« セイラー・ボブ・アダムソン⑩(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑫(メルボルン) »

2015年1月18日 (日)

セイラー・ボブ・アダムソン⑪(メルボルン)

Image_3

ボブは、私たちが見ている現実の世界を、appearance(現象、見せかけ)といい、その裏に隠れている本当の世界を、reality(現実、実在)と呼びます。

私たちが見ている現実は、実は幻影、錯覚で、本当の世界は「他には何もない一つのもの」「純粋な知性エネルギー」「純粋な気づいている意識」だと言います。

ボブはよく鏡の例えを使います。私たちの意識(アウエアネス)が鏡で、私たちの見ている現実は、その鏡に映し出されたものにすぎない、それを見て私たちは、あたかもそれが現実であるかのように錯覚しているというのです。

reality(現実、実在)の世界では、万物は分離していません。あなたも私も、犬も猫も、机も家も、すべては「他には何もない一つのもの」「純粋な知性エネルギー」「純粋な気づいている意識」の現れです。

便宜上、こういうややこしい名前で呼んでいますが、名前すら概念(ラベル)なので、そのもの自体を言い表してはいません。
万物が、「他には何もない一つのもの」「純粋な知性エネルギー」「純粋な気づいている意識」そのものなのです。

そしてそこには時間や空間がありません。時間や空間は人間が作り出した錯覚です。

例えて言うなら、万物は大海の海のようなもの。私はその海に立った一つの波。そして他者は他の波。私という波は、他の波を見て、分離していると思っているが、実は同じ海の水。
海は「他には何もない一つのもの」「純粋な知性エネルギー」「純粋な気づいている意識」で、多様な形に変化して現象としてappearance(現象界、見せかけ)に現れる。

波しぶきとなって岸に打ち付けるものもあれば、水滴となって空中に飛ぶものもある。南極で氷結するものもあれば、水蒸気となって雲となるものもある。雨となって大地に染み込むものもあれば、川となって流れるものもある。

ありとあらゆる形になって変化するが、本質は同じ海の水。ところが、小さな波の一つである私は、それが同じ海の水であることに気付かず、他者と自分を分けて考えている。

実際には、私もあなたも、猫も犬も、海も山も、同じ一つのもの。
それらすべては、「他には何もない一つのもの」「純粋な知性エネルギー」「純粋な気づいている意識」なのです。

そして、私流にぶっちゃけた言い方をするなら、それこそが神であり天国であり、空であり無です。キリストや仏陀が言っていること、禅で言っていることは、まさにこのことを言っているのではないでしょうか。(ちょっと乱暴ですけど)

ではなぜ、万物はこれほど多様な変化を見せているのでしょうか。ある時ボブに聞きました。

私「なぜ純粋なる知性エネルギーは、これほど多様な見せかけを生み出しているのでしょうか」

ボブ「意味なんて無いんだよ。ただそのようにあるだけだ。それは始まりもなければ終わりもない。現象として見えているだけにすぎないんだよ。それは生まれたこともなければ、変化したこともない」

注:私は説明の便宜上、それ のことを「他には何もない一つのもの」「知性エネルギー」「純粋な気づいている意識」とだけ書きますが、実際ボブはもっと多様な表現を使います。ゾクチェンから引用して、「認識する空」「永遠に新鮮」「存在意識」 と言う時もあれば、単に意識(consciousness, awareness)と言う時もあります。

2015.3.25追記

ボブは、万物は一つのもので、私たちも現象の一つとしての現れにすぎないと言います。私は、その事が理解できずに、何度も説明を求めました。説明の仕方は何通りもあるのですが、典型的なものの一つを再現、追記しておきます。

拓「万物が一つのものということが理解できません。また、自分はもうすでにそれ(エンライトメントした存在、知性エネルギー、純粋な気づいている意識)だということを、どうしたら理解できるのでしょうか?」

ボブ「私という存在が、見せかけのもので、実在しないということを理解しなさい。そうすればそれは起こる」

拓「それは理解できます。自分で調べましたが、これが自分だと呼べる実在は存在しません。でも、万物が一つのもので、自分はもうそれなのだという理解が起きません」

ボブ「それは、もう起こっている。あなたは今、見て(seeing)、聞いて(heraing)いるだろう?それが、純粋なる知性エネルギーの働きだ。ところが、あなたはマインドで何かを理解しょうとしているため、それが邪魔して見えなくなっているだけだ。思考が、見ている人という主体と、見られている客体を作り出す。実際には、見ていること(seeing)があるだけで、見ている人も見られているものもない」

拓「どうしたら、マインド(思考)から抜け出せるのでしょうか」

ボブ「外を走るトラムの音に気付いているかな?(Do you aware the sound of the tram?)」

拓「音がしているのは聞こえています」

ボブ「あなたはマインドから抜け出る必要も、マインドを止める必要もない。マインドが動いていたとしても、純粋なる知性エネルギー、アウエアネス(気づき・意識)は機能し続けている。トラムの音を聞いているのはあなたの思考ではない。それはあなたの思考とは無関係に、トラムの音を聞き、あなたの心臓や呼吸をつかさどって働き続けている。もうあなたはすでにそれなのだ」

ボブは、アウエアネス(気づき・意識)というポインター(指し示すもの、ラベル)を使うため、これを個人の(気づき・意識)と混同してしまいがちですが、これは個人の意識という意味の他に、純粋な知性エネルギー(純粋な気づいている意識)のことを指しています。

私たちは、それを何らかの方法で、認識、理解したいと考えますが、そう考えた瞬間に、それは概念化してしまい、取り逃がすことになります。確かにそれはある。しかし、それを論理的に理解しようとすること自体がマインドの罠なのです。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« セイラー・ボブ・アダムソン⑩(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑫(メルボルン) »

 セイラー・ボブ・アダムソン」カテゴリの記事

コメント

単純に、マスターと一緒にいた雰囲気が思い出になってますね。拓さんは内容を一生懸命熟考されていますけど、ボブさんのおっしゃることを現実に応用しようと思っても、ぼくは無茶でした。ただ一時の安らぎや落ち着きは得られますが、俗世間的な価値観から綺麗さっぱり足を洗えるかって問うと、それは違うんですよね。インドのマスターだったパラマハンサ・ヨガナンダも言ってます。俗世にどっぷり浸かっても悟れない、瞑想にどっぷり浸かっても悟れないって。結局は二足のわらじを履いて上手く生きていけってことなんでしょ。それはブッダの辿り着いた領域・中庸にも似てるんだと思います。だからぼくはボブさんやその仲間たちと楽しんだことや、一緒に出かけたこと自体を楽しいこととして処理しています。

悟る必要はないんですよ。それこそが幻影。

師に出会う前は、薪を割り水を運ぶ。

師に出会ってからも、薪を割り水を運ぶ。

何かが変わるわけではありません。

4月に来るの?

頭の中でボブさんに追い払われてますから、行けるかどうか分かりませんね。ボブさんも夢の中で変幻自在に七変化してきますから、こっちも臨機応変になります。拓さんの言うように、蒔きを割り、水を運ぶ。悟ること自体が幻影。ぼくもそう思って、日本に帰ってからもスキー場でアルバイトなんかやってる訳ですよ。けどね、悟りなんてものはなく、悟りなんてものが幻影ならば、なぜボブさんにはマスターという称号があって、オーラがあって、その周りに30年以上も来客が訪ねてくるのか?。ぼくはその疑問をミーティングで投げかけたことがありました。だって変でしょ?悟りなんてものが幻影で、相変わらず同じことをやってりゃいいなら、なぜボブさんは人並み外れたオーラを持っていて、そのまわりに沢山の訪問者が来るのか。そこを蔑ろにしたら矛盾が生じてくる訳なんですよ。ボブさんは話をはぐらかしたりしますけど、ぼくは、ボブというマスターは謙遜してると思います。

アニメではキュートな一休さんは「『悟る必要はない。』と悟った。」そうです。
拓さんにはボブ先生が合ってるみたいですね。
自分も「先生!」と思える人に出会いたいです。

拓さんのように、ボブさんに会いに行くことをお勧めしますよ。世界中で普通に会ってくれるマスターは、世界広しといえどボブさんくらいだと認識しています。

コメント欄を借りて、すみませんがたいらさんに質問があります。たいらさんは、夢の中もしくは頭の中で、ボブと接触しているということですか?頭の中で追い払われているとはどういうことですか?ボブが夢の中で七変化とは?本題から外れた質問ですが、どうしても気になります。

まだ理解されていないと思うのですが、悟りを開いたマスターという人は、あなたの想像を超えるくらい凄い人なんですよ。絶対お会いする価値があると思いますし、たとえソリが合わなかったとしても、マスターと接触したこと自体、自分史上最高の思い出となって焼きついてしまうんです。さて質問なんですが、ボブと夢の中で関わっているのか?という質問なんですが、関わっていますよ。『そんなアホな!』と思われるかもしれませんが、そもそもマスターという人は、人の頭の中に出てきたり姿を消したりすることなんて、容易に出来てしまうんですよ。皆さんがそれを知らないだけで、インドのサイババ並みにすごい技術を持ったマスターは世界中至るところに居るんです。ですから、ぼくと一年近くに渡りセッションしてくれたマスターが、ぼくの頭の中に出てくることも、その視点を利用して見てくだされば幸いと存じ上げます。まだ質問がありましたらどうぞ

再度皆様にお願い。

格調高い精神世界のお話をしております。

まだ何日か続きますので、最後までじっくりと読まれたあとでコメントをお願いします。

明日は、エンライトメントについて、秘伝とも言えることを書きますが、どうぞあと10日ほど、じっくりと静かに読んでやってください。

拓さん、エンライトメントって悟りのことでしょ?“秘伝”とも言えることって、焼鳥屋じゃないんだから(笑)。勿体ぶらずにさっさと語っちゃいましょう。そして、共にブログを盛り上げていきましょう!

たいらさん、秘伝は選ばれし者だけにしか教えてもらえないから秘伝なんです。

もちろん、たいらさんは私と同じで選ばれし者だから教えてもらったと思いますが、他のみなさんは秘伝が知りたいはずです。

このブログは、機が熟した、ごく一部の人にだけ読んでもらえば十分なので、全然盛り上げなくて大丈夫です。

たいらさんはちょっとお休みしといてください。

拓さん。その秘伝のタレ、ぜひとも職人技で披露してください。よろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー・ボブ・アダムソン⑪(メルボルン):

« セイラー・ボブ・アダムソン⑩(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑫(メルボルン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ