« セイラー・ボブ・アダムソン⑥(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑧(メルボルン) »

2015年1月14日 (水)

セイラー・ボブ・アダムソン⑦(メルボルン)

私たちが見ている万物は実体のない幻影である。(上)

昨日、時間は私たちの思考の中にしかなく、実際には存在しないということを書きました。
もし時間が存在しないとなると、どういうことが起きるでしょうか?

例えば私たちは、A地点から別のB地点まで移動しようとした場合、時間がかかります。もし、その時間が実際には無いのだとしたら、移動に時間はかかりません。

つまり、私たちが立体的に距離を感じているこの世界そのものが成り立たなくなります。
私たちは、勝手にA地点、B地点という参照点を設定して、あたかもそこに距離があるかのように錯覚をしているだけなのです。

話は変わります。量子物理学者たちの研究によれば、物質を構成する原子をさらに細かく見ていくと、quark(クオーク)という、ものすごく小さな構成要素にまでたどり着くそうです。(この辺は私は詳しくないので正確ではないかも)

その小さな構成要素の大きさから考えると、その構成要素間の距離は、比例割合で言うと、宇宙空間の惑星の間ぐらい距離が離れているそうです。
要するに、私たちが物質だと思っているものの中味はスカスカの空間だというのです。

例えば、目の前の椅子(イス)に、ものすごく小さな乗り物に乗って侵入すると、そこは空間ばかりだというのです。
ではなぜ椅子に触れても手が椅子の中へめり込まないのでしょうか。それは、その小さな粒子がものすごい速さで振動しているからだそうです。ここまでは物理学者が突き止めているそうです。
要するに、私たちは、そこにある空間を見て椅子だと錯覚しているだけにすぎません。

話は変わります。どうしてこうコロコロと話を変えるかというと、ボブがあの手この手を使って、私たちが見ているすべての物は幻影だと説明するからです。
ボブは、「この部屋の中にある物を、ラベル無しで見てごらん」と言います。

部屋の中には、椅子、壁に掛かった絵、天井のライト、絨毯、戸棚、そこにいる人たちなどが見えます。
私たちは、子供の頃から、様々な体験を通して、椅子や壁にかかった絵、天井のライトというものが何であるか、それがどういう働きをするのかを学んでいます。

その学んだことがラベル(概念)となって、一つ一つのものに貼り付いているために、椅子や天井のライトを認識することができます。
もし、そのラベルをはがして、生まれて初めて見るような感じで部屋を眺めたら、一体どうなるでしょうか。

果たして私たちは、椅子を椅子として認識できるでしょうか。それが座る道具だと認識できるでしょうか。
もっと極端なことを言えば、部屋の中の立体感(奥行)さえも、経験的に学習したことなので、遠近感も消えてしまう。

そうなると、そこに椅子があるかどうかも認識できなくなって、単なる色が存在するだけのようにしか見えない。そうなると、椅子だけ浮き上がって見えることはなく、周りの色と同化して、何があるのかわからない。

話は変わります。ボブは言います。
「実在する物の定義は変化しない物だ。あなたの体は生まれた時から細胞はすべて入れ替わり、毎日変化していて、昔の体はどこにもない。そんな物が実在する物と言えるだろうか。椅子でさえも年月が経てばやがては消えてしまう。人も自分もやがては消えてしまう。ところが実際には他のエネルギーに変化するだけで消えたりはしない。あなたたちは幻影を見ているにすぎない」

インドに古来から伝わるアドヴァイタ哲学では、「万物は、他には何もない一つのもの」と説きます。
「一つのもの」と言えば手っ取り早いのですが、一つのものという表現を使うと、他に何かあるという印象を与えるので、「他には何もない一つのもの」と表現するそうです。

万物は実は「他には何もない一つのもの」。椅子も壁に掛かった絵も天井のライトも、私も、あなたも、実は「他には何もない一つのもの」。
それがあたかも別々の物であるかのように見えるのは、人間の意識がそのように認識しているだけの錯覚。実体のない幻影。

ボブの教えでは、私たちの見ている世界を顕現または見せかけ、現象と言い、非二元の本当の世界を実在、実存と言います。

顕現、見せかけ、現象の世界は二元性の世界で、それはそのように見えているだけで、非二元性が本当の世界だと言うのです。

今日のところはちょっと難しいところのなので、明日また表現を変えて説明します。

注:ボブは、万物は一つのもの(one without a second)だと言います。これは直訳すると、(もう一つのものがない一つのもの)もしくは(二つではない一つのもの)と言う意味ですが、それだとわかりずらいので、私の場合は、「他には何もない一つのもの」という表現で統一します。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« セイラー・ボブ・アダムソン⑥(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑧(メルボルン) »

 セイラー・ボブ・アダムソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー・ボブ・アダムソン⑦(メルボルン):

« セイラー・ボブ・アダムソン⑥(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑧(メルボルン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ