34チュニジア

2013年10月16日 (水)

チュニスは今日も休みだった~!(チュニジア)

ホテル→メディナ→新市街→ホテル

朝、ホテルで朝食を食べたが、外の雑踏の音が聞こえない。窓へ行って通りを見下ろしたけど、シ~ン!

ホテルの人に聞いたら今日も休みだという。銀行も病院も、そしてキューバ大使館も。アギャア~・・・。明日はここを出国してモロッコへ。そしてモロッコにはキューバ大使館がない。

シェンゲン協定目いっぱいヨーロッパにいた私は、加盟国には入れない。シェンゲン外のロンドンのキューバ大使館でツーリストカードを取得する手はあるが、イギリスの入国審査は厳しいので、ロンドンでキューバのビザを取ってから航空券を買います、ではイギリスに入国させてくれない。

いっそ南下してセネガルのダカールの大使館はどうかとセネガルのことをネットで調べたら、強盗や殺人事件は当たり前の場所らしい。

あれこれ考えていたら、例によってノイローゼになったのでメディナへ。

005ごく一部の店が観光客相手に店を開けていた。

008日本人の団体がいたぞ~。休みだって知らなかったのかな・・・。

010お土産のスカーフを、ワシもワシもと束で大人買いする御一行がいたので日本人かと思ったら中国人だった~。

007これ何だと思いますか?サハラ砂漠の砂の中から取ってきた石だそうです。土産物としてあちこちで売っています。

018官庁街に行ってみた。チュニジアの国旗はトルコの国旗にそっくり。
アラブの人たちは同じ神を信仰し、同じアラビア文字を使い、みんなビールを飲まないでアラビアコーヒーをすすっている。

こうしてみると、彼らの団結力は私が思うよりははるかに強い。アメリカ、そして英語をこころよく思わない人は想像以上に多いのかもしれない。

022フランス省。

023左が大統領官邸。正面の塔はモスク。右の青いドアが病院。全部休み。

034目抜き通りでは昨日よりは人が歩いていた。

035開いているスーパーがあった。これは全部香辛料。すごい。

037ふだんは人で一杯のマルセイユ通り。

039食欲もイマイチでピザ。240円。

帰ってきて昼寝して、今起きてブログ書き。

モロッコの後の計画が何も解決していない。そもそもモロッコの計画もまだ立ててない。明日行くのに。アギャー!

計画を立てようと思ってネット見たりしていると、日本の台風のニュースや野球のニュース見て、気づくと寝る時間になっての繰り返し。

こんなことならワンワールドの世界一周航空券を買っておけばよかった。
でも、買っていたら買っていたで、日程が自由にならん、ときっと文句言ってるやろうな~。

032

明日、ひょっとするブログ更新できないかも。今ネットで宿を検索したけど、Wi-Fiのある宿が確保できない。調べても、Wi-Fi完備の安宿がない。モロッコでは普及してないのか?つながり次第更新しますのでよろしく。

本日の宿 グランド・オテル・コモドール シングル 1800円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年10月15日 (火)

スファックスからチュニスへ(チュニジア)

ホテル→スファックス駅→(電車)チュニス→ホテル

今日は一年に一度のイスラムの休日だそうで、チュニジアだけでなく、世界中のイスラムの国が休日だそうです。トルコも休日なのか?

001朝5時。スファックスのメジナもまだ眠りの中。

0025時半発の列車に乗ろうと駅へ。空を見上げると、星がたくさん見えた。チュニジア第二の都市のしかも駅前なのに星がきれいに見える。日本は明るすぎるのかもしれない。

003今日は4時間も乗るからと、一等(17ディナール・1020円)に乗ったが、上客がほとんどいない。

005車窓からの景色は、乾いた大地にオリーブ畑が大半。

006驚いたことに列車は定刻にチュニスに着いた。

駅を降りてもっと驚いた。あれほどワイルドで騒がしかった駅にも駅前にも人がいない。店も露店もない。

007 008

010 011

日本の正月休みよりももっと静か。

009いつもはピリピリして警戒中のフランス大使館の警備も「ヘイ、ジャパン!」などと手を振ってくるリラックスぶり。

012
メディナに行ってみたが、完全休業。

ホテルが休みだったらどうしようと行ってみたら開いていた。ただ、客はほとんどいない。

今日はどこへ行ってもダメと諦めて、ホテルでネットサーフィンしたり、スペイン語の勉強をしたりした。

昼になって店を捜したら、メディナの前のレストランが開いていた。何でもいいから食わせろと言ったらこれが出てきた。

016 017
全部で11.5ディナール(690円)。日本のお正月並にボリやがる。

夕方になって、五つ星ホテルに行ってビールの価格を調査したら6ディナール(360円)。あまり飲む気も起らず退散。

帰りに、ものすごく小汚い飯屋でみんながおいしそうに食べていたので、そこでパスタを食べた。

019 021
日本人がめずらしいのか、クソガキどもが同じテーブルにやってきてちょっかいを出すので、羊の肉とフライドポテトを交換したりして騒いで食べた。コーラと合わせて全部で4.2ディナール(252円)。

ちょっと英語のことについて書いておきます。この国はフランスから独立したので、第二国語のフランス語はみんな達者です。フランス語教育は8歳から始まり、英語教育は10歳から始まるそうです。

英語の方はみんながみんな喋るというわけではなく、上手い人は上手いといった感じで、ぜんぜん通じない人もたくさんいます。でも、駅などの旅行関係の施設や運転手はたいがい英語通じます。飲み屋のレベルだと英語はあんまり通じません。

あともう一日この町です。明日はキューバ大使館に行こう迷っています。

本日の宿 グランド・オテル・コモドール シングル 1800円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年10月14日 (月)

モナスティールからスファックスへ(チュニジア)

ホテル→(列車)スース→旧市街見物→(列車)エルジェム→コロッセオ見物→(列車)スファックス→旧市街→ホテル

今日も大変な一日でした。

005列車でスースに移動。旧市街(メディナ)へ。

012_2ここは旧市街が世界遺産になっているせいか、ものすごく観光客が多い。

018ろくでもない土産物ばかり売っています。それが楽しいんですけど。

026香辛料も売れてました。

そしてまた電車に乗って、エルジェムへ。

035エルジェムの駅前にいろんな露店があって、現地の人が買い物。これがアフリカの原風景かな。

036駅から数百メートルの場所にコロッセオがある。

043このコロッセオは保存状態が良い。

044通路もよく残っています。

053中央地下の、猛獣やグラディエーターの控室。

052床からセリが上がるようにできていて、猛獣やグラディエーターがせりあがってきて、ショーを盛り上げたようです。

045コロッセオから見たエルジェムのメインストリート。向こうの白い建物が駅。

駅で電車を待ったが、定刻から1時間も遅れてきた。チュニジアでは当たり前のことで、定刻なんか無いも同然。

そしてまた電車に乗って、チュニジア第二の都市スファックスに到着。

071_2ここのメディナの外壁は完全な形で残っている。

072なかなかいいです。

そこから40分歩いて、予約したユースホステルの前に着いた頃には真っ暗。

ユースは5階建ての大きなビルだけど、全館明かりが消えていて、入口が閉まっていた。ベルを押しても反応がない。

近くの雑貨店のお兄さんに頼んでホステルの携帯に電話してもらったら、今日は休みだという。

なに~!昨日予約サイトから確認のメールまで届いているのに!昨日といい今日といい、頭に来る~!

雑貨屋の兄ちゃんが近くのホテルを教えてくれてカタコトの英語で、もしどうしても泊まるところがなっかたら、もう一度ここへ戻ってこい。おれのところへ泊めてやる、というので泣きそうになった。でも、あんたの家Wi-Fiあるの?なんてずうずうしいことは聞けなかった。

タクシーで旧市街へ戻ってホテル捜し。Wi-Fiが最低条件。

073ここの人は親切です。歩いているとどこへ行くのか聞いて案内してくれる。

075ところが旧市街の宿も休み。あせった。城壁の外に出て捜したら、高いけど空きのあるホテルがあった~。さっそく荷物置いて外へ。

今日もアクシデントがあったのでビールが飲みたい。何もなくても飲みたい。
ところがあちこち捜せども捜せども、無い。

しかたがないので奥の手を使うことに。
イスラムの町でも、外国人が泊まるような高級ホテルのレストランに行けばビールは置いてある。この町で一番高級な四つ星ホテルのレストランへ。

077いつものチュニス唯一の国産ビールの小瓶が5ディナール(300円)。高いな~という気持ちを、高いと言っても日本と同じ値段じゃねえかと自分をなだめて2本飲んだ。

081 078_2
帰りに小汚い店でビールより安いスパゲティーを食べて帰った。3.5ディナール(210円)。

058この国は明日まで3連休だそうで、明日は全面的にあちこちが休みだそうです。

どうしてもキューバのツーリストカードの件を片付けないといけないので、明日はチュニスに帰ってキューバ大使館へ。たぶん休みやけどね。

今こちらは14日月曜日の夜11時。暑いのでエアコンを入れて書いています。日本は15日火曜日の朝7時。みんなそろそろ出勤といったところでしょうか。

今日の宿 Thyna Hotel シングル2700円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年10月13日 (日)

チュニスからスースかと思ったらモナスティールへ(チュニジア)

ホテル→チュニス駅→(電車)スース→(タクシー)モナスティール→旧市街→ホテル

今日は大変な一日でした。うんざりすることがいくつか、うれしかったことが一つ。

001チュニス駅の写真を撮っていたら、若者が撮れというので。

実は、キューバへ行こうと調べたら、ツーリストカードというビザみたいなものを取らないと入国できないと判明。チュニスにキューバ大使館はないかと調べたらあった。住所をコピペしてgoogleマップで調べたら、ホテルのすぐ近く。

一時間ぐらい歩いて捜したが見当たらず。住所の該当地で住所を見せて聞いたら、通りの名前は同じだが、町名が違って、タクシーでしか行けない所と判明。

googleマップで調べるとありがちなこと。やっちまった。あきらめて駅に行ったら、9時半の電車が出たとこで、12時半までない。

007こんなワイルドな駅前の光景を見ながら待つこと3時間。

0092等(480円)切符を買って座ったら、隣にものすごい美人が乗ってきた。

012ワシは思わず日本語で「むっちゃ綺麗やん!」と独り言を言った。

そしたらその子がこっちを見てハスキーな声で、"What?"。
この子はチュニスの大学でツーリズムを学んでいるガーダちゃん。なんでも、今日は休み(10月15日がイスラム歴の新年で、クリスマス休暇のようなもの)で、ここから1時間ぐらいの南の町へ両親に会いに行くという。

けっこう活発な性格のようで、あれこれ話かけてくる。しばらくして、「フェースブックやってる?招待(友達登録)してよ?」なんて言うんで、思わずアドレス交換しました。

ワシは一か月ぐらい前からフェースブックを始めた。始めたといっても、写真の保存用にアカウント取っただけで(フェースブックは容量無制限で保存可)、やり方は全く知らなかった。

一週間前にスコピエで同宿だった日本人の子にやり方を教えてもらって、友達登録してもらったので、現在友人一人。

そんなこと言うぐらいだから写真もOKだろうと思って「写真撮ってもいい。あんまり綺麗なんで友達に見せたいんだ」って言ったら、"Why not!"。

ところが、電車の発車が30分遅れて、出発したものの、発車、停車の繰り返し。
ガーダちゃんの町まで50分で着くはずが、3時間近くかかった。

それで話が盛り上がればええんやけど、サッパリ。全然盛り上がらず。
しょうがないので、折り紙でツルを折って喜んでもらおうと折ったが、折り方を忘れていて愕然。

結局ガーダちゃんは降りて行ったが、友達登録してくれるかは微妙。
写真は近距離で一枚だけ撮ったんですが、実物はもっと美人で笑うともう・・・。髪の毛は細かく編んで後ろで丸めている。
化粧はたぶんマスカラ以外はしておらず、マニュキュアも一切なし。あ~、びっくりしたー。

結局電車は2時間遅れてスースの駅に到着。もう遅かったので駅でタクシーに乗って、運転手にホテルの名前を告げたら、そのホテルはそこから25キロ先のモナスティールにあるという。そんなバカな。

ワシはHostel Conbined という予約サイトで地図を見て決めている。地図の場所の印をクリックすると予約画面に飛ぶ仕組み。

地図の場所へ行ってみたが、そこにホテルがない。どうも地図の表示が間違っている。今朝のキューバ大使館と同じように、通りの名前は同じなのに、町名が違う。ワシが予約したのは、スースから20キロ離れた町のホテルだった。ひえ~!

これはサイト側のミスなので、あとで文句を言えばキャンセル料は返還されると思う。諦めて他のホテルを捜すことに。

でもそこでタクシーの運ちゃんが悪魔のささやき、「今から他の宿を捜すなんて大変だよ。モナスティールもいい町だし、30分もあれば着く。」

モナスティールまでいくらか聞いたら、25ディナール(1500円)ぐらいだというので、面倒になってそっちへ行くことにした。なんでや!でも実際は38ディナール(2280円)かかった。くっそう!

027 022

024 032
モナスティールへ着くと、もう暗かったが、飯は食いたいし、ビールは飲みたいしで、旧市街まで40分かけて歩いた。

今日はワールドカップ最終予選で、チュニジア対カメルーンの試合をやっていて、町中のカフェでみんな集まってサッカーを見ていた。

ビールはあるか聞いて歩いたが、置いてある店はなく、みんなコーヒーを飲みながらじ~つと見ている。

チュニスでは初日こそ酒場を見つけたが、あれから見つけられず、2日間ビールなし。今日はどうしても飲みたい!

034旧市街(メディナ)の門。

036旧市街。
039正面の塔はモスク。

041たくさんの人に聞いてたどり着いた酒場は隠れ家のような店だった。

040数人の男がビールを飲んでサッカーを見ていた。

チュニジア唯一の国産ビールの小瓶が3ディナール(180円)。大瓶はない。
一人で飲んでいたら、向かいにスコッティー・ピッペンのような怖い顔をした兄ちゃんが座って、アーモンドと、ひまわりの種をくれた。
結局ビールを2本飲んで店を出た。

053お腹が空いたのでレストランへ。左がカフェで大勢の男がサッカーを見ている。右がイタリアンレストラン。

046イタリアンレストランは女性か家族連れで、サッカーなんか興味ないわ、ってな感じでおしゃべりをしていたが、ある時隣のカフェがどっと沸いたら、みんな一斉に隣へテレビを見に行った。ヘディングシュートが外れて沸いていた。

052全部で420円。今日もなんとか一日終わりました。

試合は0対0だったようです。今日、電車の中からたくさんのサッカーコートを見ました。でも、芝生の生えたコートは一か所もなく、デコボコのグランドかセメントばかり。チュニジアにはぜひとも予選を突破してブラジル大会へ出てほしい。そして日本と戦ってほしい。

ガーダちゃんが電車から降りたあとで、折鶴を何度か折ってみたら折れました!まだ認知症は始まってないようです。え、始まっているのか?

今日の宿 Hotel Corniche Monastir シングル2200円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年10月12日 (土)

カルタゴ遠征(チュニジア・チュニス)

ホテル→(電車)カルタゴ→チュニス→旧市街→ホテル

カルタゴへ遠征しました。と言っても電車で片道30分ぐらいの場所。
世界史の本に出てきた町が、地名そのまま今でもあるというのは何か変な感じ。

010 012

電車はドアもちゃんと閉まらないような年代物。着いたカルタゴの線路は草ぼうぼう。

022カルタゴは今では高級住宅街。大統領官邸や各国大使の公邸などがある。
町全体が遺跡の上にあるような場所。

023今日も暑い中、汗だくになりながら歩いて最初に着いたのがサン・ルイス教会。

025_3すぐ裏が博物館。町自体が、フェニキア、ローマ、ビザンチンの時代の何層にも重なった遺跡の上に建っている。

027
ローマ時代の町の復元図。下の丸い場所が軍港。220隻もの船を収容できたそう。

032_2復元図の山頂付近にあたるピルサの丘。保存状態がよくない。

03630分ほど歩いて円形競技場へ。往時は36000人収容だったそうですが、ここも保存状態が悪い。

038また30分ほど歩いて円形劇場へ。ここはかなり手が入れられていて、今でもコンサートなどに使うそうです。

041ローマ人の住居跡。

050一番人気は海岸近くにあるアンニヌスの共同浴場。でも、保存状態が悪い。
遠くに白い塀で囲まれているのが大統領官邸。

014カルタゴの遺跡はイマイチですが、高級住宅街の家々から、あふれんばかりのブーゲンビリアやハイビスカスの花々が咲いていて、それが楽しかった。

016

南の国やね。

052
結局3時間ほど歩いた。カルタゴには食事をする場所がないので、チュニスに戻って食べることに。

060またメディナの中へ。昨日、小汚いレストランでうまそうなトマトソースのスパゲッティーを出している店を見た。あれがどうしても食いたくなった。

ところが場所が思い出せない。お決まりの「Hello, my friend 攻撃」を完全に無視して、あちこち探して、あったー!

062 063

この兄ちゃんがいる店です。小エビや得体の知れない肉などが入っている。味はスパイシー(Hot)。食べた瞬間は、辛い!と思ったが、それが落ち着くと美味いのなんの!なんと180円。

064このカップルは水たばこセットを買いました。たぶんインテリアにするんでしょうね。店で聞いたら、一台4000円だそうです。

059ホテルはメディナ近くの中央市場のすぐ前ですが、このあたりは露店が多く、いつも人でごった返しています。

067今日もホテルのロビーで、へなちょこWi-Fiに手こずりながら書いています。

数人の従業員がロビーのテレビでサッカーの「アルジェリア対ブルキナファッソ戦」を大騒ぎして見ています。

たぶんワールドカップ予選。試合結果がチュニジアに影響するのかな?

しかし、どこへ行ってもフットボール、フットボール。
「あんな網にボールを蹴りこむ遊びの何が面白いんでしょう」と昔フランス人の女の子が言っているのを横で聞いていて感心したことがある。 でも、おもしろいんだよね。

明日はスースという町へ移動します。

本日の宿 グランド・オテル・コモドール シングル 1800円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年10月11日 (金)

メディナ散策(チュニジア・チュニス)

ホテル→別のホテルへチェクイン→旧市街メディナ散策→ホテル

今日も大勢のチュニジア人に遊んでもらった。と言っても騙されそうになってばっかり。

ホテルをチェックアウトして、旧市街でホテル捜し。一軒目で感じのいいホテルに当たったのでそこにした。
そこはWi-Fiがフロント周辺にしか飛んでないが、部屋もいいし、値段も1800円と手頃。
ワシは「一泊2000円を超えると不機嫌になる症」にかかっているが、2000円以下なら平静。1500円以下で朝食付きなら上機嫌。

荷物を置いて、すぐ目の前にある中央市場へ。

066たくさんのイワシや名前も知らない魚、見たこともないようなフルーツを売っていた。

071そして旧市街(メディナ)へ。入口の門。

073入ってすぐの広場。旧フランスの植民地の香り満載。

075メインストリートには、ろくでもない土産物を売る店がいっぱい。
突き当りのグランドモスクへ行って中へ入ろうとしたら、モスリムしか入れないと言われた。
諦めてウロウロしていたら、達者な英語を喋るジジイが現れた。
「ワシの姪は日本の首都に住んでいるんじゃ。香港さ。日本人には世話になっているので、グランドモスクが見える場所へ案内してやる」と言う。

084そこはグランドモスクがよく見える場所だった。

086見終わったら、ついでに土産物を見ていってくれと言って、絨毯屋やら香水の店やら引き回された。
いずれも買わないというと、景色を見せてやったんだから、いくらかくれという。

ただでと言うから付いてきたんで払わないよ、と言うと怒りだした。せめて1ディナール(60円)でもと言う。それぐらいならあげようとサイフを見たが小銭がなかったので、ごめんよ、と言って逃げてきた。

お腹が空いたので、メディナの中の食堂で昼食。

090全部で650円。魚が高かったみたい。うまかった~。食い過ぎ。

094そしてまたメディナの中をあてもなく歩いた。

そしたら今度は、やさしそうな英語の上手いジジイが現れた。

099「ワシの妹は日本語を勉強して、シェラトンで接客係をしている。ワシも日本人が大好き。ここの近くにパレスがあるから案内してあげるよ」と言って、案内してくれた。

100このモザイクを撮れ、あの建物を撮れというので撮影した。

102頼みもしないのに、次から次へと案内しては、そこで写真を撮れという。

107職人のたくさんいる場所も案内してくれた。写真は銅を打っているところ。

109青い町並み。

110古いモザイクの家。

途中から、このジジイはいつ変身して、いくら請求してくるのだろうかと恐ろしくなった。

そしたら最後に、誰もいない路地に入って変身した。怖い顔になり、「いろいろ案内したからガイド料に30ディナール(1800円)払え」と財布を出して指さした。フレンドリーなジジイからの、あまりの豹変ぶりにちょっとたじろいだ。

途中から、多少のお金はあげてもいいなと思っていたが、30ディナールは高すぎる。振り切って逃げることもできたが、ホテルの名前も教えてしまったので、あとでやってきて刺されても困る。

「そんなに払えない」と言って5ディナール(300円)渡したら、すんなりとどこかへ消えてくれた。いろいろ案内してくれた対価としては安いかもしれないが頼んだわけじゃない。

そしてメディナからの帰り道。また懲りもせずに話かけてくる男の相手をした。
「おれはカワサキのバイクに乗っている。日本人が好きなので、ちょっと案内させてほしい。近くにパシャの家があるから連れていってやる。すぐそこだ。」

付いて行ったら、そこは飲み屋だった。ここは有名な史跡で、中が飲み屋になっているから一緒に一杯飲もうという。

飲んでもいいかと思ったがやめておいた。あんまり調子に乗って誘いに乗っていると、いつか本当に痛い目に合う。
断ると、「せめてワインを一本買うお金をくれないか」。もちろん断った。

今日はあんまり楽しくないウザイ一日でした。ある程度は地元の人とも触れ合いたいけど、向こうから声をかけてくるのはろくでもないやつばかり。気をつけないと。

058
チュニスはまだ夏です。昼間はポロシャツ一枚でも汗だく。ワシは寒さには滅法弱く、暑さには普通に弱い。結局両方弱い。おそらく真夏のチュニスだと耐えられないかもしれない。これからもっともっと暑い場所はいっぱいあるのに・・・。

明日はカルタゴへ遠征します。

本日の宿 グランド・オテル・コモドール シングル 1800円

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年10月10日 (木)

イスタンブールからチュニス(チュニジア)へ

ホステル→イスタンブール空港発13:10→チュニジア着14:00(時差二時間)→タクシーホテル→メジナ→ホテル

チュニスへやってきました。アフリカという感じは全然なく、ここは地中海沿岸のヨーロッパととらえた方がいいような感じです。

航空券はネットで、チュニジア航空(イスタンブール→チュニス→カサブランカ)を43000円で買いました。
009_2 011_3

エアバスA320、横6列の小型機。2時間30分のフライトなのに軽食が出た。
「ビールある?」って聞いたら小さな缶が出てきた。これは唯一のチュニジア産ビールだそうです。もう一本ぐらいくれんと酔えんのやけど・・・。

チュニスに到着してタクシーに乗ろうとして、さっそくアフリカの洗礼を受けた。
「地球の~」によると、町までの相場は、3~5ディナール(180円~300円)。
数人のドライバーと交渉したが、30ディナールから始まって、10ディナールまでしか下がらない。メーターはというと、細工してあるか、倒さないらしい。

それならバスで行こうと乗り場を捜したがわからない。インフォメーションで聞いてもよくわからない。しかたなく、愛想の良いドライバーを捜して、10ディナールでホテルへ。

024荷物を置いて、メディナの中にあるユースホステルへ、ワシが耐えうる環境かどうか下見に出かけた。
夕方の交通ラッシュで、お巡りさんが大勢出て交通整理をやっていた。

026宿からメディナまでは、歩いて40分ぐらい。メトロが使えない場所なので、歩くことに。モハメド通りを歩いて行ったら、構造上無理があるようなビルが建っていた。

028町のシンボルの時計塔。

030_2夕方なので、大勢の人が歩いていた。

032そしてメディナの中へ。

033
イスタンブールのバザールよりも道が狭くて入り組んでいる。

035
これはユースホステルの入口の扉。中に入ったが、英語がわかる人も客もおらず。建物は昔からある建物で、情緒はあるが、何か陰気で小便臭く、耐えられる限界ギリギリという感じ。
試しはしなかったが、WiFiは飛んでいた。英語の話せるオーナーと電話で話をしたところ、明日は空きがあるという。値段は朝食付きで一泊900円と安い。

038グランドモスク。明日ちゃんと観光に来る予定。

040メディナの中は6時過ぎると人通りが減って、ちょっと怖い。

今日は、飛行機から荷物が出てくるのに一時間以上かかったことや、ホテルを捜すのに時間がかかったので、とりあえず明日の宿の下見にホステルを見ただけで帰ることにした。ホテルに帰って午後7時。何も食べてなかったし、一杯飲みたかったので、近所を散策。

053
レストランかと思って入ったら、100人ぐらいの客がいて、みんなそれぞれに大酒を飲んでいた。

052
イスラムの国だから酒なんか飲まないかと思っていたらそうじゃなかった。一人平均で5~6本のビールの小瓶をテーブルに並べて飲んでいる。

ワシも飲みたくなって、一人で飲んでいるおっさんに聞いたが、英語がまったく通じない。
でもそのおっさんは、ここに座れと言って、同じテーブルに座らせてくれた。
ビールを指さすと、大声でウエイターに何か言ってくれた。そしたらウエイターがビールを持ってきて、おっさんはコインを見せていくらか教えてくれた。一本2.5ディナール(150円)。

045
この人はたぶんフランス語で何か一生懸命喋り、ワシは英語で一生懸命喋るが、お互い何を言っているのかほとんど通じず。

何か食いたいという動作をしたら、この人がまたウエイターに何か怒鳴って、これをおごってくれた。

050ソラマメのような大きな豆を塩辛く煮込んだ料理で、ビールによくあってうまかった。

まだ何か食いたいという仕草をすると、また別の豆料理をおごってくれたが、この店には、その二種類しかつまみがないらしく、まわりの人は全員同じ豆料理を食べていた。

ワシも周りの人に負けじと、ビールを3本飲んだが、小瓶なので、大瓶一本半分ぐらいの効果しかなく、なかなか酔わない。

おっさんとワシは何とかしてお互いの名前を交換した。
おっさんが、カメル、カメルという言うので、ラクダの絵を描いて、「これか?」と見せたら、大笑いして、CAMELと書いた後で×を打って、KAMERと書きなおした。

なぜかおっさんは自分の住所と電話番号も書いて、電話してこい、みたいな仕草をして、おまえの住所と電話番号も書けみたな仕草をするので、ワシも書いた。

でも、仮に電話が通じても、お互いアーウー言うだけで会話にならないのに、酔っ払い同士の話はこんなもんやね。

もっと飲みたかったが、豆ばっかり食ってもしょうがないので、おっさんに礼を言って店をあとにした。

今日も楽しい一日でした。

今夜のホテルはチュニスにしては高いし、不便なところにあるので、明日は宿探しから始めます。

今日の宿 ホテルVILLA78 朝食付き シングル 4000円

002イスタンブールのホステルの食堂で今朝みつけたボード。

「天使はいる。でも、時に彼らは翼を持たず、友達という名で呼ばれる。」

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ