« 古きドバイはすばらしい!(ドバイ・アラブ首長国連邦) | トップページ | ウミガメと一緒に(マスカット・オマーン) »

2014年9月20日 (土)

やっと中東に来たなって感じ(マスカット・オマーン)

ドバイのホステル→(タクシー)ONTCバス乗り場→(バス朝7時発・55AED 1540円 乗車5時間30分)マスカット・ルイ地区バス停→(乗合タクシー・0.1 OMRオマーンリアル 28円)マトラ地区→ホテル→町歩き

今日のホテル Naseem Hotel シングル 16.5 OMR (4686円)

***

オマーンの首都、マスカットにやってきました。名古屋の「つボイノリオ」ファンのみなさん、オマーン国際ホテルもオマーン国際空港も実在しません!
でも、オマーン国軍博物館とオマーン子供博物館はあります。何のことだか中部地方在住のごく一部の人にしかわからないと思いますが、わからない方がいいです。

002
バスが着いたのはマスカット、ルイ地区。すぐ前にあるスルタン・カブース・モスク。道行く人たちが、白い民族衣装を来て歩いていて、やっと中東らしい場所にやってきた気がします。
マスカットは首都といっても、ドバイのような摩天楼はありません。そこから乗合バスに乗って、海べりのマトラ地区へ。

010
すばらしい景色。背後に岩山が迫る港町です。
宿を捜して一軒目のホテルに入ったら、ロビーにどこかで見たことのある日本人。アンマンのホテルで話をした大学生のウッチ―でした。ウッチ―には今後の中東のルートを教わりましたよ。

彼はアンマンからオマーンのサラーラへ飛んで、マスカットへ北上して今日宿に着いたところだそうです。この宿はロビーにWi-Fiが飛んでいるとのことで、ここに泊まることに決定。
マスカットには安宿というものがまったくありません。おそらくこのホテルが最安値ぐらいだと思います。

さっそくウッチ―と二人で町歩き。

030
オールドスークへ。けっこう大きなスーク。地元の人が多く、観光客はほとんどいない。

019
イスラムの半月刀。刀はまっすぐの短剣なのに、なぜかサヤが曲がっていて不思議です。

022
スークのあちこちで、乳香を焚いて売っている。あちこちで臭いを嗅いでみたが、どれも良い匂いではなかった。
袋いっぱいで300円から1000円ほど。どうしてこんなものが昔は高値で取引されていたのだろうか。

037
アラブの白い服の仕立て屋さんに入ったら、生地の大半が日本製。店主曰く、「日本製が一番いい。うちは大半が日本製で、あとはインドネシア製。中国の物は置いてないよ」。

日本製は通気性に優れていて、着心地が良いので圧倒的なシェアを誇るとか。

042
アラブの町の夕暮れ。ここははっきり言って田舎。マスカットの他のエリアに都会があるのかどうかは知らないが、私の見る限り、マスカットは都会ではない。見る物はそれほどないが、落ち着いた感じがいい。

043
レストランでフィッシュ・ビリヤーニを食べた。米が食えただけで満足。1.4 OMR 397円。

マスカットの海はものすごくきれいで、世界でも有数のダイビングスポットだとか。スキューバならマンタも見えるそう。
明日はウッチ―と二人でシュノーケリングツアーに行くことになった。サンゴや魚がきれいに見えるといいな。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« 古きドバイはすばらしい!(ドバイ・アラブ首長国連邦) | トップページ | ウミガメと一緒に(マスカット・オマーン) »

74オマーン」カテゴリの記事

コメント

つぼいのりおファンがいらっしゃらないようなので
あえて書きます
「おまんのかた」でしたっけ?

いやあ、そうはっきり言わないで。はずかしい~。
でも反応していただいて嬉しいわ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと中東に来たなって感じ(マスカット・オマーン):

« 古きドバイはすばらしい!(ドバイ・アラブ首長国連邦) | トップページ | ウミガメと一緒に(マスカット・オマーン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ