« また警察に行きました(カンパラ・ウガンダ) | トップページ | ニューヨークへ旅立てず(ナイロビ・ケニア) »

2014年7月24日 (木)

ナイロビだ~!(ケニア)

昨日23日夜8時発シンバコーチ社バス→(乗車18時間)今日24日14時ナイロビのダウンタウン着→ホテル→町歩き

***

ナイロビに着きました。うれしいです。
昨日のことから書きますね。

001
アフリカ飯を受け付けなくなった私は、これで三日連続でチャーハン。
絶食でバスに乗ろうと思ったが、さすがに空腹。バスターミナルの近くに中華料理屋発見。チャーハンは私の避難食。これさえあれば生きていける。

日本では好物でもなんでもないが、海外で食が進まないときは、これかパエリアになる。焼き飯はだいたいどこでもあるし、これなら多少クオリティが落ちても食べられる。
三人前ぐらいきたが、二人前ぐらいは食べた。(14000フラン・560円)

シンバコーチは定刻どおり発車。夜中の一時頃国境に着いて、ケニアのイミグレへ。

窓口の列に行ったら、もう50人ぐらいの人が並んでいて、その最後尾に並んだ。イミグレは掘立小屋のような建物で、並んでいる場所は外の通路で薄暗い。他のバスからやってきた客が20人ほどやってきて、並んでいる私たちを追い越して割り込み始めた。

私は寝起きでムカムカしていたので頭にきて、その人たちに向かって注意した。

「みんな並んでいるんだから割り込むな。後ろに並べ」

そしたら、一人の男がニヤニヤ笑って、現地語で何か一言二言行って、もっと前へ行って割り込んだ。他の人も気にする風でもなく平気で割り込んでいる。

ちょっと驚いたのは、外国人の私が文句を言えば、一緒に並んでいる人も賛同してくれて、「そうだ、そうだ、お前ら、割り込むな」とみんなが同調してくれるのかと思ったら、誰一人文句を言わず、おとなしく割り込みを黙認。

アフリカに来て、人が列に並ばないので困ったのはこの他に二回。パン屋とスーパーの惣菜売り場で、こっちが並んで前の人が終わるのを待っているのに、次から次へと横から入ってきて注文する。その時は二回とも嫌になって買うのを止めた。

西洋社会でイミグレの列に割り込んだら、みんなものすごい勢いで怒る。それは当然のこと。でもここでは無気力に黙認するだけ。

イミグレの女職員がまたひどかった。一言も何も言わず、顎で指図。前の人を見ているので指図のままに全部の指を指紋読み取り機に乗せた。そのあと、人差し指と親指をこすって、ビザ代を出せの仕草。
本当はトランジットビザでいけると思ったが、通常ビザの50ドルを差し出すと、何も言わずにパスポートにシールを貼った。

イミグレを抜けて、外で待っているバスまで数百メートル歩いたが、真っ暗でどこにバスがいるのかわからなかった。
暗闇にいきなり数人の男が立っていて、こちらの顔に懐中電灯を当てて「警察だ。パスポート!」と言う。

こっちはムカムカしているので拒否。逆にIDカードを見せるよう要求したところ、ショットガンを見せて、IDは持っていないが警察だという。

パスポートは見せてやったが、チラ見しただけ。もう頭にきていたので、
「あんたらこんなところで暇ならイミグレで人の整理でもしたらどうかね。ここのイミグレは誰も列に並ばない。それを監視する人もいない。私は世界中のイミグレを抜けてきたが、こんな最低のイミグレを見たことがない」

そう言うと、「すまない。改善するようにする。行け」と言ってパスポートを返した。

バスはシンバコーチの人が言ったように、朝6時には到着せず。着いたのは午後2時。結局カンパラコーチでも同じだったかも。

005
006

008
バスは街中のガソリンスタンドに着いた。降りて周りの人に地図を見せて確認したところ、そこは「地球の~」には、(危険なので決して立ち入るな)と書いてあるダウンタウンのど真ん中。

「地球の~」にはお世話になっているのであまり言いたくはないが、この本を書いている人は、ここらあたりを実際に旅したことがあるのだろうか。
ナイロビから出るバスはたいていダウンタウンから発着する。ダウンタウンに立ち入らなかったらどこへも行けない。

010
ダウンタウンは危ない雰囲気プンプン。でも、安宿はこの地区に集中していて、たくさんある。なのに「地球の~」では、危険なので市街中心にある高級ホテルに泊まるようにと、そういう宿しか載せてない。行けばそれほど危険ではない大通りにたくさんあるのに、実際に取材してないと白状しているようなもの。

014
ダウンタウンを出て少し歩いたら、ナイロビヒルトンが出てきた。あそこに泊まっちゃおうかと思ったが、一泊3万ぐらいするらしい。

私は今日はWi-Fiの状態の良い宿に入って、明日のニューヨーク行きの飛行機のチケットを買わなくてはいけない。アフリカのバスなんて、いつ着くか当てにならないので、今日になっても明日の航空券が買ってない。

しかもアメリカは、入国の際に出国のチケットも持ってないと入国させてくれないので、出国のぶんも買わないといけない。陸路でカナダへ抜けるからいいだろうと思って調べたら、カナダとメキシコへの口頭での陸路出国はダメだと言う(たぶんバスチケットがあればいいと思うが)。

016_2
歩いていたら、変なおっさんの銅像。飛行場の名前にもなっている偉い人らしい。

宿を捜している時間もなかったので、(決して立ち入ってはいけない)ダウンタウンにもどって、適当に宿を取った。入口にショットガンを持った番人がいて、中に入ったらまた鉄格子のドアを開けるガードマンがいて、受付がさらにプラスチック越しという安全な宿。
どんだけ危険な場所なんでしょか。ここは。

スカイスキャナーでチケットを買おうとしたが、高いやつばっかり。そりゃそやわね。前日に買おうって方が無理。

高くてもしかたがないので、入国と出国のチケットを買って、USBに落としてネットカフェへ行って印刷。きょうびは印刷せんでも大丈夫だとは思うが、なんせ相手は悪の同盟国のイミグレ。一応印刷しておいた。

ついでに夕暮れの町を観光。帰りにスーパーで久々にビールを買った。蚊が寄ってくるのが嫌でマダガスカルから飲んでなかったが、もうええやろ。

要らなくなった殺虫剤を大量に部屋にまいたら、自分で吸いこんで、咳き込んでしばらく気持ち悪かった。

いよいよ明日、アフリカを離れます。

今日の宿 Hotel Veecam シングル 2000シリング・2316円。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« また警察に行きました(カンパラ・ウガンダ) | トップページ | ニューヨークへ旅立てず(ナイロビ・ケニア) »

69ケニア」カテゴリの記事

コメント

いろいろあったアフリカ旅は「それでも行ってよかった!」という感想でしょうね。
アメリカに長期滞在するなら、よく利用するスーパーマーケットで会員登録をすると、ガソリン代の割引がきいたり、節約になりますよん。(セーフウェーやクローガーの大手チェーンだと、たぶん州が違っても系列店で割引価格で買えると思います。サービスカウンターで聞いてみてください。)コストコ(アメリカではコスコ)の会員になるのも、日本より安いかもしれません。(日本でも使えるはず。)
トレーダージョーのエコバッグも日本で人気があるようです。レジ袋が有料の州や市が多いようなので、エコバッグがあると便利ですよん。

ナイロビ到着おめでとうございます。お疲れ様でした。すぐニューヨークですか。約一週間前にニューヨークにいたので、ちょっと不思議な気分です。おしゃれなニューヨークで、美味しい料理やビールを楽しんで下さい。ミュージカルやMLB観戦もいいですね。これまでのアフリカ旅との落差はすごいことでしょう。やっと拓さんにピッタリの街ですね。ちなみに、私は、クイーンズのThe Local Hostel NYCというホステルに泊まりました。マンハッタンではありませんが、交通の便もよく、新しくて綺麗でした。4人部屋にトイレとシャワーつきでした。それでも、1泊6500円くらいしましたが。

「いよいよ明日、アフリカを離れます。」・・・・よかった。よかった。最初は素敵な出会い(主に人、そして風景)もあって、良いスタートだったけど、その後は、かなりつらかったね。やつぱり後半は、次に切り替えたほうがよかったんじゃないでしょうかね。とにかく無事で、のりちゃんとも、アメリカを満喫できそうでよかった。よかった。

みなさんコメントありがとうございます。
アフリカの最後の方はもうスタンプラリーで、けっこうきつかったです。
アフリカは時間に余裕のある人がのんびり周る場所かなと思います。
移動型の私にはちょっとハードでした。
これから33時間の移動ですが、アフリカのバスに比べれば、なんてことはないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイロビだ~!(ケニア):

« また警察に行きました(カンパラ・ウガンダ) | トップページ | ニューヨークへ旅立てず(ナイロビ・ケニア) »

カテゴリー

無料ブログはココログ