« セイラー・ボブ・アダムソン⑰(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑲(メルボルン) »

2015年1月25日 (日)

セイラー・ボブ・アダムソン⑱(メルボルン)

長々とセイラー・ボブ・アダムソンのことについて書いてきましたが、一番良いのはボブ本人の話を直接聞くことです。
そこで最後に、ボブ本人の話を翻訳掲載します。

私が読んだ書籍の中では、カリヤニ・ローリー、ピーター・ローリーが編纂した書籍「A Sprinkling Of Jewels」のP7からP15までが、いつも行われるボブの講和の冒頭部分をもっともうまく再現収録してあるので、カリヤニ、ボブ両名の了解のうえ、ここに翻訳掲載します(全5回)。

出典は以下の本のP7からP15までの、The Spielの部分。

A Sprinkling Of Jewels」Kalyani Lawry & Peter Lawry編纂

この本はボブの講和の冒頭の部分(私が翻訳する部分)に続き、厳選された短いボブの言葉とともに、ボブ本人と彼の自宅とその周辺を撮ったコンパクトな写真集になっています。非常に美しい写真集で、中の英語もわかりやすく、英語がそれほど得意ではないという方にもお薦めの一冊です。
上のサイトで購入すると、36ドル(本と送料込代金)でカリヤニがオーストラリアから送るそうです。

ボブは自分の話を、冗談まじりに、The Spiel(長い演説)と言って話を始めます。

***

The Spiel①

ここでは、あなたに何も教えはしないし、何かを伝えるわけでもない。
あなたにポイントを指し示し、あなたが自分でそれを調べるようにと求めているにすぎない。

たとえあなたが何を信じていようが、何を言われていようが、誰かがあなたに何かを与えることもなければ、あなたが受け取ることもない。
それは、あなたがもうすでにそれなのだという何かであり、あなたはそのことに気がつきさえすればいいだけのこと。

そのことは、あなたがもう知っていることなのだが、もう一度再認識する必要がある。なぜならそれは容易に見失われるものだからだ。
このことは、信仰や宗教とは関係がなく、概念や知識とも違う。そしてまた目新しいことでもない。

詳しく調べれば、このことはすべての偉大な伝統に含まれていて、その基礎となっているとわかるだろう。それは明快かつ直接に、あなたの自然な状態を指し示すものである。

あなたは、もうすでに、あなたが探し求めているものなのだ。探し求めることこそが問題だ。なぜなら、探し求めるということは、将来に見つける何かがあるということを意味しているからだ。

例えばヒンズー教では、彼らはそれをアドヴァイタと呼んでいるが、それは非二限性と翻訳される。非二限性を説明するために彼らは「他には何もない一つのもの」という表現を使う。それは、一つという概念でさえ、他にもう一つのものがあることを暗示しかねないからだ。
「それ」以外のものがあるという考えを打ち消すために、彼らは「他には何もない一つのもの」と言う。

仏教の伝統の中にも同じことがある。ゾクチェンはその究極の教えだが、その中で、それは非概念的で、常に新鮮、遍在する意識そのもので、それ以外のものではないものと言われている。繰り返しになるが、「それ」はそこにあるすべてを指している。

多くの伝承や聖典は、いわゆる真理や実存について伝えているが、それは遍在、全能、全知のものであるという。それは三つのもののことを言っているのではなく、一つのものの三つの側面― 完全な遍在性、完全な力、完全な知性のことだ。

この完全性の他に何があると言うのか。そしてその完全性の中で、何を、そして誰が探しているというのか。

あなたは、私たちがそれぞれ分離した存在、個人だという誤った信念を抱いていて、その誤った信念のせいで、自分が完全ではないと感じているのに気づくだろう。
その分離の感覚が起こると、不安定で傷つきやすくなり、そこから探し求めることが始まる。

それは、物事の道理がわかり始める二歳ごろから始まる。以降、人は安全を探し求め、そのことが問題となる。
分離した存在という二元的な考えから始めて、非二元性を手に入れようと試みるが、それは不可能だ。なぜならもともと分離などないからだ。

多くの文献や聖典では、このことを顕現と読んでいるが、それは見せかけのことを言っているにすぎず、それはそのように現れるしかない。
もし詳しく調べるなら、それがバイブレーションとなって現象として現れなければ、どんな顕現も現れえないということがわかるだろう。

夜なくして昼があるだろうか、ざわめきなくして静寂があるだろうか、静止なくして動きがあるだろうか、夏なくして冬があるだろうか、引き潮なくして上げ潮があるだろうか。

すべての顕現は形造られ二元的に現れる。しかしそれは束の間のものだ。それは常に変化し続け、定義づけできず、実在とは言えない。
実在の定義は決して変化しないものだが、顕現は常に変化している。それはそのように見えているにすぎない。

私たちはそれが現実で確固とした実体あるものだと信じ込んでいる。それも詳しく調べれば、本当のことではないとわかるだろう。
あなたはあれやこれやを信じているかもしれないが、絶対的に確かだと言えることは何だろう?
あなたは、自分が実在すると信じているのか、それとも自分が実在することを知っているのか?

信じているということと、知っているということでは微妙な違いがある。あなたは知っていることを否定することはできない。「私はいない」と言える人は誰もいない。
そのことについて、あなたが何を信じていようと、実際にはあなたは自分がいるということを知っている。

しかしながら、自分が何なのかということを、あなたは知らない。あなたはある種の概念を身につけ、自分が知っているということと結び付けている。
そのことが現実― あなたが一度も分離したことなどないという現実を直視するのをさまたげている。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« セイラー・ボブ・アダムソン⑰(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑲(メルボルン) »

 セイラー・ボブ・アダムソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー・ボブ・アダムソン⑱(メルボルン):

« セイラー・ボブ・アダムソン⑰(メルボルン) | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン⑲(メルボルン) »

カテゴリー

無料ブログはココログ