« セイラー・ボブ・アダムソン⑮(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑰(メルボルン) »

2015年1月23日 (金)

セイラー・ボブ・アダムソン⑯(メルボルン)

Image

五感を開いて、意識をまんべんなく五感に向けて、この瞬間を生きる。

大事なところなので昨日の補足をもう少し。
私たちは、今まで受けた条件付けのせいで、様々なラベル(概念)を貼りつけて物を見ています。

あれが、拓ちゃん、あれがボブ、ギルバート、トビー、ラーム。人の名前もラベル(概念)にすぎません。
椅子、カーペット、時計、すべてにラベル(概念)が貼りついています。

マインド、宇宙、万物、こうした言葉もラベル(概念)です。言葉にした瞬間にラベル(概念)が貼りついて、そのもの自体ではなくなってしまい、概念になってしまいます。

すべては、one essence(ボブの語彙の中から別の表現にしてみましたが、純粋なる知性エネルギーのことです。アウエアネスも同じ意味です。)が、具現化して、現象(見せかけ)の世界に現れでたもの。

それに私たちが勝手に名前(ラベル・概念)を貼りつけてそう呼んでいるだけです。あなたの見ている世界は記憶というラベル(概念)で成り立っている。
ボブは、そのラベルをすべて取りなさいと言います。

ラベル(概念)を外せば、万物はみな同じ一つのもので、そこには境界はない。
そこには過去も未来もない。その瞬間だけがある。

私たちは、夜夢を見ますが、朝になると、それはどこかへ消えていく。
それと同じように、昼間も夢を見ているにすぎない。ただ違うのは、誰かが、これは夢なんだと叫んでも、誰も覚めることはないということ。すべては実体のない幻影。

私たちが見ている現実は、鏡の中に写っている風景と同じ。あたかもそこには何かがあるように見えるが、実際にはない。そして私たちは鏡。

鏡の中では、良いことも悪いことも起きる。
しかし、それを写している鏡(私たち)は、鏡の中に何が写ろうが、影響されない。

ある時誰かが、「ポジティブに考えた方がいいので、そうするようにしている」と言ったらボブは言った。

「鏡の中がポジティブだろうがネガティブだろうが、鏡は影響されない。シェイクスピアは言っている。良いとか悪いとかは、人間が勝手に決めていることで、本当は良いも悪いもないと。マインド(思考)そのものが善悪の間を二元的に動く。しかし、マインド、思考には何の実態もない」

私たちは、人生で起こる出来事を、(あれは良かった、これはひどかった)と勝手にラベルを貼り、(こんな良い事が起こってほしい、あんなひどいことは起こってほしくない)と考えます。でも、それはすべて自分で勝手に良いとか悪いというラベルを貼っているだけで、良いも悪いもないのです。

すべては鏡の中に写る出来事にすぎません。問題は、その鏡に映る一部分は良くて、一部分は良くないと勝手に判断することです。どちらも単なる幻影です。

思考がどこからくるかを突き止めようとしたり、それを良い思考、悪い思考と選別するのは意味のないこと。そこから抜け出す方法は、Full Stop!
この瞬間にとどまりなさいと言う。

すべてのラベルを剥がした時に何が起こるか。そこにはあなたを縛り付ける参照点も、過去も未来もなく、あるのは今この一瞬だけがあり、そこには何の問題もない。

ボブは、進行形の(-ing)の中に留まりなさいと言います。「私が~をする」と言った瞬間に、「私」が現れて、行動と私の間に分離が起きます。
五感(seeing,hearing,tasting,touching,smelling)は、私の思考以前に存在します。

試しにちょっと思考を止めてみてください。(タク、タク、タク、タク、Full Stop!)
そうすると、次の思考がやってくるほんのわずかの間、seeing, hearing, tasting, touching, smelling は一人でに自然に機能しています。

思考より以前にあるその瞬間、純粋なる意識、本当の自分を生きてみてください。

2015.3.17追記

ボブは、seeing, hearing, tasting, touching, smelling は、awereness(アウエアネス、意識、知性エネルギー)そのものだと言います。私の目が物を見ていると思っているのは間違いで、awareness(気づき・意識)の中に現象として物が現れている。目は単に器官として働いているにすぎず、awareness が無かったら何も見えない、という言い方をします。

見る人(主体)もおらず、見られる物(客体)も実在せず、seeing(アウエアネス、純粋な気づいている意識、知性エネルギー) だけが起こっているという言い方をします。ボブの言うアウエアネスとは、個人の気づき(意識)のことではなく、知性エネルギーのことです。(ボブは時々、個人のawareness  と区別するために、universal awarenessという言い方をする時もあります)

「でも、seeing(見ること)は、人間の目があるから起こっているのであって、私に属しています。もし、そこに私がいなかったら、つまり、私の目や耳が無かったら、そこにawareness は、あるのでしょうか?」と聞いた。

「例えば、あなたが眠っている時を考えてごらん。あなたは眠っていて、目も眠っている。ところが耳はどうだろう?もし、誰かが耳元で、起きるように言えば、あなたは起きる。あなたは眠っているが、耳だけが起きているというのではない。そうではなくて、そこにはアウエアネス(気づき・意識)そのものがある。あなたのアウエアネスが聞いているのではなく、アウエアネスがあなたを通じて機能しているにすぎない」

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« セイラー・ボブ・アダムソン⑮(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑰(メルボルン) »

 セイラー・ボブ・アダムソン」カテゴリの記事

コメント

アニメの「一休さん」や、小説「鉄鼠の檻」(京極夏彦さん)を、ぼんやりながめてきた自分には「なんかそんなこと言ってた(書いてた)なー。」と思う節のあることがチラホラありました。そもそもボブ先生が発明発見した思想?ではなく、昔からある考え方の流派?で日本人には違和感ないですよね。
ボブ先生は、どこかのお寺や何かの組織に所属して活動したいとは思ったことがないのでしょうか。
たぶんオーストラリアはキリスト教徒が多いので、何か「看板」をしょってるほうが活動しやすいように思います。(キリスト教の神さまは超キビシイ!信者さんも「神様がおっしゃること以外、間違い!」とか言っちゃう感じがします。)

サッカーは残念でしたー。今日は錦織君を見に来ています。10時の開場待ち中ですが、暑いです。今日の様子は、一週間ぐらいあとに書く予定です。ボブがながくてすいませんが、まだ一週間ほど続きます。

すいません。もう最終章と勘違いしていました。
静かにしています。申し訳ありません。(寝てても「ポチッ!」はします。)
錦織選手の応援観戦!うらやましいです。
鮮度が命なので、速報で明日の記事と差し替えなんてのもアリだと思います。

ボブ先生のお話がすばらしいのはよくわかりました。
でも実際のところ、拓さん自身はそれを理解してどのような変化がありましたか?
たとえば、人間関係とか仕事が拡がったとか、怒らなくなったり、イライラしなくなったりとか・・・・
どの教えもすばらしいですが、現実社会で生きていくうえで実際に何が変わったか知りたいです。

基本的には何も変わりません。

でも、もう何かを探して探究することはないと思います。

人間関係や仕事関係は、旅の途中なので何ともいえません。
私はもともと、そんなに怒ったりイライラするタイプの人間ではなく、どっちかというと、心配性のタイプです。

ボブを知って、あんまり心配しなくなりました。いろんな面で、安心している自分がいます。
心配や恐れ自体が、自分で勝手に抱いている概念(参照点)だと気づきました。

ボブがよくする例え話ですが、「踏んづけたヘビは、よく見たらロープだった」みたいな心境です。
これからも問題や心配事は次々と起こるでしょうが、もう以前のような現実感はないと思います。

他に変わった事と言えば、
自分はこういう人間だという概念で縛るのもバカバカしいと気づいたので、以前よりは人目を気にしなくなりました。

以前は将来の計画で頭がいっぱいで、旅から帰ったら、どうして食べていこうかなどと、あれこれ考えていましたが、今はまったく心配しなくなりました。
だって、物事は私の心配とは関係なく、起こることは起こるのですから。

みなさん、ボブの話ももうあと一週間ほどで終わってしまいます。
そろそろ、ご自由にコメントしてもらっていいです。ただし、気が向いたコメントしか反応しませんのであしからず。(真面目とか律儀というのも自分で貼ってるラベルですね)

ボブとのお別れの際は、是非とも熱いハグを交わしてください。マスターとの別れは大変な感動を生むものです。ぼく自身、マスターとお別れしたときは流石にジーンときましたよ。

やってみるよ。でも当分お別れしないよー。まだまだここにいます。来るなら早目においでよー。

拓さん、はやく帰ったほうがいいですよ。ボブさん、長居する日本人には鬱陶しがりますから(笑)

ボブは日本人大歓迎ですよ。

日本ではまだボブのことがよく理解されていないので、日本人が来ると、基本的な質問から始めるのですが、その辺の説明はボブがもっとも得意とするところなので、喜んで説明してくれます。

長居しても、部屋が満員で入れないなんてことは一度もなかったし、嫌な顔をされたことは一度もないですよ。

さすが拓さん。英和力が達者なだけあってボブ・ファミリーの一員になってますね。日本とオーストラリアの“溝”を埋めた方だとお察しします。これからもギルバート、ラーム、ビルなどのボブ・ファミリーと杯を交わしてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー・ボブ・アダムソン⑯(メルボルン):

« セイラー・ボブ・アダムソン⑮(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑰(メルボルン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ