27セルビア

2013年9月21日 (土)

ベオグラード(セルビア)からサラエボ(ボスニア・ヘルツコビナ)へ

(予定)市内見物のあと夜10時30分発の夜行バスでサラエボへ→明朝5時着予定

今、朝で宿で書いています。

夕方、マックのWiFiが繋がれば今日のぶんを追記しますが、まずは昨日の続きから。

060歩いていたら、NIPPONというジャージと、その下に柔道着を着ている子供たちがいた。

061どうして?って聞いたら、NIPPONという柔道クラブなんだって。
明日フェステバルをやるから見に来てだって。
日本人の先生も出るそうです。子供たちは英語けっこう上手いです。

062歩行者天国。
063
069

070古い街並みが残っているところもあるが、それほど多くない。
072ここのナイキはトルコと違って本物でした。
074
市場に行ってみました。077
パプリカをたくさん売っていたよ~。078
夕日の当たった古いビルの写真を撮っている人がいたので真似してみた。082

この宿にも日本人の青年が泊まっていて、彼は世界一周中。もう6ヶ月も旅をしているが、ブログはやってないそうです。
日本人にはけっこう会うけど、ブログをやっていた人はヨッシーさんだけ。

やっていたけど面倒なのでやめたという人ばかり。
若い世代はみんなFacebookをやっていて、そっちの方が便利だという。

ワシの場合、旅の記録を一切つけていないし、写真も保存していないので、ブログがその役割を兼ねている。金額や経路を書いているのもそのため。
最後まで続けますの読んでやってください。続きは繋がれば夕方マックで。

***

まだ2時ですけどマックにいます。ちょっと悩んでいてやることがあるので。

094_3今日はお城にきました。立派な城壁があるけど、城は残っていなくて公園になっている。

087古い戦車が展示してある。

093土産物屋。

089
立派な川があって、遊覧船が浮かんでいた。ビルもあって、けっこう大都会でしょ。

悩みと言うのはズボン。
ワシ、夏用の薄い棉パンを2本持ってきているんですが、寒い。夏を追いかけて旅するつもりだったので、冬用のズボンを持ってきてないけど、ここではもうみんな冬の恰好です。
今、このマックの横が市場で安いGパンとかたくさん売っているんですが、ワシはジーンズが嫌い。締め付けるようで嫌。
さりとて、厚手の棉パンは売ってない。
コーヂュロイは売っているが、荷物が重くなるし。暑い国へ行ったら、なんでこんなの買ったんやろうと後悔するやろうし・・・。
買うなら、もうちょっと両替しなきゃいけないし、でも、お金が余っても、次の国で両替できんかもしれんし、と、いろいろ考えていて、ノイローゼなんです。
旅していても結構くだらいないことで悩んでいて、日本にいる時とあんまり変わらん。

晩までにノイローゼを脱して決断せねば。低レベルの悩みですいません。明日はサラエボです。


気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年9月20日 (金)

ティミショアラ(ルーマニア)からベオグラード(セルビア)へ

ホステル→ティミショアラ駅7:30発→Vrsac 乗り換え→ベオグラードDunway着12:30→(タクシー)ベオグラード中央駅→ホステル→市内見物→ホステル

001ティミショアラからの電車は、国際列車ではなく、近郊列車そのもの。
心配で運転手に聞いたら、これだと言う。

004赤い座席が一等ですが、二等とどこがちがうんでしょうか?

ルーマニアの国境駅でパスポートチェックあって、一時間ほど停車。

017セルビアのVisacという駅で乗り換え、またパスポートコントロールでしばらく停車。

ここで、向こうに見えるルーマニアの列車から手前の赤いセルビアの列車に乗り換え。なんで直通で運営せんのやろう?

015
乗換駅にはATMも両替もないばかりか、売店すらない。構内で葡萄を売っていた。

019そして着いたのがここ。ホームが一本だけ。
ベオグラードか?と乗客に聞いたら、そうだという。

024構内にATMも売店もない。無人駅。無理して昨日の夜来なくてよかった~。来てたら真っ暗で泣いていたな~きっと。

聞く人もないまま茫然。ワシはガイドブックは「地球の歩き方・中欧」というのだけは持っている。

ただ、これは、中欧14カ国を一冊にまとめたもので、ブルガスやネセバルなどの観光地は載っていないし、載っている都市でも情報量が少ない。
ベオグラードは載っているが、ティミショアラから来る方法や、どこへ着くかは載っていない。

駅前の喫茶店で若いに兄ちゃんに聞いたら、中央駅へは、ここからバスを二つ乗りかえないと行けないという。

しかたがないのでATMの場所を教えてもらって、タクシーをつかまえた。
そしたら運転手が1000ディナール(1150円)と吹っかけてきた。

ぼられてると思ったので、高いと言ったら、じゃあ他に乗れと言ってドアを閉める。距離もわからんし、まあいいかと思って乗ったら、7~8分で到着。

頭にきて、近すぎるやんか!と抗議したら、200だけ返してくれた。やられるな~。

027キリル文字を勉強したので、読めるぞ!ベオグラードじゃ!
勉強と言っても2~3日やれば読めるんですけど・・・。

030これが中央駅。一つ困ったのは、ルーマニアのお札が3000円分ぐらいあるけど、どこも両替してくれない。隣の国なのに・・・。日本円もダメだって。

028駅前ホステル3軒目で空きベッドあり。荷物置いて出動。

031まずはコソボ紛争の時、NATO軍が空爆した建物を見に。これ、駅から数百メートルのところにあって、当時のままになっている。

手前の旗の立っている建物が古い石造りの立派な建物だったので、その表にあるキリル文字の看板を読んでいたら、建物の前にいた女性が声をかけてきた。

キリル文字を読んでいるんだけど、これでいいかと発音したら、そうだという。
ついでに、この建物は政府の建物だと教えてくれた。

「じゃあなんでNATO軍はこの古い建物を空爆しないで、向かいの建物だけ空爆したの?」と聞いたら、

"That's a high military building."(あれは軍の高等施設だからよ)

この石造りのビルの頭越しに通りの向こうのビルだけ空爆をかけるなんて大したもんやな、この石造りを壊すとあとあと大変だったからかな~。

034隣の建物も空爆を受けてますが、その向かいのビルは地方政府の石造りのビルで、それも古いままだったので空爆を受けてないと思う。

035これが空爆のビルの前の通り。左のドームのビルが政府ビル。右に空爆を受けたビルが二棟建っている。

040クネズ・ミハイロ通り。

043国会。

046マックがあった。WiFiは飛んでいるが、ビジーでつながらず。

049歩行者天国。

051ろくでもないものを食べています。
052ミハイロ公の銅像と国立劇場。ミハイロ公ってだれ?

053こっちでもろくでもない物食ってます。

そして、「地球の~」に載っているレストラン(Park)へセルビア料理を食べに。

メニュー見てもわからんので、iPadminiで「地球の~」の写真を見せて、これをくれと言って食べたのがこれ。

055ムッカリアというらしい。

メニューは一品だいたい300ディナールぐらいなのに、これは1200と書いてある。「高いね~」と言ったら、「これは大勢で食うものだけど、半分にして作ってあげるから半分でいい」という。

057食べていたら、店のオーナーだという人がやってきて、「よくぞムッカリアを食べてくれた。これを食べてくれた人にはこれをおごるから飲んでくれ」とグラスを出すので、一口飲んだら強烈なウイスキー。

わし、もうビール二本飲んだあとだったので「飲めないよ~」と言ったけど、「ムッカリアを食べてくれた人はこれを飲まなくてはいけない。しかも一気にだ。」と言う。

一気に飲みましたよ~。ヘッロヘロ。

ムッカリアは量が多かった~。ムッチャうまいということもない。まあまあかな。トマトベースの煮込みやね。

058
ビール2本飲んで全部で900ディナール(1350円)。うち70ディナール半強制的にチップ。飲ませておいてやられるわ!

明日につづく。

本日の宿 Hostel Jasmin 1200ディナール(1380円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ