ、ガソリン代とかいろいろ高騰したから値上げしたんだと言って料金表を見せてくれた。

400000アリアリ・18000円(食事以外の費用すべて込み)に値切って交渉成立。
(後日追記:バオブオ並木、キリンディーはタクシーブルースでも行けます。World runnerさんのブログを参照にされたし。またキリンディーまでタクシーで行くと150000アリアリ。公園内を案内するガイドは入口で頼むことができます。バオバブ並木はキリンンディーへ行く途中にある。)

何も食べてなかったので、どこかおいしいレストランへ連れていってよ言ったら、ビーチのレストランに連れていってくれた。

046
ビールで乾杯。Sonyの英語は聞き取りにくく、そんなに上手というわけではないが、それなりに喋るので、どうやって英語を勉強したか聞いたところ、Sony(今43歳)の時代には学校では英語教育をやっておらず、自分で辞書を片手に本を読むところから始めたそうです。

しばらくして、半年間、アンタナナリボの英語学校へ行き、その時に今の奥さんをみつけた。

帰ってきて今度はホテルのフロント係として働く傍ら、休みの日にはビーチへ行って、外人観光客を捕まえては喋る練習をしたそうです。エライ!

英語を喋るということが、フランス語どっぷりのこの町で彼をガイドとして優位に立たせているようで、ガイド代は現地の物価からすればバカ高いけれども、アンタナナリボのツアー会社で頼むよりは安いという微妙な値段を可能にしています。

(後日追記:Sonyとは後日トラブルが起きました。参考にされたし

048
この魚はタイのような味でおいしかった。ビール二本と合わせて16000アリアリ・720円。
ソニーにご飯をごちそうしようか迷ったけど、まだ11時だったし、あんまり最初からおごるとよくないので、ビールだけごちそうした。

そして二時半になって、今日のコースのサンセットバオバブツアー開始。
Sonyがガイドで、タクシー運転手は別の人が来た。20キロほど走ってバオバブの木のあるエリアへ。

004

最初に案内してくれたバオバブ。大きいです。樹齢約600年。
右下に立っているのは、もう一人参加の日本人青年。

バオバブは冬(今)は葉が無いそうです。

013
この構図は切手にもなっている有名なもの。ヤシの木がポイントだとか。

018

双子のバオバブ。日本だったら「夫婦バブバブ」って言うんやろうけどね。

021

愛し合うバオバブ。今のワシにはコブラツイストにしか見えん。

056
バオバブ並木で、みんなで日が沈むのを待ちます。

062
夕日がバオバブを照らして沈んだ。

071
バオバブ並木のすぐ横の池で魚を捕る少年。

マダガスカルはとってもいいとこです。ぜひおいでください。。
Sonyは、ガイドをしていない時はたいていタクシーブルース乗り場か空港で客待ちをしているそうです。

明日は早起きしてバオバブサンライズツアーのあと、横に跳ぶ白いサルを見に行きます。

今日の宿 EDEN  ROCK HOTEL ダブル 40000アリアリ・1800円
       ビーチ近く。Wi-Fi無しなら20000アリアリぐらいからあり。

気軽にコメントしてね~。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« アナラケリーマーケット散策(マガガスカル・アンタナナリボ) | トップページ | バオボブサンライズ&キリンディー保護区(マダガスカル・モロンダバ) »

63マダガスカル」カテゴリの記事

コメント

めちゃくちゃ羨ましいv(^_^v)♪
私の一度は行ってみたい所リストに入ってる島‼︎
NHKで福山雅治が案内役でやったのと同じだ〜
夕日に照らされるバオバブの木 美しい

絶対、絵葉書送ってね
ガイドさん 人柄良さげにみえるし
NHKばりのリポートたのんます(・ω・)ノ

バオバブは木の世界のスケキヨ(「犬神家の一族」)ですね。実物を見たいです。

バオバブの木のある風景は、なかなかのものだね。逆さに生えているみたいで、とても不思議な感じだなぁ。バオバブサンライズツアーと、横に跳ぶ白いサル(CMでよく見たあれだね)も楽しみだね。

ついにマダガスカル来たのですね?
バオバブみることが出来てよかったですね?

みなさんコメントありがとうございます。

ここ本当に楽しいです。ではまた。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンタナナリボからモロンダバへ(マダガスカル):

« アナラケリーマーケット散策(マガガスカル・アンタナナリボ) | トップページ | バオボブサンライズ&キリンディー保護区(マダガスカル・モロンダバ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ