23ロシア

2013年8月27日 (火)

モスクワのファーストフードはこれで決まり。

ホステル→(徒歩)市内見物→ホステル

朝、クレムリンの前の地下道を通ったら、レーニンが変身中だった。

003歩いていくと、人の列。何だ?

002劇場のチケット売り場でした。出勤前にチケットを買うんやね。

005そして昨日休館していた救世主キリスト教会。新しい教会で、中はきれいでした。ロシア正教会の教会なので、たくさんの絵が書いてあった。

続きまして、プーシキン美術館・ヨーロッパコレクション部

011この美術館は、ヨーロッパ絵画の印象派のコレクションをたくさん持っている。

マチス、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、ピカソ、ドガ、モネなど。なかでもマチスとセザンヌは多い。

015_2シャガール。

016
ピカソは若い頃の作品を中心に数点。

017_2ルソー。

021_2マチスはたくさんある。

022
ゴッホのオーヴェルの景色の絵。遠くで汽車が走っている。この旅でオーヴェルも訪ねたので、こみ上げてくるものがあった。
023_2
ゴーギャンの部屋は窓が多くて反射して写真がよく写らないので斜めで撮った一点だけ載せておきますが、ここのゴーギャンのコレクションは、すばらしいです。

今までゴーギャンの絵を見てもそれほど感動しなかったけど、今日は参った。

どうしてこんなにたくさん印象派の絵がロシアにあるんでしょうか。
この美術館は大きくないし、展示点数も多くない。人も少ないので、エルミタージュのように時間はかからない。ゆっくりと二周したあと、何度も行ったり来たりしました。
この美術館はまったくすばらしい。

024この少女の絵は誰の作品かは知りませんが、ワシが思うロシアの美人って、この子を大人にしたような感じです。

金髪で、青い目。白くて、気が強そうだけど優しいかも。

まあ、別に金髪じゃなくても美人はいっぱい歩いていますけど。
026隣のプーシキン美術館は何かの企画展をやっていて長蛇の列。
ここには印象派の絵はないはず。垂れ幕を見る限りでは守備範囲外だったのでパス。

昼飯を食べようと、クレムリンの前の地下のショッピングモールへ。

027_2昨日、ここの地下のフードコートでうまそうなものを見つけた。

029_2
ここは Subway やケンタッキーもあるが、半分はロシアのファーストフード店が入っている。

ワシのお目当ての店は、頼むと、アルミホイルに包んだ大きなジャガイモをふかし機から出して半分に切って、まずバターとチーズを乗せてコネコネ。
生地ができたところで客のリクエストに答えてトッピング。

032_2
きのことハムサラダを選択。

036
こんなもん、うまいに決まっとる。

ところがモスクワっ子は、隣のケンタッキーが一番人気。値段もケンタッキーの方が高いのに・・・。

午後からは特に予定もなかったので、「地図に載ってないエリアを歩こう」ツアーを実施。
こういうことをするとまた迷子になりそうやけど、とにかく真っ直ぐ行って、真っ直ぐ帰ればええやろと。

042_2公園の中を延々と行きます。

043真っ直ぐ行くつもりでしたが、途中にこんな建物が見えたのでそっちへ。

045チェスカモスクワのスタジアムか?

052
外周はショッピングモールになっていました。一周したが、中央へ行く通路はみつけられず。

ホステルに帰って聞いたら、オリンピックスタジアムで、中にプールもあるそうです。あまりにも普通の顛末でがっくり。

047
これは自動車の運転免許を取るための練習場所。学校でもなんでもなく、空き地。でも横に教官が乗っていて教わっていた。
053またバリバリのブラントデパートがあった。けっこうあちこちにあるみたい。

今日は迷わずに帰りましたよ~。

昨日まで、モスクワに来てからあまり人と触れ合ってなくて、この町にあまり良い印象がなかったけど、昨日食堂でシャモニーから来たカップルとお話しして、この町の印象もいい感じで後にします。

明日はイスタンブールです。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。
↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月26日 (月)

モスクワで迷子になって、半泣き!

ホステル→(徒歩)市内見物→ホステル

今日は快晴。最高気温18℃。ちょうどいいぞ~!

まずは救世主キリスト教会へ。

009なんと、月に一度の休館日。「地球の~」を読めば書いてあるのに・・・。

クレムリンにいい光線が当たっていたので一枚。010

つづきまして、ここははずせない、プーシキン美術館。

012なんと、週に一度の休館日。

世間にはまだ曜日という勤労者のシステムがあって、美術館や博物館は月曜日は休みが多いということを、ちゃんと覚えていなさい!

こんなこと書くとポチッとしてもらえなくなるけど、本当に曜日の感覚がないんです。
日曜日にはミサに行くとか、恋人とSkypeで会話するとかあればいいんですけど・・・。
あ~、もうやることなくなった~。

徒歩でかなり歩いてきたので、今さら「地球の~」を読んで計画を立て直す気にもなれず。

昨日のアルパート通り(歩行者天国)が近いので行くことに。

モスクワは、通りのセンターを利用した公園が多いです。この公園の両脇には車道が走っている。(ゴーゴリ並木通り)

013

昨日とは別の「My My」があったので入った。

017モスクワっ子が食いそうなものを食べれば安かろうと。

015ボルシチ、ピロシキ、トマトサラダ、ポテトとキノコの炒めもの、ライスとロシアビールで合計1100円。やっぱりね。

021アルパート通りはなかなかきれいな街並です。

023読めもしないのに古本屋をのぞいてみたり、

032買いもしないのに絵を見たり。

027このバカでかい建物何だと思います?

文化人アパートというアパートだそうです。

028どんなとこか中入ろうとしたら、防弾チョッキを来た守衛が見張っていて近づけず。中は高級車がズラリ。

035この通りは似顔絵書きが大勢いるんですが、ここもレベルの低いこと。

029ブラピとアンジー、わからんでもないが・・・。
033まあ、なんとか・・・。

037一番うまかったのはこの人。

モスクワはサンクトほど街並みが美しくないです。

038こういうとこ多いです。

ボーツと歩いていたら散水車に水かけられた。

039
三台ぐらいづつ隊列を組んで、ものすごい勢いの水圧でゴミを道路脇に飛ばして掃除。モスクワの中心部の道路は晴れていてもビチャビチャです。
040_2疲れたのでマックへ。

マックトーストとコーヒーで102ルーブル(306円)。日本より価格設定が高いのに、わんさと人がいる。

041もう土地勘があると思ったので昨日と違う道を歩いて帰ります。

042途中、バリっとした格好のきれいなおねえさんが大勢入って行く建物があったので、入ってみたら、高級デパート。

ブランドショップばかり。地下の食品売り場に行ったけど、高級食材ばかり。
一枚写真を撮ろうかと構えたら、スーツ姿の用心棒ににらまれて退散。

入口に展示してあったマセラッティーだけ撮って逃げてきました。

044
そして、このあと適当に歩いていたら、まったく知らない場所へ。
わかる場所から40分は歩いた。人をつかまえて、宿の最寄の地下鉄駅名(ロシア語)をiPadminiで表示させて聞いたが、誰も知らない。

しかたがないので、わかる場所まで戻ろうと歩いていたら迷子に。
なんとか地下鉄を捜して、iPadminiで駅名を捜しあてて、方角を確認して歩いてみたが、わからず。
通りの名のロシア語が読めない。「地球の~」はカタカナで書いてある。
人をつかまえても、エクスキューズミーと言ったとたんに逃げられる。

半泣きになって、iPadminiと通りの表示を何度も見比べて考えていたら、英語で話かけてくれた紳士あり。

その人のおかげでそこから15分で宿に帰還。

「地球の~」の地図ではしょっちゅう迷っていて、このパターンは多い。日が長くてよかった~。明日もモスクワ。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。
↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月25日 (日)

クレムリンへ

ホステル→(徒歩)クレムリン他見物→ホステル

今日は曇り。Tシャツ、Yシャツ、ナイロンパーカーと、三枚着てても寒いです。歩いてクレムリンへ。

005クレムリンの前のマルクス先生、お元気そうですね。

015赤の広場で騎馬隊が練習していました。広場は全然広場じゃなくなっていて残念。奥に観覧席が組んである。

021カザンの聖母聖堂。ミサやってました。

クレムリンの入口のところで長蛇の列。「これはクレムリンへ入る列ですか?」
そうじゃなくて、レーニン廟へ行く人の列だった。ワシは見んよ~、レーニンの遺体なんか。

030クレムリンは城壁で囲まれていて、思ったより大きい。

034いざ入場。なぜか中国人ばっかり。

037大統領府。プーチンはいるかな~、と歩道を一歩踏み出したら、ピッピーと笛が鳴って、警護の人にあっちへ行けとやられた。

043ウスペンスキー寺院。

042ロシア正教会の中はみんなこんな感じで絵が書いてある。
他にも2つほど寺院が公開されていた。

052そして、大クレムリン宮殿。(非公開)
この宮殿は写真のように、ものすごい数の雨どいがありますが、

054全部、しっかりとヒーター線が入れてあった。どうでもいいですね。

061そしてボクロフスキー(ワシリー)寺院へ。

064中は複雑な構造の二回建てでした。

073入口にレーニンやフルシュチョフが大勢。

083クレムリンの前には公園があるが、

079その地下がショッピングモールになっていて、エルミタージュもガレリアもびっくりの店が並んでいた。
085
国会図書館の前を通ったら

086
同じ型の高級車がずら~り。それぞれ運転手がボーっと待っていたので、偉い人がみんな図書館に来て勉強しているのかも。

087この車はヨーロッパでよく走っていて、いつもいい車だな~、と思っていて、今日調べたら、チェコのシュコダという会社の車。シュコダは100年以上の由緒ある会社らしい。チェコもいい車作るんやな。

095そして歩行者天国を歩いてレストランへ。

セルフ方式のロシア料理のチェーン店、 My My という店へ。

094そんな店なら値段はしれているだろうから、高そうなやつを食おうと、
肉ばかり食ったら、合計2400円。けっこうするのね。

093
096これはソルジェニーツインかな~と思って入ったんですが、レストランでした。訳わからず。

099
そして天下のボリショイ劇場の前を通って帰りましたとさ。

赤の広場のイベントは9月1日から8日まで。チェスカモスクワの試合は30日。どちらも日程が合いませ~ん。

コメントの返事が、コメント欄からできませんので、投稿者のコメントを編集する形で返答させていただいております。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。
↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月24日 (土)

サンクトペテロブルグからモスクワへ

ホステル→サンクトペテロブルグ・モスクワ駅→(サブサン号で4時間)モスクワ・レニングラード駅→(地下鉄)赤の広場→(徒歩)ホステル

ラスコリーニコフの町を出てモスクワへ来ました。

015サンクト7時発のサブサン号に乗ります。
二等が売り切れ?で一等になりました。

その前にちょっとクイズ。

009

001これは、雨どいの一番下、地面のすぐ上の写真です。

雨どいの中に、電気コードのような物が入っています。これは昨日サンクトで撮影したものですが、北欧、パリ、ドイツ、その他のエリアでもよく見かけました。この写真のコードはビスで固定されていますが、大半は固定されてなくて、だら~んと下に出ていたりします。

これが何なのか気になって、気になって、この3か月ず~と考えてきて、昨日、やっとわかりました。ビスで固定してあったので。
一体何でしょう。答えは今日の最後に。

ヒント、3階建てから5階建ての建物に多い。スペインやイタリアでは見なかったような気がする。北海道の人ならすぐにわかるかも。

019一等は横4列で、革張り。3列の車両もあるみたいですが、ワシの乗ったのにはなかった。

アテンダントのおねえさんたちの美しいこと。

024要らないのに、ロシアの新聞5誌とスリッパ、アイマスクと耳栓をくれた。

027そして食事まで出た。ワシ、朝、駅で食ってきたんで、ベジーにしたけど、もう一種類はハムやらチーズでうまそうだった。こういう物は絶対ベジーにしたらあかんね。ワインおかわりしたら、2本目は有料です、だって。

この後デザート菓子とコーヒーまで出て、ギブアップ。

Wi-Fiは飛んでましたが、ロシア局番の携帯を持っている人しかパスワードが送ってきません。アテンダントのおねえさんに、パスワードを教えてと言ったら、キッとにらまれてダメでした~。

033車窓には、北欧のようにクルーザーやキャンピングカーはなく、家も貧乏そうなシンプルな家が多いです。

034モスクワに近づくと、やっと高層建築登場。

035

着いたぞ~。038駅の中は改装されて、きれいでした。

039今日は雨が強くて、移動が大変。キャスターバッグにビニールをかぶせて、リュックは上着の下に。傘さして歩くのも大変。
iPadminiは雨に濡らさないようにと面倒です。

それでもモスクワに来たからにはとりあえず赤の広場へ。

050入口。

042_2

048ボクロフスキー聖堂。

044残念なことに、赤の広場はイベント用の観覧席が組んであって、聖堂の写真がちゃんと撮れません。今日は中に入らないので、また晴れた日に再挑戦。

そして、雨の中歩いてホステルへ。

また受付でびっくりするようなロシア美人が出てきたぞ~。きれいなんだけど、きつそうなので、まずいスパゲッティーなんか食わせたらきっと張り倒されるぞ~。

さて、クイズの答えは

雨どいの凍結防止用のヒーター線です。たぶん。ネットで調べたら、日本でも同じようなものを売っていました。こっちの寒さは厳しいので、放置すると凍結して雨どいが破裂するんやね、きっと。

写真はサンクトの劇場のものです。固定されているということは、必要があって取り付けているんだとピンときました。

***

ヨッシーさんコメントありがとうございます。ロシアではココログのコメント欄に返事ができませんのでこちらから。

自炊は数回しただけで、ラーメンや簡単な炒めものだけです。
スパゲッティーは、ヴィクトリアちゃんに、何分茹でるのかロシア語を読んでもらったりしたので、お礼に招待したのですが、味はイマイチでした。
キッチンにいると外国の人と知り合いになれるので、気分転換に自炊しようと思いますが、基本は外食か買い食いでいきます。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。
↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月23日 (金)

恐るべしロシア美術館(サンクトペテロブルグ)

ホステル→(地下鉄)ペテロパヴロスク聖堂→(地下鉄)地の上の教会→(徒歩)市内見物→ホステル

ロシアの人は、あんまり愛想がよくないです。店でも、「いらっしゃいませ」とか「ハロー」とかは一切なく、黙って、じ~と眼(ガン)を飛ばしてくるだけです。
どうもこれは共産主義のなごりで、むやみに愛想笑いをするのはよくないという風潮があるそうです。

でもこれが若い世代となると、そうでもない。
昨晩のホステルの受付はヴィクトリアちゃん(24歳女子大生・英語ペラペラ)。
愛想のいい可愛い子で、ハローとか言うとスマイルで返事がくる。
昨日はスパゲッティーを作りすぎちゃったんで、よかったら食べる?って聞いたら喜んでくれて、一緒に食べて2時間ほどおしゃべり。

ヴィクトリアちゃんは、サンクトから2000キロほど東に行ったイジェフスクの近くの町の出身。イジェフスクはカラシニコフを作っている町だそうです。
数年前に家族でサンクトへ引っ越してきて、今はマーケテイングの勉強をしている。

なんでここの人はみんなそんなに愛想が悪いの?って聞いたら、「サンクトは日が長くて、年中曇りみたいな天気だからみんな不機嫌なんじゃないかな~」だって。

さて今日も行くぞ~!

004建築家ロッシの通り。ロッシが設計した場所だそうです。

006サンクトは普通の街並みがものすごくきれいで、毎日しびれています。

014小さな吊り橋の欄干。

015_2なんでもない風景がきれいすぎる。

017イサン聖堂。

019大ネヴァ川は今日もとうとうと流れている。

そして今日は地下鉄に乗ってみることに。ここの地下鉄は深いところにあると聞くので検証することに。

023エスカレーターが長~い。しかも遅~い。後ろを振り向いたら、すぐ後ろの人が本を読んでいた。
見ると、あちこちで新聞読んでいたりする。ワシも余裕でiPadmini出して調べもの。

026車両デザインはまだガレリアには追い付いていない。

041昨日人が多すぎて入場しなかったペテロパヴロスク聖堂へ。

031天井。きれいです。

032ここは歴代のロシア皇帝の霊廟だそうです。
045血の上の救世主教会へは今日で四日連続で来ていますが、宿のすぐ近くなので、いつでも入れると、まだ中へ入っていなかった。

046細かいモザイクです。

047明るくていいです。

052今日はいい天気です。教会の前で。知らないおねえさん。

056そして三日連続で同じ店へ。安い、うまい。900円。

060ミハイロスキー劇場。ロミオとジュリエットなどをやっていました。

063ロシア美術館。
ロシアの画家の作品のみを展示。
ロシア美術を勉強しようと入りました。

エルミタージュも、ここもそうですが、入場料が二段階あって、写真可と不可の二種類がある。不可は少し安い。ここは不可にしましたので写真はありません。
でも、中で誰もチケットをチェックしないし、入ってしまえば写真撮り放題なこのシステムはいかがなものか。

ロシアの絵もすごい。レーピンという画家の絵がすばらしかった。

ここはロシアの画家の絵だけを展示してあるが、そのくくりでは、カンディンスキーもシャガールもロシアの画家。二人の作品があると「地球の~」に書いてあったので期待したが、ひととおり見たけどわからなかった。

展示室には、人が隅に座っているが、どう見てもパートのおばさんばかりで、学芸員ではない。年も結構高齢の方ばかりで、居眠りしたり鼻くそほじったりしてる人ばかり。

こんな人に聞いても英語は通じないし、わからんやろな、と思ったけど聞いてみた。

まず、カンディンスキーはどこ、と英語で。そしたら案の定、返事がロシア語で返ってきた。
ロシア語はわからんよ~、と手を広げたら、壁に75と書いてくれた。75番の展示室へ行ったら、あるじゃん、3点も。

そこで今度は別のおばさん、じゃなかった、座っている人に、シャガールはどこ?って聞いたら、「ネー、イン、ヨーロッパ」と言う。
ヨーロッパのどこかへ貸出中だと言うではないか。

あの人たちは、学芸員ではないかもしれないが、美術の知識はあって、二人ともワシの質問に的確に即答した。
もしかしたら、元美術かなんかの先生で、引退して今の仕事をしているのかもしれない。

意外と深いぞ、恐るべし、ロシア美術館。

068ホステルの入口の通りです。

Diva Hostel。階段はお化け屋敷みたいですが、ドアを開けて中へ入れば改装されていてきれいです。一泊1800円。スタッフも立地も最高。

今、同室のロシア人の入れ墨男二人がドアを開けて帰ってきた。
ハローって言ったら、二人とも英語全然ダメで、ロシア語で何か言いながら、無表情で握手を求めてくる。怖いけど、怒ってないのね。

この人たち英語全くダメです。ブログを見せてあげたら、わからんこと言って何かまくし立てていますが、怒ってはいないみたいです。

明日はモスクワじゃ~! ヴィクトリアちゃん、元気でね~!

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月22日 (木)

マンモスでも見にいくか。(サンクトペテロブログ)

ホステル→動物学博物館→ペテロパヴロスク聖堂→ガレリア(買い物)→ホステル

今日はマンモスの標本でも見ようかと出発。

004何かな~と中に入ったら、映画館。

006_2ロバート・デニーロの映画などをやっていて、いくらかな~、と見たら、

002_2朝10時からなら100ルーブル(300円)、夜7時半からなら900円。

008ソチオリンピックまで、あと197日だそうです。

010

021この前衛アートみたいな塔は、昔の灯台だって。

028クンストカメラと呼ばれる博物館。お目当てはその隣。

026動物学博物館。いかにもマイナーな建物で入場者もまばら。

033入ってすぐに fin whele (ヒレクジラ?)の骨格標本。そのバカデカさにびっくり。

続いて、いよいよマンモス。
これは1900年に凍土の中から発見されたもので、4万5千年前のもの。

037なんや、動物園のゾウと同じぐらいの大きさやん。毛も少ないし。
15分で終了。他の動物も見ようか思ったら、アナコンダなどの蛇がたくさん置いてあったりして・・・。

048エルミタージュを反対岸から。

053
今日は曇りなのに大勢の人がクルーズしています。

061
ペテロパヴロスク聖堂。

070巡洋艦オーロラ。ロシア革命の合図の号砲を撃ったそうです。昼に一発ドーンと鳴らしたのはこいつかな。

071_2前でマトリョーシカ売ってました。

083お腹が空いたので、昨日の店へ。

080890円。安~い。うま~い。

089公園の前に似顔絵書きが一杯。10ユーロ(1400円)だそうです。みんなレベルが低いので、ワシでもやっていけそうです。

そして、今日の最終任務。
ガレリアへシャンプーを買いに行こう。昨日、ホステルの受付の子に、シャンプーを買う店を聞いたら、「モスクワ駅の隣のガレリアに行けば何でもあるよ~」。

098ガレリア。

104中へ入ってびっくり。5階建てのショッピングモールで、まるで香港のデパート。

103シャネルやディオールなどのブランドショップがずらり。

106ecco shop まであるがね。

エルミタージュの展示室ぐらい店があるんじゃないかと、店舗リストを見たら、なんと434店舗で、エルミタージュより多かった~。

すぐ隣のモスクワ駅が、まだペレストロイカ済んでません、みたいな駅なのに、この落差はどうして?

ファションとか音楽、ネットには国境はなくて、今やあっと言う間に伝播する。

値段も一流。香港、コペンハーゲン並。

ワシはシャンプーが買いたいだけやし、ワシが一泊1800円のホステルに泊まっていることを、あんたが(受付の娘)一番よう知っとるくせに、こんなとこ紹介して、ロシアをなめるなよ~、てことか~。

トイレの手洗いでお湯が出るのには驚いた。

一階にスーパーマーケットがあって、シャンプーや食料を買い出し。ロシアのビール500ml一缶が120円。スパゲッティーの麺とケチャップソースで240円。シャンプーが240円。あと、マルボロ一箱200円(ワシは喫いませんが参考までに)。

明日もまだサンクトやでね~。

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月21日 (水)

エルミタージュへ

ホステル→サンクト・モスクワ駅(切符手配)→エルミタージュ→地の上の救世主教会→ホステル

097                         (血の上の救世主教会・夕方)

本日のサンクトは朝から雨。インドア中心で行くことに。

013ホステルはネフスキー大通りという観光地の真ん中にある場所近く。写真はネフスキー大通り。

014まずはモスクワ駅へ行って、モスクワ行きの切符を買う。

019駅の入場者全員に有無を言わせず金属探知機を通す。ピーピー鳴るけど別にいちいち呼び止めない、こけおどし。
018_2
一応英語表示がある。と、思ったら、このあと全く英語表記がない。でも、切符の絵が書いてある方向へ。

024売り場は順番待ちの札も何もない。そして売り場のおばさんは、英語全く通じず。
事前に日時と行先を書いたものを渡したら、何とか通じた。

サンクトーモスクワ間は、「赤い矢号」とかいう有名な夜行列車があると、昨日同宿の女の子に教わったけど、高速列車で行くことに。

手持ちルーブルがなく、カードで支払い。6045ルーブル。
切符を買うことに精いっぱいで、値段は気に留めていなかったが、後で換算したら18135円(1ルーブル3円で換算)。
どんだけ高い列車なの?

言葉は全く通じなくても切符は買えるもんやね。

027
カザン聖堂。

028
サンクトは運河が多い。

033そして今日のメイン、エルミタージュ美術館へ。

昨夜ホステルは、若い日本人の女の子と二人部屋で、いろいろロシアのことを教えてもらった。ネットで入場券を買うと並ばなくてもいいと、買い方を教えてもらったので、長蛇の列の横をスイスイと待ち時間ゼロで入場。

035
エルミタージュは、もともとは王宮。

043思うに、美術品を見る前に、王宮として見るべき。

044スケール、美しさ、どれをとっても、今まで見てきた王宮の中でも最高峰。すばらしいです。

058空中庭園。

三階ある展示室を全部見てやろうと思って、一階から順に2時間ほど回ったところで、まだ三分の一も見ていないことに気付いた。ワシは印象派と、その前後の時代の絵に興味があるだけで、あとはどうでもいい。でも、それを全く見ていないことに気付いた。

「地球の~」と、ここでもらったパンフを照合して、作戦を立て直して、お目当ての場所へ直行。

あるある。ものすごい数の印象派の収蔵品。ピカソやモネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、マネ、ドガ。ものすごい点数です。

今日は特にマチスが印象に残ったので、マチスだけ数点載せます。写真はフラッシ無しならOKでした。

072

073

074

077

071

079

076

お目当ての絵を見終わったところでギブアップ。絵の展示はほとんど見ましたが、全体の展示スペースの半分程度しか見ず(というか、歩けず)。それでも3時間かかりました。

例えばピカソの部屋は20点ぐらいの作品が展示してありますが、そうした展示室が全部で400あるんです。そのうち絵画は約半分。部屋に番号が振ってあるので、一つづつ見ていけばいいかと思って回り始めたんですが、とても全部は無理です。印象派の絵は3階の奥と、2階に少しあり。
もちろんレンブラントやルーベンス、ヴァンダイクもたくさんあります。
恐るべしエルミタージュ。

087

エルミタージュ前の広場。

101
ネフスキー大通り。看板はエルミタージュの宣伝(ルノワール)。

092「血の上の救世主教会」という名は、アレクサンドル2世が暗殺された場所に、息子が建てた教会だからだそうです。

そこからの帰り、すぐ近くに庶民が大勢たむろするレストランあり。

100ボルシチ食ってロシアのビール飲んで、全部で、280ルーブル(820円)って、庶民的過ぎるやろ~。明日も来るからね。

一体ビールはいくらで売っているんだと、大通りにあるスーパーへ。
カールスバーグ500mlが246円。ロシアの何たらビールは144円。ポテチは102円。

うれしくなって、公園で記念撮影したら、サンクトの不良少年たちが横で爆笑。

102

コメントをお待ちしております。何なりと気軽にどうぞ。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年8月20日 (火)

ヘルシンキからサンクトペテロブルグへ

ユース→ヘルシンキ駅→サンクトペテロブルグヘルシンキ駅→ユース

サンクトペテロブルグにやってきました。

058ロシアが誇る最新鋭列車アレグロ。

065西ヨーロッパともお別れです。

067この列車はフィンランド側はユーレイルパスが使えるので、これで本当にパスは最後です。でも、2等にしました。2等はガラガラ。

0692等にしたわけは、浮いたお金で食堂車へ行って、コース料理を食べようと。
トマスクックの特集記事でこの列車のことが書いてあって、それによると、前菜がボルシチでメインがサーモンみたになコースがあると書いてあったので楽しみにしていた。

ところが食堂車に行ったら、そんなコースはないという。
「何!コースないんか!ワシは楽しみにしておったんやぞ!どうしてくれるんや!」
と、心の中で思っただけです。

何かロシアっぽいものをと聞いたら、

074_2これになりました。
肉団子。

一等に乗る人はサービスでランチパックか朝飯パックかしらんけど付いていて、席まで運んできてくれる。
でも、それは結構しょぼくて冷えている。
食堂車で暖かいもの食った方が正解です。

080
車窓はず~とこんな感じ。

082
あと1時間ぐらいで着くな~と思っていたら、到着。時差が1時間あるのを忘れていた~。
実は私、とある旅行代理店にパスポートを送ってビザを取ったんですが、人に聞いたら、ロシアのビザは結構厳しくて、泊まる場所や経路をきちんと決めて、バウチャー(当局発行の証明書)を取ってからでないとビザが降りないと聞いていた。
その旅行代理店はバウチャーはこっちでやっておきますから、宿は自分で取ってくださいと言った。
そんなビザで入国できるんだろうかとちょっと心配していたんですが、無事入国。089サンクトぺテロブルグヘルシンキ駅到着。

092駅前にレーニン先生がいます。レニングラードと呼ばれていた町ですから。
094_2
駅からホステルまで歩きます。

097ずっと、川沿いです。

099_2
101

2時間歩いてユースホステルに到着。今日は移動しただけです。
また、明日じゃ!

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ