21フィンランド

2013年8月19日 (月)

スオメリンナ島日帰り

ユース→靴を買いに郊外の駅へ→スープレストランへ→港→スオメリンナ島→市内見物→ユース

今日は朝から大雨。観光は中止にして靴を買いに。
昨日、靴底が、もう半分ぐらいはがれていると判明。
朝から地下鉄で、郊外に行けば安い店があるはずと、7駅向こうの駅で降りたら、大きなショッピングセンターがあって、そこのecco ショップでバーゲンしていたので買いました。

001124ユーロ(17980円)が74ユーロ(10730円)になっていた。
左が10年ぐらい履いた靴で、右が新品なんですけど、新品の方がくすんで見えるのはなぜ?

続きまして、本日二つ目の任務。
友人の紹介してくれたスープレストランへ行く。
ハカニエミ(地下鉄)の近くにあるスオッパケテイオという店へ。

008
魚や肉を売っている市場の中にある店でした。

007
シーフードスープ(ブイヤベース)食べました。うまかった~。
以上、本日の任務完了。まだ外は雨。11時。

012なんとなく港の方へブラブラと。
港に着いたら晴れてきたので、世界遺産(文化遺産)の島のオスメリンナ島へ行くことに。

019フェリーで15分で到着。

023
この島は海上の要塞として重要な文化遺産として世界遺産に登録されているのですが、ガイドブックを読んでも、何が重要なのかさっぱりわからず。

027小さな島で、2時間もあれば見えます。

033今でも800人が住んでいるそうですが、何をしているのか不明。

034
軍事要塞。

037
これといって見る物もなく、つまらんところだな~、と歩いていたら、誰かが"Taku~"と呼ぶ。
ワシはまたポーランドの人かな、と思ってそっちを見たら、昨日ホステルで会話したケンがベンチに座っていた。

何もない島だね~、とか言ってしばらく会話。それから一緒に島を観光。

038ワシ、この旅で今までに日本の人とは2回ぐらい一緒に外出したことがあるけど、ちょっとビール飲みにいったりする程度で、誰かと一緒に観光したのは初めて。基本的には一人の方が好きです。人と歩くのは面倒だし、シャイなので。
でも、島なので、二人とも行くところは船着き場だし、「じゃあ俺はちょっと用事がある」とも言えず。

042島を一緒に見て、同じ船で帰ってきた。

047港に着いたらケンが「次はどこへ行こうか?」って聞くんです。

049それで一緒に観光することになって、ワシが初日に見た大聖堂や寺院へ案内して、その後、ケンが Kallio というエリアに古い街並があるそうだから見たいというので、港からずっと歩いた。

052半日一緒に観光して、最後は一緒にバーに行って一杯。
そこはWi-Fiがフリーだったので、そこからSkypeで彼女まで紹介してくれた。
この旅でメール交換した外国人はケンが初めてです。

ケンは中華系のシンガポール人で、軍人の21歳。
システムはよくわからないけど、官費(国費)で大学へ行っていて、その中から選抜されて9月から半年間ヘルシンキに留学する予定。すでにドイツにも留学経験があるそうです。
そのかわり、大学卒業後、8年間は軍隊勤務が義務付けられているが、その後は選択により自由だそうです。

バーでケンが勝手にワシの写真をバシャバシャ撮って、Facebookに載せるよ、だって。友人にしか公開してないというので、まあいっか。
じゃあ、ケンの顔もブログで公開していいかって聞いたら、もちろんだって。
明日ワシと一緒にロシアへ行くと言うので、ビザが要るよと言うと、彼女にSkypeして調べてもらって、あきらめていました。
すっごく性格がいいのでびっくりです。

057_3

ヨッシーさん~、タリンはすばらしかったです。今日も宿のWiFiにブロックされてコメント欄から返事ができませ~ん。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月17日 (土)

ロバニエミからヘルシンキへ

ロバニエミ(夜行列車)→ヘルシンキ駅→(徒歩)市内見物→(地下鉄)ユース

ヘルシンキに朝7時に到着。

052_3
駅に荷物を預けて行動開始。

053
これは駅のメインのコンコース。とても一国の首都の駅とは思えないほど小じんまりとしている。それはオスロもストックホルムも似たようなものだったけど、ヘルシンキはそれに古さが加わる。

054駅の前がゴミだらけ。スパゲッティー王国みたいだぞ~。

056
人の波に乗って、港のマーケットへ。

079うまそうなサーモンや燻製を焼いていたぞ。さっきマックで食べなきゃよかった~。

080
この町は北欧の中でも一番日本人がたくさんいるぞ~。直行便があるからか~。

058
ミーがいたぞ~。
069
ウスペンスキー寺院。

073ヘルシンキ大聖堂。

076
この、平屋の横丁の長屋みたいなのが、大統領官邸。女性兵士が一人で警護していた。

084
ヘルシンキは小さな町で1日観光すれば十分やね。午後から雨が降ってきたので買い出ししてユースへ。安いポテチみつけて買いましたが、ビールは相変わらず高い。
この国も日曜には酒を買えないみたい。これを書きながら今日のぶんと明日のぶんのビールを飲んじゃったので、明日は禁酒です?買いに行きたいけど、酒屋そのものが簡単にはみつからない。
明日のぶんとしてとっておくことができない性格なんで、曜日によって酒が買えないのは困るんですけど・・・。
085
昨日夜行に乗った駅が、ロバニエミ(ろばに笑み)で、今日地下鉄に乗ったのがハカニエミ(墓に笑み)。

ユースのある駅が

086
そうないねん、とは発音しないんやろうね。

***
ヨッシーさん、昨日コメントありがとうございます。宿のWiーFiの都合だと思いますが、コメント欄から返事ができないのでこちらから。

一等列車は、特別な路線(モンサンミッシェルやベルゲン行)以外はガラガラでした。でも、高速列車に乗るには指定券が要るので、前日までには予約購入していました。 一足お先に、まもなくシェンゲン域を出ま~す。

質問、コメントをお待ちしております。お気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月16日 (金)

トロムソからロバニエミ経由ヘルシンキへ

ホテル→トロムソバス停→(バス9時間)ロバニエミ→(夜行列車13時間、明朝7時)ヘルシンキ到着予定

今日は移動日です。明日の朝、ヘルシンキへ到着予定です。

ユーレイルパスを使った3ヶ月の旅も、まもなく終了。今回のヘルシンキへの移動が最後です。

そこで今日は、ユーレイルグローバルパスを使った感想を書いておきます。
一言で言って、これほど便利なものはない。このパスのおかげで、有意義な旅行が楽にできた。

まず、パスの元を取ったか。十二分に取りました。たぶん正規料金で行ったら倍以上のお金がかかるはず。

ユーレイルグローバルパスは一等に乗ることができるし、わずかな追加料金で高速鉄道に乗ることができる。それがどんなに楽な旅かは、日本で新幹線に乗ってあちこち行く旅を想像すればわかるかと思います。

と、ここまでは朝ホテルで書いて、タイマー投稿しておいたんです。そして今、18:10分発の夜行列車に乗って、今の今、列車が出発しましたが、一等個室寝台に乗ったら、Wi-Fi飛んでいるんで書き足してます。やっぱりユーレイルグローバルパスです。

002朝7:30発のバスで橋を渡ってトロムソ島を出ます。

006
景色がず~とすばらしいので、載せておきます。

010

012

016

018森林限界を超えているので、白樺やブナの木ばかりです。

020

025
今日9時間バスに乗ったけど、ぜんぜん飽きない。ず~と、こんな景色ばっかし。もう、いや~ん。

027_2フィンランドに入ったころに、道端に大きなトナカイがのっそりと立っていた。
いや~、写真撮れなかった~。観光バスではないので、猛スピードで素通り。

039_2
しばらくしてバスがドライブインに休憩で止まったら、その前の道路に10匹ぐらいトナカイが歩いていた。普通にいるのね。

031

033_2
035_2

036乗客は10人ぐらいで、喜んで写真撮っていたのはワシだけ。やっぱりサンタの国なのね。

043そして今乗っているのはこれ。
サンタクロース・エクスプレスというらしい。

044

逆光なので写真撮るために窓半分閉めてます。まだ明るいんですよ。

044_2
個室でトイレ・シャワー付き。追加は36ユーロ。
まだ出発して30分ぐらいで、森林の中をゆっくり走っています。
列車でシャワーなんて、バスコ・ダ・ガマ号以来。ついでに洗濯しようかしら。

あとで食堂車行って、ろくでもない飯食って、ビール飲む予定ですけど、それが済んだら、今日はたぶん、なかなか暮れない北欧の車窓を見ていると思います。

質問、コメントをお待ちしております。お気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ