« 旅の終わりのお知らせ(ヤズド・イラン) | トップページ | ペルセポリス(シーラーズ・イラン) »

2014年10月23日 (木)

シーラーズ(イラン)

ホテル→(徒歩)町歩き

今日の宿 アラビア語で読めませんが無理に英語読みすると hedayat だそうです。 ツイン 300000リアル(1200円)

***

Wi-Fiが使えなくて、もうブログ書けないなあと思いつつ、当局の監視を迂回するソフト(Freegate)のセッティングを手探りであれこれいじっていたら、やっとつながりました。どうもFreegateという言葉はNGワードで当局の監視に引かかるようで、その関連サイトが見えません。もともとこのソフトは中国当局の監視をかいくぐるためのソフトのようです。NGワードを今日二回も使ったので、またブログが書けなくなるかも。ササッと書きます。

003_2
ホテルの屋上から見たシーラーズ。まわりを禿山(はげやま)に囲まれた小さな都市です。車が多い。

007
キャリーム・ハーン城塞。

006
入口の上にあるモザイクがあまりにもヘタウマで笑いました。これはあとで近代のお役所が付け足しんだろうと思います。

008
中の様子。

011
王様にヨーロッパの使節が謁見した様子が再現されているのだと思います。説明はアラビア文字だけなのでよくわかりません。きれいなお姉さんガイドが入口にいて、「ご案内しましょうか?」なんて聞かれたので、頼めばよかったと後悔。

012

庭。

続いて今度はハンマーム・ヴァキール。ハンマームとは今で言う銭湯みたいなものですね。

021
番台で入場料を払います。

022
これは湯船ではないようですが、説明がないのでわかりません。ちゃんと入場料を取るのに。

025
腰布をはいたまま垢すりをしたんでしょうか。どうよくわかりません。

030
女の人が何かの儀式をしている様子らしい。

ここのハマームの再現は、なんだかよくわかりませんでした。

033
続きまして、マジェスデ・ヴァキール。毎日こういうモスクをブログで見てると飽きませんか。ほら~、飽きてきたでしょ。現実に毎日見てる本人はもっと飽きます。世界遺産を毎日見るというのは、京都、奈良、京都、奈良、と毎日行ってるようなものなんです。たまには歌舞伎町にも行きたいけど、イランにはそういうとこはないみたい。

036
中の様子。

040
バザール。この中で道に迷って二時間ほどさまよいました。お腹は空けど食い物屋はなし。しかたなくバナナ三本食べました。

043
マドラセイェ・ハーン(神学校)の中庭。

今日も一日歩いて歩いて観光しました。イランの弱点というか中東の弱点は食い物が口に合わないこと。私はケバブ系統が苦手。できれば、ご飯ものが食べたい。どこかに売ってはいるはずなんですが、捜せど捜せどみつけられず。

045
スパゲッティがみつかっただけでも運がいい日です。これだけでは足りないので、結局また例のカレーコロッケもどきの入ったホットドッグを食べておきました。

明日はペルセポリスです。

明後日から、旅に出たいきさつなど、旅のまとめ的なことも書いていきます。一日の分量が多くなってしまいますが、よろしくお願いします。

↓ 応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« 旅の終わりのお知らせ(ヤズド・イラン) | トップページ | ペルセポリス(シーラーズ・イラン) »

82イラン」カテゴリの記事

コメント

毎日みてると飽きてしまう…って分かります。
ブログも毎日更新してらっしゃる。
ホントにお疲れ様です!

ブログは大変ではないです。

ブログゆえに旅がここまで持ったというのはあります。
本当にありがとうございました。
あともう少し、よろしくお願いします。

ずっと...拓さんが気乗りしないままドイツに降り立ったころから拝見していて、この1年半たくさんのことを教えていただいています。鼻につかない文調がここちよくて... この旅を一旦終えたあとの拓さんが楽しみです。地味に応援しています。

yumiko6655 さんコメントありがとうございます。

ずっと読んでいただいたなんて、嬉しいです。
あともう少し、手を抜かないで書きますので、最後までよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーラーズ(イラン):

« 旅の終わりのお知らせ(ヤズド・イラン) | トップページ | ペルセポリス(シーラーズ・イラン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ