« ラスベガスからアンマンへ(ヨルダン) | トップページ | ぺトラ遺跡!(ヨルダン) »

2014年9月13日 (土)

死海でプカプカ(ヨルダン)

ホテル→(タクシーチャーター3人でシェア・一人14DJ 2016円)→死海(アマンビーチ)→温泉(ハママート・マイン)→アンマン町歩き

***

同じ宿の日本人の若い子が死海へ行くというので、タクシーを3人でシェアして死海へ。ビーチ入場料20JD(2880円)。

007
イエメンから来た観光客と一緒にプカプカ浮いてみた。塩分濃度が普通の海の10倍だそうで、何もしなくても浮いてしまう。

爪や髪の毛に塩水が浸みて痛い。魚は住めない環境らしい。

001
すぐ目の前がイスラエル。浮かんで行けばすぐに行けそうな感じ。
036
それが終わったらまた車で温泉へ。ヨルダンの郊外はだいたいこんなような景色。砂漠というよりは土と岩の荒野が続く。

041
岩の上から滝のように温泉が湧き出ている。入場料15DJ(2160円)。
046
これが熱くてちょうどよい湯加減。女性は、なるべく肌を露出しないように、服を着たまま入浴している。
055
アンマンの町へ帰ってきてジューススタンドでミックスジュース。1.5DJ(216円)。

065
そして町歩き。ローマ時代の円形劇場が保存状態良く残されている。

073
晩飯。真ん中に一口食べて置いてあるのは、アライスというもので、パン(ホブス)の間に牛肉のペーストを挟んで焼いたもの。昨日に続き、今日も隣の席の人が一切れくれた。

アルミの食器の中に入っている料理はブラ(隣の席の人曰く)。ココナッツのような味のホワイトソースの中に牛肉が入っていて、パンをそれに浸して食べる。

人が食べているのを見て美味そうだったので頼んだが、半分しか食べられなかった。今日は一日動いて疲れすぎて食が進まず。ヨーグルトとコーラ2本と合わせて全部で3.5DJ(504円)。

驚いたのは、支払の際に伝票も何もくれず、店の外の勘定係へ行って、自主申告で何と何を食べたというと、計算してくれて払う仕組み。
自分でも何を食ったかよくわからないので、必死に説明してわかってもらった。

今日の宿 マンスールホテル ドミ 4JD(576円)

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« ラスベガスからアンマンへ(ヨルダン) | トップページ | ぺトラ遺跡!(ヨルダン) »

72ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
ヨルダンにいらっしゃるのですね。
また私も地図を追ってワクワクしながら、
旅をさせていただきまーす。
死海ってそんなに塩分があるんだ~。
食が変わると体調もシンドイ時があるでしょう。
気をつけてくださいね。

コメントありがとうございます。
アメリカでは楽をさせてもらったのですが、中東に来て、はて今後はどこへ行ったものか検討中です。
こうご期待。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死海でプカプカ(ヨルダン):

« ラスベガスからアンマンへ(ヨルダン) | トップページ | ぺトラ遺跡!(ヨルダン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ