« ザンジバルからダルエスサラームへ(タンザニア) | トップページ | ブルンジュブラへやってきました(ブルンジ) »

2014年7月18日 (金)

ダルエスサラームで両替詐欺に遭う(タンザニア)

これは昨日、7月17日の話です。
ザンジバルから朝ダルエスサラームに着いた私は、その足でウブンゴのバスターミナルへ行き、翌18日の朝6時発のブジュンブラ(ブルンジ)行きのバスのチケットを買った。

また町に戻るのも面倒だったし、わざわざ危険と言われる町に泊まるよりはターミナル近くのホテルで休もうと、ターミナル横のホテルにチェックインしてのんびりしていた。
夜になって、ふと資料を読み返すと、ブルンジの国境でビザ代が40ドル必要で、しかも国境ではお釣りがないのでピッタリ用意しなければならないと判明。

100ドル札は持っているが、ピッタリはない。モザンビークの国境でも同じで、その時もお釣りがなくてお釣りは没収された。あの時は数百円だったが、明日は下手をすると60ドル没収になる。

外はもう真っ暗だったが、町へ行って両替することにした。ホテルの受付の人が、「パソコンやカメラなどの貴重品は部屋に置いていかなように」というので、重い荷物を背負って、ダラダラ(ミニバス)に30分乗ってアフリカ屈指の危険な夜の町へ。

7時を回っていたので、もう両替商はどこも開いてなかった。しかたなく闇両替商を捜した。すると二人ずれの男が「両替?」と声をかけてきた。

「100ドル紙幣だけど、両替は10ドルだけでいい。残りの90ドルをドル紙幣で欲しいけど、できる?」と聞くと、

「ああ、できるよ。でも今手持ちがない。ボスのところへ行って変えてきてやるから100ドル札をよこしな」

「だめだよ。持ち逃げされたら終わりじゃない」と言うと、その男は、それなら100ドル分のシリング札をお前に預けるから、帰ってきたらドル札と交換しようと言う。

「ボスのところへ一緒に行くよ」と言うと、「ボスはインド人で人目を嫌う。シリング札を置いて行くから俺を信用しろ」と言って、100ドル分のシリング札、166000シリングを目の前で数えて私によこした。

数えろと言うので言われるままに数えたところ、ちゃんと166000シリングあった。
男はいったんそのお金を私の手から取り戻し、丸めて輪ゴムをかけ、
「こんな人通りの多い場所で大金を見せちゃ危ない。ポケットに入れろ」と私の手の平に札を戻して私のポケットに突っ込んだ。

連れの男が、「あいつが帰って来るまで俺がお前といるから安心しろ」と言って残り、100ドル札を持った男はどこかへ消えた。
しばらくして、残っていた連れの男が、隙を見て走り去った。

その瞬間に騙されたとわかった。今、ポケットに入っているのはおそらく、すり替わった偽札か新聞紙。
ポケットから札を出すと、外側の一枚だけが10000シリング札で、中は2000シリングと500シリング札の束。やられた!

茫然とする私。ずっとあの男の手元を見ていたし、すり替えた形跡はなかったのに。あの輪ゴムをかける一瞬に札束をすり替えたとすると、おそろしく鮮やかな手さばき。ニセ警官にやられた時と同じや!
アフリカ屈指の危険なダルエスサラームの夜の町で自爆してしまった私。
アフリカ屈指の技を見れてよかったわ~!って言ってる場合か~!
札束の小道具を用意しておかないとあんな芸当はできないから、みんな同じようにやられているんやろね、きっと。

よこした少額紙幣は本物だったので、実害は7600円程度。しかし、金額以上にやられたダメージは大きい。少額ドル札欲しさに自爆してしまった私。なさけなさに茫然とする私。
でも考えようによっては、ビルの影に連れていかれて、刃物が出てきてパソコンから何から取られた可能性もあったわけで、まあ、7600円で済んでよかったか。

両替をあきらめて、またダラダラに乗って帰ることに。やられたことばかり考えてボーッとしていたら、全然見たことがない景色が出てきて、乗り過ごしてかなり遠くにきてしまったことに気付いた。それからがまた大変。

わけのわからん場所で降りたが、引き返すバスは来ない。あたりは真っ暗で、どれぐらい遠くへ来たのかわからない。タクシーに乗りたいが、ここはタクシー強盗のメッカ。
泣きそうになりながら歩いていたら、バイクタクシーのおっさんが「乗る?」。

バイクだって、仲間のいる路地へ連れていかれたらひとたまりもない。迷ったがもうヘトヘトに疲れていたので"Are you a good driver?"なんて変なことを聞いたら"Yes!"。
周りのバイクドライバーが、そいつは悪いやつだとみんなで冷やかす。

ビビリながらバイクタクシーの背中に乗ってホテルへ帰ってきてこれを書いている。アホや~!

ヨーロッパではニセ警官。南米ではスキミング。そしてアフリカでは両替詐欺。アホの連続や~!スキミングはしょうがないけど、お札の手品はもうええかげん騙されるんじゃない!
もうくやしい~!お札を渡してアホみたいに待っているなんてアホすぎる。カモがねぎ背負って夜の町に行った~!やっぱりひとたまりもなかった~!

あの~、みなさん、楽しんでいただけましたか?
でもまた明日国境のイミグレでもう一回アホなことになるかもしれんと考えるだけでも憂鬱なんですけど・・・。
イミグレのくせにお釣りぐらい用意せんかい!ボケ~!ブルンジに行かないと言っておきながら行くからこういうことになるんじゃ!ボケ~!また今夜も眠れんわ~!

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ザンジバルからダルエスサラームへ(タンザニア) | トップページ | ブルンジュブラへやってきました(ブルンジ) »

65タンザニア」カテゴリの記事

コメント

災難でしたね。強盗など危険な目に合わなくて良かったです。
ある意味、アフリカを満喫できているという感じですかね。
これで厄払いできて、これから良いことが沢山起こることを願っています。

ケガがお財布だけでよかったです。心の傷には時薬です!
時間が思い出にかえてくれます。

最近アフリカ慣れして、ちょっとナメてました。
気を引き締めて行きま~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルエスサラームで両替詐欺に遭う(タンザニア):

« ザンジバルからダルエスサラームへ(タンザニア) | トップページ | ブルンジュブラへやってきました(ブルンジ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ