« セイラー・ボブ・アダムソン㉑(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン㉓・最終回(メルボルン) »

2015年1月29日 (木)

セイラー・ボブ・アダムソン㉒(メルボルン)

The Spiel⑤

今みなさんにお尋ねしますが、今みなさんは見ていますか?
そう、みなさんは今この瞬間見ていて、改めて見ることを始める必要はないとわかっています。

今朝起きたときに、あなたは見ることをわざわざ始める必要はありませんでした。見ることは即座に起こり、聞くことも同様でした。

あなたが目覚めた時、聞くことを始める必要はありませんでした。
聞くことは起こっていて、そのままずっと一日中続いています。

もしあなたが眠っている間に誰かが呼びかけたとしても、あなたは依然として聞いています。聞くことをわざわざ始めたわけではなく― 一日中ずっと続いている。
それはあたかもあなたの呼吸、心臓の鼓動やその他の生理機能のようなものだ。

見ることはあなたの目を通じて起きるが、目はあなたに、「私が見る」とは言わない。それは、それを通して見ることができる器官に過ぎない。
それから、あなたは思考を使って、「私は見る」という思考に変換する。

思考が「私は見る」と変換すると、あなたはその存在― 「私」が見る能力を持っていると信じてしまう。
物事を良いとか悪いとか判断することも、すべてこの架空の存在と関係する。

そのように見ることは目を通じて起こり、思考によって、「私は見る」と変換される。
聞くことは単に耳を通じて起こり、「私は聞く」という思考に変換される。

しかし、「私は見る」という思考が実際に見ることができるのか?思考が聞くことができるのか?

あなたが気づいているという思考が気づきなのか?あなたに思考がやって来る以前にあなたは気づいている。
あなたが選ぶという思考が実際に選ぶのか?

私たちが非常に重要だと考えている、この思考でできた存在には、見たり、聞いたり、考えたりする能力はない。
考えることは自然に起こり、思考によって変換される。その思考でできた存在はそれらのどれをする能力も持っておらず、実体や独立した性質を持つものではない。

すべては一つのエッセンス、一つのエネルギー、それと同一の認識する空が、すべての顕現を様式化し、形造り、具現化する。そこには驚くべき知性が宿っていて、あらゆる姿や形となって、常に現れている。

ニサルガダッタは言った。「自分ではない物のフリをするな、また、本当の自分を拒絶するな」
私たちは本当はあの純粋なる知性エネルギーだということを認識しないで、見せかけを本当だと信じて、分離した存在として振る舞っている。

エネルギーのパターンが具現化し、パターンがあちこちに現れ、パターンが消えて行くが、本質は変わらないままだ。その本質は崇高で遍在、それがあなただ。

さて今ここで話したことをちょっと調べてみよう。そしてこれは限られた人だけのものではなく、自分自身で本気で調べてみようという人たちのものだ。

誰もあなたにこれを与えてはくれない。あなたは自分でこれを調べなければならない。さあ今、このまま続けて、始めてください。

-Sailor Bob Adamson

The Spielを①から読む方はこちらから。

The Spiel を①から⑤まで、まとめて読む方はこちらから。

セイラー・ボブ・アダムソンの記事を①から読む方はこちらから

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« セイラー・ボブ・アダムソン㉑(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン㉓・最終回(メルボルン) »

 セイラー・ボブ・アダムソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー・ボブ・アダムソン㉒(メルボルン):

« セイラー・ボブ・アダムソン㉑(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン㉓・最終回(メルボルン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ