« セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 6 | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 8 (最終回) »

2016年2月28日 (日)

セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 7

ボブの教えの一番大切なところ

What's wrong with right now? if you don't think about it.(今そのことを考えなかったら何も問題ないじゃないか)

これはギルバート・シュルツがボブのミーティングの録音から編纂した本の題名です。この本がもとでボブのことが多くの人に知られるようになりました。

この「What's wrong with right now if you don't think about it.」という言葉は、ボブがよく使うポインター(ヒント)の一つですが、なぜギルバート・シュルツが、数あるボブのポインターの中からこの言葉を選んで題名にしたかというと、これがボブの教えの中でも、特に大切なところと考えているからではないでしょうか。

私も、この言葉がボブの教えの核だと思っています。
この言葉の意味するところは、私たちの問題はすべて、自分の思考が作り出しているという意味です。

何か問題が起こったら、ボブの言葉を思い出してください。自分など存在しない、誰もいないのだから問題など起こりようがないと理解するのが一番ですが、そこまでの理解に至っていなくても、起こっている問題は何なのか、それは単なる思い込みではないかと疑ってみてください。

愛する人が去ってしまった。もうあの人の愛がえられないと涙にくれている現実を前にして、傷つく「私」は実在しないのだから悲しむ必要はないと思っても、なかなか受け入れがたいことかもしれません。

いくらそれは実在ではなく概念だから悲しむ必要はないと言っても、悲しんでいる当人には受け入れがたいことでしょう。

でも、考え方を少し変えるだけで、状況の見え方は全然違ってきます。
自分が悲しんでいるもととなっている思考は何なのかを見つめてみたらどうでしょう。

愛する人が去ったのは、もっと大切な人に出会うためだという思考が持てるなら、また、今は恋愛ではなく、もっと大切な何かに打ち込むべきだと天が合図してくれているのだと考えられるなら、泣いている暇なんてないはずです。

問題を作り出しているのは、思考からくる概念です。そしてそれに巻き込まれ、しがみついているのは、そこにいるはずのないあなたです。それに気づくことこそがセーラー・ボブの教えの神髄だと思います。

セーラー・ボブの教えは、ある時何かが起こって、何かが変わるという教えではありません。エンライトメントも、特別な理解もありません。セイラー・ボブの教えは、学んで理解するだけではだめで、実践しないと意味がありません。

セイラー・ボブのまわりには、何年も通っている常連がたくさんいますが、彼らは皆、セイラー・ボブの教えをよく理解しているし、精神世界にも精通した人たちです。

ある時6人でカフェで話をしていたら、全員が過去にインドのどこかのアシュラムで瞑想したことがある人たちで、オタクばっかりだと笑ったことがあります。
彼らは様々な方法で何年も瞑想したり、探求してきた人ばかりです。

その彼らが、なぜ長年ボブのところへ通っているかというと、ボブの教えを日々の生活の中で実践しようとしているからです。
ボブは言います。空気が透明なのは皆知ってはいるが、空は青く見える。青い海の水をバケツ一杯汲んで来いと言っても、海の水が実際は青くないことはみんな知っている。
いくら教えを理解しても、「私」は現れるし、問題も次々と起こってくるように見える。

セイラー・ボブがインドのニサルガダッタ・マハラジのもとで教えを学んで帰ったあとでも、経営していた農場が流されたり、病気に苦しんだりと様々な問題がボブに起こりました。
そんな時ボブは、マハラジの教えを思い出し、起こっていることは単なる見せかけの現象で、そこには何もないんだということを繰り返し思い出したと「ただそれだけ」に出てきます。

また、ボブの師であるニサルガダッタ・マハラジは、「私が死んだあとに娘たちはちゃんと生活していけるだろうか」と絶えず心配していたと「Living Reality」に出てきます。

生きている以上、問題は避けられないし、心配の種は尽きません。それが私たちが身を置く二元性の世界なのです。
ボブの教えは、ある時エンライトメントが起こって恍惚感の中で暮らせるという教えではないのです。

ボブはlife essence という言葉を使います。これもアウエアネスのポインター。体に目や脳があっても、そこにlife essenceがなければ、あなたは見ることも聞くこともできない、というふうに言います。要するに、アウエアネス・知性エネルギーがなければ、体は機能しないよと言っています。なぜなら、私たちはその現れだからです。

ボブはまた、"Live your livingness."と言います。livingnessという言葉も、ボブがよく使うポインターの一つです。あえて日本語に訳すとすれば、「生き生きとした命」。生き生きとした命を生きなさいという意味です。

ボブの教えは、どうせ私は実在しないし、世界は幻なんだからと、厭世的にしらけて生きろという教えではありません。
むしろその逆で、あなたが思考にとらわれることなく、livingness に身を任せて生きるなら、もっともっと可能性が広がるよと教えています。

努力が必要な時には自然に努力が起こります。考えなくてはいけない時には自然に思考がやってきます。
問題や思考に縛られて動けなくなったら、心配するのをやめて、五感を開いて livingness に身を任せてください。内在するインテリジェンスが自然にあなたを別の展開へと運んでいきます。

あなたは自分で仕事やパートナーを選んだと思っているかもしれませんが、そもそも、その選択肢を用意したのは誰ですか?

あなたが生まれてすぐ、まだ目も開かない時に、どうやってあなたは母親の乳房を捜しだして吸ったのですか?

あなたの体や両親、境遇を、あなたは自分で選んで生まれてきたのですか?

あなたが自分で何かをしたことなど一度もなかった。好むと好まざるとにかかわらず、物事は自然に起こり、自然に変化してゆく。思い煩うことは何もないのです。

You are being lived. あなたは生かされている。

***

以上で私の説明は終わりです。でも、やはり最後はボブに登場してもらわないといけません。そこで明日は最終回として、ボブの本「Sailor Bob Adamson Inter-view」からの抜粋翻訳を結びとして掲載します。

私は、前回日本に帰ってから、ボブとギルバートの以下の本を何度も読みました。

ただそれだけ―セイラー・ボブ・アダムソンの生涯と教え

A Sprinkling Of Jewels」Kalyani Lawry & Peter Laery編纂

What is Wrong With Right Now? if you don't think about it!」Gilbert・Schultz編纂・ebook

「Beyond Words Beyond mind 」Gilbert Schultz編纂・booklet

「Sailor Bob Adamson Inter-view」booklet

「Who do you think you are」Gilbert Schultz著(内容はギルバートの著作)

「Everything is Clear & Obvious」Gilbert Schultz著(内容はギルバートの著作)

中でも特に参考になったのは「What's wrong with right now? if you don't think about it.」と「Sailor Bob Adamson Inter-view」ですが、ギルバート・シュルツの二冊の本も助けになりました。

また、今回メルボルンに行くまでは、ボブ以外のアドヴァイタ関連には手を出さないと決めていたので、ギルバート・シュルツが主催するUrban Guru Cafeというサイトは聞いたことがありませんでした。

このサイトは、ギルバートが本物だと認めたアドヴァイタ関連の人々にインタビューしたものやスピーチをPodcastで聞けるというサイトです。

ボブはもちろん、ボブの師であるニサルガダッタ・マハラジを始め、ラメッシ・バルセカール、キャサリン・ハーディング(ダグラス・ハーディングの奥さん)、J・クリシュナムルティ、UGクリシュナムルティ、トニー・パーソンズ、レオ・ハートン、グレッグ・グッドなどが登場します。

人に勧められて、今回
メルボルンにいる間に、このサイトを全部聞きましたが、すばらしいものが多い。

このサイトはボブの教えを理解、確認するのに大いに役立ちました。言い方や説き方は全く違いますが、ボブと同じことをそれぞれの人のやり方と言い回しで説いています。

ボブよりはきれいな英語を話す人ばかりですので、英語で聞いてみようという方はぜひ聞いてみてください。

また、以下のサイト(You-Tube)で最新のボブのミーティングを配信しています。ボブの英語は手ごわいですが、中に英語字幕付きのものもあるので、英語で直接聞きたい人はこちらで。

Sabineのサイト。

明日に続く。

« セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 6 | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 8 (最終回) »

 セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび」カテゴリの記事

コメント

拝読させて頂きました。セイラーボブアダムソンふたたび7は、まさに拓さんの悟りに一歩近づける内容に相応しい充実感を感じました。拓さんのTwitterも拝読させて頂きましたが、メルボルンでの魂が高揚する半年間の日記に自身の疑似体験を重ねて感動させて頂きました。しかも、拓さんが自身のことを“オタク”と豪語されている背景を考えると、拓さんの悟りに対する真剣な取り組み方を感じずにはいられません。セイラーボブアダムソンふたたび7は、まさに第3者にコメントをついつい書かせてしまう濃密なブログだと存じます。よくよく拝読させて頂きますと、拓さんのお父様の脳溢血のストーリーは、アル中に苦しみながら羊毛刈りに明け暮れ、断酒会に参加しながら同じアル中たちと一喜一憂するセイラーボブアダムソンの若かりし頃を彷彿とするストーリーと酷似していて、お父様の謎解きを解明するに相応しいアドバイザーがセイラーボブアダムソンだったことはまさに奇跡の一致だった可能性があると存じます。

Twitterはやってないので、ブログのことですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 7:

« セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 6 | トップページ | セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび 8 (最終回) »

カテゴリー

無料ブログはココログ