22エストニア

2013年8月18日 (日)

タリン(エストニア)日帰り

ユース→(地下鉄)ヘルシンキ中央駅→(徒歩)港→(高速艇)タリン→タリン見物→(来た道を)ユース

009
高速艇に乗ったら、ウエイターが飲み物と軽食のオーダーを取りにきた。
"Is this free?"「これって無料?」て聞いたら、そうだって。
他の人がコーヒーぐらいしか注文してなかったので、ワシも遠慮してビールとサンドウイッチに。一般席が売り切れで、ビジネス席にしたらこのサービス。いいじゃん。

017タリン到着。
すばらしいところだったので、写真増量しときます。

018
降りてすぐ目に入った街並みがもうきれい。

01910分ぐらい歩くと、旧市街の門がが出てきた。ここも城壁の町。

024街並がきれいに保存されています。

029
聖オフレ教会に入ったら、Entrance to the church is free.教会は入場無料の札。(塔に登ると有料)
英語は不定期掲載でいきます。心掛けてはいますが、なかなかいい題材がなくて。

028中に入ったらミサをやっていて、讃美歌を歌ってた。
ポップス調で、ノリのいい感じで良かった。
3曲ほど聞いていたら、神父の話が始まったので退散。

032
教会は大きすぎて写真に入らないけど、4枚目の写真の塔の教会です。

033

034

039
ラエコヤ広場へ

042

043すばらしいです。
テラスレストランで食べたくなるのをこらえて、近くにあるエストニア料理のレストランへ。

045
感じのいい店。タリンはヘルシンキよりもぐっと物価が安いのでレストランへ。

046
サーモンのグリル。薄いクリーム味がベース。うまい!
ビールと合わせて16ユーロ(2300円)。
世界遺産の町のレストランで食事してこの値段は今までで最安値かも。

と、ここまでベッドの上で書いていたら、シンガポールから来たケンという学生が話かけてきて、トーク。ワシ、あんまり人に話しかけたりしないけど、よく話かけられる。ま、ユースっちゅうのはそうゆう場所なんやね。彼は9月からこっちの大学で勉強するまで旅行中だそうです。

059
アレクサンドル・ネフスキー聖堂。

061王宮。

064

069
タリンはいい街でした。

どうでもいい話ですが、ヘルシンキでは日曜日でも酒買えます。ワシの「地球の~」は古い。さっきキオスクで試しに買ってみたら買えました。でも、ハイネケン500ml1本4ユーロ(580円)はなんとかならんか!タリンで買おうかと思ったけど、買ったら冷えてるうちに飲むやろうし・・・、船でもタダで飲めるし・・・と。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ