« アンテロープキャニオンへ(ユタ・アメリカ) | トップページ | ラスベガス!(アメリカ) »

2014年9月 8日 (月)

アッパーアンテロープキャニオンからザイオン国立公園へ(アメリカ)

8時発アッパーアンテロープキャニオンツアー(約1時間半・二人で80ドル)→(ドライブ2時間半)ザイオン国立公園へ→(シャトルバス)公園内散策→ホテル

***

朝起きたら空は曇っていて、パラパラと小雨。今日もツアーが危ぶまれたが、オフィスに行ったら行けるとのこと。
「地球の~」では、パウエル博物館に行ってツアーを予約するように書いてあるが、実際にはツアーをやっている会社は6社ある。その良し悪しはわからないが、ナバホ通りに何社もツアー会社があって、大きな看板をあげている。

001
私たちのツアー会社はこの4WDのトラックで。ナバホの女性が運転手兼ツアーガイド。参加者は他にフランス人カップルがいて合計4人。この岩の割れ目から入って行く。

009
ガイドのニタが写真を撮るポイントを教えてくれる。これはローソクと炎に見えるポイント。
カメラをガイドに渡すと、いろんなポイントから上手に撮ってくれる。

026
これはハートに見えるポイント。首を左に寝かして見て。

034
私はそれほどのカメラでもないので、ガイドに渡さず、自分で撮っているのでそんなきれいに撮れてない。

046
この空間はカメラを縦にして撮ると良い写真が撮れるが、ブログは横写真で統一しているので、まあいいか。
ガイドに渡すときれいに撮るが、縦に撮るので全部ボツ。

065

赤い縞模様が美しい。

075
私たちがキャニオンを出る頃には、大勢の人が入ってきて、ごった返していた。

ツアーが終わって二時間半ほど走ってザイオン国立公園へ。

106
赤い岩ばっかりの国立公園です。

109
この国立公園も大勢の人で賑わっていた。

120
公園内には無料のLPGシャトルバスが走っている。

124
何か所で降りて、園内のトレイルを歩いた。

131
Weeping Rock と呼ばれる場所。

本当はもっとたくさん歩く予定だったが、夕立で土砂降りの雨が降る場面が二回あって、予定していたほど歩かなかった。
それほど歩かなかった割には靴は砂埃で真っ白、ズボンも砂で白っぽくなった。

毎日国立公園の中を歩くので、靴は真っ白。これじゃあアフリカを旅している時と変わらない。

女王様はワシに気を使って優しくしてくださるが、なぜか朝はワシが不機嫌。
昼ごろになると、ようやく人とコミュニケーションしたくなるが、それまでは(ちょっと放っておいてよ)状態。

最近気づいたが、ワシってかなり性格に問題がある。いや、性格に問題があるのは昔からわかってはいたが。

病名を付けるとすると、「いつもにこやかではいられない症候群」「優しくされるとつけあがりたい病」「一日12時間は一人でいたい病」。

う~ん、どれもピッタシではない。でもまあ、時々リクリエーションはあるものの、女王様とは楽しく旅をしております。これが他人だと、もう少し構えて気を使うのですが、近しいがゆえに言いたいことを言い合ったりします。それもまた楽しです。

最近はカリホルニアワインを飲んでブログを書くので、酔っぱらって最後の方はわけのわからないことを書いて、また明日へ。

今日の走行距離 123マイル(198.03km)。

今日の宿 Quality Inn & Suites Montclair ツイン 158ドル。

国立公園は今日で終わりです。ここで、2007年に訪れてイエローストーン紹介しておきます。

イエローストーン旅行

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« アンテロープキャニオンへ(ユタ・アメリカ) | トップページ | ラスベガス!(アメリカ) »

70アメリカ合衆国」カテゴリの記事

コメント

アッパーアンテロープキャニオンの景色は、写真ですら驚きがある風景でした。あんな風景見たことないです。二人仲良くやっているようでいいですね。拓君は性格の方、かなり良いほうだと思うよ。その点も自信を持ってよいと思うが・・・。しばらく危険っぽいのはないようだけど、気をゆるめ過ぎないように。

「ひとりでいるのがお気楽」症候群ですよ

みなさんコメントありがとうございます。

あと三日で「お気楽一人旅」に戻りま~す。寂しくなるけど、一人が好きで~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アンテロープキャニオンへ(ユタ・アメリカ) | トップページ | ラスベガス!(アメリカ) »

カテゴリー

無料ブログはココログ