« ラスベガス二日目(アメリカ) | トップページ | 死海でプカプカ(ヨルダン) »

2014年9月12日 (金)

ラスベガスからアンマンへ(ヨルダン)

11日朝6時ホテル発→(レンタカー)空港のHertzへレンタカー返却→ノリちゃんと空港でお茶してお見送り→12:05発ロイヤルヨルダン航空(461.20ユーロ・66412円)→シカゴ乗り換え同発午後9時30分→12日午後5時30分アンマン国際空港着→エアポートバス(3.25JDヨルダンディナール468円)→ムジャンマ・シャマリーからタクシー(7JD・1008円)→ホテル→町歩き

***

007
ヨルダンのアンマンに着きました。
ロイヤルヨルダン航空なんて大そうな名前ですが、機内食はショボイし、内装や設備もカタール航空とは大違い。アンマン国際空港(クイーン・マリア国際空港)も、ドーハ(カタール)の空港と比べると雲泥の差で負けてます。

ヨルダンは中東の国とはいえ、産油国ではないので、ムチャクチャ豊な国というわけではなく、それなりに豊かな国らしい。

016
宿に着いたのが午後8時。さっそく宿に荷物を置いて町歩き。
印象としては、とても安全な町、フレンドリーな人たちです。

011_2
何か食べようかとレストランに入って、人の食い物を見て歩いていたら、3人組の若者が手招き。自分たちの食っている料理(ナンに羊の肉を挟んで焼いた物)を一切れくれた。
これがうまかった。一切れで満足したので礼を言って退散。

013_2
無断で女性の写真を撮るのは失礼らしいので後ろから撮ってみました。

宿はダウンタウンのど真ん中の繁華街にある。道を歩いていたら、一緒に写真を撮ってくれという若者の一団がいたので撮らせてあげた。

歩いていると、人々は笑顔でウエルカムとあいさつしてくる。
この国の第一印象はものすごくいい。危険な感じがないばかりか、これほどフレンドリーな場所もそうはない。明日からが楽しみです。

今、夜の10時。宿でブログを書いていますが、通りで太鼓叩いてマイクで歌う音が響いている。

メールをチェックしたら、ノリちゃんも無事成田に着いたそう。
ノリちゃんと別れて寂しくなるかと思ったら、ずいぶんと賑やかな場所に来たので大丈夫です。

今日の宿 マンスールホテル ドミ 4JD(576円)

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ラスベガス二日目(アメリカ) | トップページ | 死海でプカプカ(ヨルダン) »

72ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

ノリちゃんとの楽しい旅も終り 又一人旅ですね 私も7月にラスベガス グランドキャニオンを家族で行って来ました とても懐かしい気持ちで拝見していました
次の旅も楽しみにしていますよ このブログを見てると本当に月日の経つのが早いと感じます
一つ一つ前に進んでいる拓ちゃんが羨ましく感じます

コメントありがとうございます。
ラスベガスはとても賑やかでいいですね。お金をたくさん持って行って、カジノでポーカーするのが夢になりました。
博打は得意ではないので、全部パーツと使う前提で行きたいです。

お久しぶりです。
しばらく旅に出るということでしたが、今頃はどこかの国でビールを飲みながら
街歩きを楽しんでいることでしょう。

ところで、この年末にヨルダンに行くことになりました。行くきっかけになったのは
以前拓さんのブログを拝見させて頂いたときに、とても安全で人が優しいとあったからです。
また。思い出しては時々読まさせていただいています。

初の中東で緊張感もあるのですが、今一番の心配は両替です。
物価も調べてはいるのですが、いまいちピンときません。
街中でも両替はATMを使われましたか?

三年も前のことで恐縮ですが、お時間が取れましたら
どんな事でも良いので情報を頂けたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

中東の国を回っていた時は最初にある程度の金額を空港のATMでキャッシングして、足りない分は町中のATMで、だったと思います。

アンマンでどうしたかは、はっきりとした記憶がありませんが、空港を出てすぐバスに乗っていることを考えると、おそらく空港のATMでキャッシングしたはずです。

アンマンの街でも宿の近くでも出金したと思いますが、正確な記憶ではありません。

ヨルダンの物価は全般的に安かったと思います。移動も食事もそれほどお金はかかってないはずです。

早速のお返事ありがとうございました。
ATMでキャッシングですね。
それほど経験はありませんが、これからもあることだと思うので
頑張ってやってみます。
物価もさほどでは無いとのことで、安心しました。有難うございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガスからアンマンへ(ヨルダン):

« ラスベガス二日目(アメリカ) | トップページ | 死海でプカプカ(ヨルダン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ