« シアトルからサンフランシスコへ(アメリカ) | トップページ | サンフランシスコぶらぶら(アメリカ) »

2014年8月25日 (月)

サンフランシスコ到着(アメリカ)

昨日午後1時10分シアトル発グレイハウンド(87ドル・乗車20時間)→今日午前10時30分サンフランシスコ着→徒歩で市内観光→ホステル

***

069
サンフランシスコにやってきました。写真はゴールデンゲートブリッジ。

グレイハウンドのターミナルに着いたのが午前10時半。ターミナルと宿は町の反対の場所にあるので、今日は一日、このままキャスターバッグを引いて歩きます。

今日は、ある隠しテーマを持って観光しますので、途中でそのテーマがわかった人はコメントしてくださいね。隠しテーマポイント①はゴールデンゲートブリッジ。写真の順番的には、上の写真は最後の方で撮ったものです。

隠しテーマは、わかる人にはわかるけど、わからない人にはどうでもいいようなことなので、期待しないでね。

009
ターミナルを出て、まずあのビルを捜します。ありました。この三角形のビルです。これが隠しテーマポイント(以下ポイントと表記)②。

そのドラマで、町の様子を写すと、このビルがよく出てきたので、来てみました。Transamerica Pyramid と言うそうです。中へは入れず、何の会社か不明。

016

そして路面バス路線に沿って歩きます。Powellという駅周辺。

歩くこと二時間。

037

ポイント③。Almo square という公園の前の家並。この家々は、Painted Ladies と呼ばれていて、けっこうな観光地になっているようです。50人ぐらいの人がいて、写真を撮ったりしていました。

昔読んだ記憶では、アラブかどこかの大金持ちが、娘たち姉妹一人一人に家を買って与えた家々。

私は、この公園のすぐ前に、そのドラマの家があると思っていたら、そうじゃなかった。
実際の家は、ここからまた一時間ほど歩いた場所にある。歩いたぜ、キャスター転がして。

039
もうわかったでしょ。隠しテーマは、昔NHKでやっていたアメリカンホームドラマ、「フルハウス」のロケ地でした。

この真ん中の家がダニーの家。どうしてわかったかというと、Map With Me(GPSアプリ)に、"Full House"House と印がつけてある。(Broderick street1709)

ちょうど一組の家族やってきて、家の前で記念写真を撮っていた。
あのドラマの放送終了が1995年だそうですから、今から20年前。

当時、私は英語の勉強のため、片っぱしからテレビの英語ドラマを録画して見ていた。まだ韓流ブームの前で、毎日何かしらの英語ドラマをやっていて、その中でもフルハウスが一番好きだった。DVDも全部持っていましたよ。

この家はドラマの頃とはペイントが随分違う。入口のレンガの階段だけが当時の面影を残している。階段の入口にテープでバリケードがしてあったので、もう人が住んでいないのかも。それにしても、ごく普通の家並みで、ちょっと意外でした。

041

周りの家もすべてヴィクトリア朝様式の素敵な家です。

047
そこからひと山越えて、港にあるホステルまで二時間ほど歩いた。
坂がきつくて、キャスターを引くのが大変。

074
今日のホステルはフィッシャーマンズワーフのすぐ隣の公園の中。
すぐ後ろにアルカトラズ島(旧監獄)が見える。

さあ、ブログも書いたし、フィッシャーマンズワーフへ出動!

今日の宿 HI San Francisco - Fisherman's Wharf ドミ 40ドル

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« シアトルからサンフランシスコへ(アメリカ) | トップページ | サンフランシスコぶらぶら(アメリカ) »

70アメリカ合衆国」カテゴリの記事

コメント

そうだったんですか~私も「フルハウス」をずっと見てました!
あの出演者の皆さん…今、何歳ぐらいなのでしょうね。
アルカトラズ島舞台のニコラス・ケイジ主演「ロック」という映画も良かったです。
サンフランシスコ…知人がいるので何度か遊びにいきました。
懐かしいわ~。ごゆっくり~。

「ロック」は私も見ましたよ。
ミッシェルを演じた双子のオルセン姉妹は成人してハリウッドセレブの億万長者(ブランドが売れた)でよくゴシップをにぎわしていたのに最近は噂を聞きません。

他の出演者の消息はサッパリですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコ到着(アメリカ):

« シアトルからサンフランシスコへ(アメリカ) | トップページ | サンフランシスコぶらぶら(アメリカ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ