40グアテマラ

2013年12月14日 (土)

わたったぞ~!(グアテマラ・パナハッチェル)

本日はパナハッチェルの町歩き、航空券購入、明日のバスの手配などをやってました。

メキシコ、キューバ、そしてグアテマラと旅してきて、ほとんど毎日耳にする曲がある。
とくにキューバでは大ヒットしていて、一日に何回も聞いた。店でそれがかかるとみんな踊りだしたりリズムとったりしてましたよ。
私も大好きになって、それがかかるだけで幸せな気持ちになる。

その曲のタイトルが知りたくて、曲がかかるたびに周りの人に聞いたが、今日までわからず。
今日、朝飯を食った場所でミュージックビデオを流していて、その曲が映像付きで流れた。

レジ係りが十代の女の子だったので、きっと知っていると思って聞いたら、タイトルと歌手を教えてくれた。

Marco Antoni(英語で書くと Marc Anthony) の 「Vivir mi vida」。
これがわかっただけで今日一日、ものすごく幸せでした。

この曲は、この夏から全米ヒットチャート1位だそうですので、きっと日本でも大ヒットしているんでしょうね。

または

歌詞がまたいい。

歌詞はこちら。

この曲は、中南米の私の旅のテーマソングにしました。ちょうどいいので歌詞も覚えようっと。

朝から旅行会社を何軒か回った。明日のガテマラシティー行きのシャトルバスの相場はだいたい175ケツアル(2275円)。

一方、チキンバスで行った場合は25ケツアル(325円)。
シャトルバスはホテルに迎えに来てくれて、ガテマラの国際バスセンターまでノンストップで快適。
一方チキンバスはバス停まで行って、各駅停車。座席の保証はない。到着場所も観光客のことなど考えてないので、そこからがまた一仕事。
観光地であるパナハッチェルからガテマラシティーなんて路線はワシが強盗だったらまず狙う路線。

カメリオさんのリクエストもあるので、チキンバスの下見に行った。

007

しばらく待っていたら、ガテマラシティー行きがやってきて荷物の整理をやっていたので中に入ってみた。ワシが騙された二等バスよりは快適に見えた。

迷ったけど、シャトルバスで行くことにした。
ワシはチキンなので、本当はチキンバスに乗るべきやろうけど、5時間休憩無しはつらい。ガッツあるバックパッカーなら 乗るやろうけど、ワシはコロコロ(キャスター)パッカーであって、バックパッカーではない。

ブログ的に最高の筋書きとしては、シャトルバスを買ったつもりがまた騙されてチキンバスの乗せられてしまうというやつやね。もう騙されんぞ!

008_2

道を歩いていたら、呼び込みの兄ちゃんが二人相次いで「タイマー、タイマー」と声をかけてきた。大麻のことか。

昼になったので屋台で食べてみた。

010

チキン、20ケツアル(260円)。なかなかうまい。

013

001

夜はまた昨日の店で牛肉。52ケツアル(676円)。 うまい!
小皿に白く見えるのはピカンテといって、ガーリックの辛い薬味。もう最近は辛いのが必須。

015

夕方6時半ですが、もうあまり人通りがない。のんびりするにはいいとこです。

017

明日から、大急ぎで中米を南下します。

グアテマラ→エルサルバドル→ニカラグア→コスタリカ→パナマまでは国際バスを利用して、12月24日のクリスマスイブにパナマシティーからコロンビアのカルタヘナへ飛行機で飛びます。

チキンなので安全第一で行きますのでブログの更新がなくても心配しないでくださいね。

今日の宿 Freedom Hotel Panajachel ダブル 一泊 150ケツアル(1950円) 連泊

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月13日 (金)

アンティグアからパナハッチェルへ(グアテマラ)

ホステル→(シャトルバス)パナハッチェル→ホテル→町歩き→ホテル

アンティグアからバスで3時間、湖の美しい町パナハッチェルにやってきました。静かないい町です。だいぶ登ってきたので寒い。
バスには20人の客が乗っていたが、そのうち16人がサンペドロ行きのボート乗り場で降りて、サンペドロへ向かった。

サンペドロはアティトラン湖の対岸にある街で、そこはパナハッチェルよりも素朴で物価も安いそうだ。
ワシも行こうかと思ったけど、ATMとWi-Fiが今日はどうしても欲しいのでやめた。

001_2                         (今日の宿)

この町の安宿にもWi-Fiはある。「地球の~」を見て安い宿へ行ったら、Wi-Fiはあって、強い電波も飛んでいるが繋がらない。
部屋も100ケツアル(1300円)と安くて気に入ったのに。
そのホテルの人が、他の二軒のホテルに案内してくれたが、いずれも電波は飛んでいるが繋がらない。
曰く、今日は繋がらない日なんだそうだ。
どうしてもWi-Fiが欲しいけどなんとかならないか、と言ったら連れて行ってくれたホテルでやっと繋がったけどまたすぐに切れた。
でもそのホテルは2つの会社の回線を持っていて、もう一方は部屋の外で使うが、なんとか使えそう。
値段は150ケツアルと高いし、部屋もロケーションもよくない。迷った末にWi-Fiを優先させた。

実はそろそろパナマからコロンビアへ飛ぶ航空券を買わないといけないが、今晩買えるだろうか。

クリスマスにひかかると、移動も宿も大変。ゆっくり中米をまわって、このままグアテマラかコスタリカでクリスマス休暇を過ごすか、それよりも前に南米に抜けるか迷ったが、急ぐことにした。

さっそく荷物を置いて町へ。

030

002

きれいな湖です。

010

対岸に山が二つ見目えますが、両方とも3000メートル以上あるので、頂上が雲で覆われていて見えない。

013

メインの通り。どうも今時は対岸のサンペドロに人気を奪われて、ここはそんなに賑わってはいない。

015

こういう民族衣装を着た人が普通に歩いている。

016_2

こういう土産物屋がいっぱい。

018
スタンドで切り売りのパパイヤ食べました。

レストランで昼飯。

020

鶏ばっかり食べていたのでたまにはポークで。美味かった~。パンはランゲージバリアのせいで、なぜか出てきてしまって食べ過ぎ。

全部で50ケツアル(650円)。アンティグアよりは安い。

028

カヌーに乗る人や泳ぐ人がいた。

032
たしかに湖はきれいで透明度が高い。

靴磨きの少年も客が少ないので道具を置いて泳いでいます。

040

038

建築会社の作業員が3時の休憩におもいっきりサッカーで暴れていた。あんたらどんだけ元気やの。

035

036 おしゃれな帽子を買いました。40ケツアル(520円)。でも、よくよく考えると、折りたためないので移動の時はいつもこれをかぶることになる。

042

Wi-Fiは速くはないが、ムチャクチャ遅いということもない。部屋の外の空の見えるところで書いているが、どうやら衛星回線みたい。
もう一つの回線は部屋でもできるアンテナがつけてあるが安定しない。

ブログの更新時間が毎日まちまちで申し訳ありません。早く書いた今日みたいな日は日本時間の早朝更新で、遅くまで外出した日は日本時間の昼ごろ更新になってます。(時差は14時間)

毎日読んでいただいている方は場合によっては1日さかのぼって読んでやってください。

029

今日の宿 Freedom Hotel Panajachel ダブル 一泊 150ケツアル(1950円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月12日 (木)

パカヤ火山ツアー不発(グアテマラ)

ペンション→町歩き→(マイクロバス)パカヤ火山ツアー→ペンション

今日は午前中は町歩き。午後からはパカヤ火山ツアーに参加。

001

グアテマラの典型的な先住民はこんな感じの恰好をしている。

チキンバスが次々とやって来たので、うれしくなって撮影。

004

なぜチキンバスというのかは知りません。

005

朝の通勤時間なので、どのバスもいっぱい。

006

なんで、こんな派手な色に塗る必要があるんでしょうか。民族衣装とコーディネイトしとるんかな。

008

これは薬局。鉄格子の外から注文して買う方式。そんだけ強盗が多いということか。ロンドンの酒屋へ行くとこんな感じやね。

010

メルカド(市場)へ行ってみた。

014

パパイヤの大玉が一個8ケツアル(104円)。ワシ、移住しようかしら。

017

見たこともない野菜がたくさん売っている。

012

そのあと町歩き開始。

この町は「コロニアル」な街並みが世界遺産に登録されている。
「コロニアル」って嫌な言葉ですね。「植民地の」って意味ですから、結局、中南米の世界遺産の多くは、スペインがやってきて地元の先住民をやっつけて、そこに建てた教会や町並が世界遺産になっている。

それを見るためにわざわざやって来て、しかもスペイン語を一生懸命勉強しているワシは一体何なんでしょうか。

020

この町はたびたび大地震にみまわれたため、地震にやられたままの建物があちこちにある。

021

palacio(宮殿)と喫茶店の主人が言ってました。

023

カテドラル(教会)。

024

市役所。

025_2

市役所の並びのレストランで朝飯食べたら32ケツアル(416円)。コーヒーは本場だけあっておいしいけど、高いんじゃないの。グアテマラでしょ。世界遺産のせいか?ちなみにこの町にはマックもある。

028

コロニアルです。

029

お祭りの山車が置いてある場所があった。春のお祭りにはたくさんの観光客がやってくるそうです。

030

メルセー教会。

033

庭に大きな噴水があった。

035

お昼ご飯。7ケツアル(91円)。二個食べました。

十字架の丘に登って町を見たくなった。「地球の~」には一人で行ってはいかんよ~みたいなことが書いてあったので、入口まで行ってみた。
そしたらお巡りさんが4人も立っていて"No hay problema"(問題なし)と言うので登りました。

048_2

晴れていれば、雲のある位置に富士山にそっくりな山が見えるそうです。

050

コロニアルな町は碁盤の目のようです。

055 すばらしい街やけど、自動車が多過ぎる。日本車、とくにマツダが多いです。韓国の車は、この町に限ってはそれほど多くはない。

そして午後はパカヤ火山ツアー。参加者は10名。フランス、アメリカ、メキシコの人とワシ。現地ガイドはスペイン語のみやったけど、メキシコの人が通訳してくれた。

069 馬も一緒に登るので、そこらじゅう馬糞だらけ。馬糞をよけて歩くのに疲れる。

071

地熱発電の施設。

075

登ること一時間。頂上付近は霧。

077

穴から噴き出している熱風でマシュマロを温めて食べた。

そして下山するよ~だって。ええ~! 溶岩は? 噴火口は?火山灰は?

溶岩は流れていない。噴火口は立ち入り禁止。火山灰は降っていない。

2010年に大きな噴火があってから、山の形も変わり、今は休止状態のようです。晴れていれば、モクモクと立ち上る煙が見えるそうですが、今日はそれも見えず。

パカヤ火山ツアーに参加したワシがパカヤった。

083

町に帰ったら8時を回っていた。広場でコンサートがあり、花火の音もして、お祭りのようです。

明日はパナハッチェルに移動します。

今日の宿 ペンション田代 シングル・バストイレ共同 70ケツアル(910円) 連泊

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月11日 (水)

コパンルイナスからアンティグアへ(グアテマラ)

ホテル→(マイクロバス)アンティグア→ペンション田代→町歩き→ペンション田代

グアテマラのアンティグアへやって来ました。

まずはコパンルイナスのホテルから。

001

ホテルの部屋の前です。感じいいでしょう?でも一つだけ弱点があって、ここのオーナーが鶏を飼っていて、そいつが夜中に時々、コケコッコーって鳴くんです。初日は朝かと思って何度か起きたけど、慣れたので今朝はぐっすり眠れました。

今日は昼12時発のバスで移動予定。朝、歩いて喫茶店へ行ってコーヒーとアップルパイを食べた(カメラ忘れた)が、久々においしいコーヒーを飲んだ。
そのあと部屋に帰って荷物の軽量化を検討。

日焼け止めクリーム、虫よけクリーム、蚊よけネットなどが増えたたため、荷物が重くなった。
何かを捨てないといけない。思い切って、メキシコで買ったスペイン語の辞書を処分して、アプリの辞書(2800円)を買った。(辞書は宿のクソガキにあげた。やつは英語がまだ下手なのできっと役に立つだろう)

007

iPadminiに ダウンロードして使ってみたが、すばらしい。動詞の活用も詳しく出てるし、発音機能もある。なんでこんな便利なものを早く買わなかったんだろう。今日だけでも10回以上使った。

008

国境にて。バスはトヨタのマイクロバスで乗客は11人。たぶん3人がグアテマラの人で残りの8人が観光客。ワシ以外はみんなスペイン語で仲良く会話していた。

010

このバスはコパンルイナスの旅行会社の前発アンティグア行きで200レンピーラ(2000円)。

パスポートコントロールの後も乗り換えなしのノンストップ。
ただちょっとスピードの出し過ぎと道が良くないので揺れる。

ちなみにホンジュラス出国も、グアテマラ入国もお金は取られませんでした。

011

ちゃんとドライブインに止ってくれて、食事休憩もあった。

ガテマラに入ってから、ガテマラシティーまでの道は高速道路並に整備された道で、運転手が飛ばす飛ばす。

そしてガテマラシティーを通過。
あまりの大都会ぶりにびっくり。名古屋ぐらいかな~。マクドナルドも2軒見たし、バーガーキングもあった。

017

ちょうど夕方のラッシュにかかって、車の多いこと。

018

あ、チキンバスがいたぞ~! ああいうバスに乗るとバス強盗に合うらしい。でも一回は乗りたいな~。

022

夕方6時にアンティグアに着いた。バスを降りた他の人はスペイン語ができるので、町の人にあれこれ聞いて、あっと言う間にどこかへ消えた。

ワシは「地球の~」とにらめっこしたが、現在地がどこなのかサッパリわからず。しかたがないのでスペイン語を駆使して、ペンション田代(今日の宿)のある大通りを聞いて行った。

この町は安全だと聞いているので、夜でも「おそがい」ことはないです。
ペンション田代はいわゆる日本人宿。アンティグアの町にはスペイン語の語学学校がたくさんあって、日本人がたくさん来ているようなことが書いてあったが、宿に着いた時は日本人は誰もいなかった。
さっそく荷物を置いて出動。

024

市場(メルカド)の横に屋台の商店街がズラ~と並んでいて、さながら夏祭りの様相。

030_2

女性の着ているものが、グアテマラっぽい人が多い。このお店の人みたいな感じの服装です。

コパンルイナスもそうでしたが、アフリカ系の人はほとんどいない。マヤの末裔のような感じの人が多い。

031

感じのいいレストランがあったぞ~。

036

メニューを見てもよくわからんかったけど、グアテマラ料理で鶏ということはわかったので頼んだ。

小鉢にあるのはスパイシーな薬味。最近はスパイシーな方が美味しいと感じるようになった。辛いというのは、唇と舌で感じるんやね。辛いと思っても飲み込んでしまえば胃や腸ではそれほど感じない。

ところが、次の日トイレへ行くと、肛門で、「辛い~」と感じる。不思議やね。

久しぶりに宿代より高い飯代。ビール2本とチップ入れて105ケツアル(1365円)美味かった~。

アンティグアの町は落ち着ける感じの古都で、なかなかいいです。明日は町歩きと火山ツアーに参加予定です。

今日の宿 ペンション田代 シングル・バストイレ共同 70ケツアル(910円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月 8日 (日)

ティカル遺跡日帰り(グアテマラ)

ホテル→(バス)ティカル遺跡→町歩き→ホテル

集合時間の午前3時にホテルの入口に行くと、日本人が一人いた。私はバス会社の人の言うなりにこのツアーを申し込んだので内容を全く知らなかったが、その人によると、このツアーは遺跡から昇る日の出を見にいくためのツアーで、入場料なども昼間より高いとのこと。

2台のマイクロバスに乗った一行は5時ごろ遺跡に到着。
真っ暗なジャングルの中を懐中電灯を頼りに歩いて、Ⅳ号神殿遺跡に登った。
待つこと30分。朝が来た。

004

霧しか見えない。

002

ツアーガイドの一人が何やら言い訳の説明。

005

ボケーツと見つめる参加者たち。ギャフン!

そこから4時間、ガイドが観光客を引き回してあっちこっち連れて行ってくれた。
寝不足のワシにはけっこうハードです。

011

ガイドが石碑の前でマヤの数の表記法を説明してくれて、ワシ以外の参加者は数字が読めるようになった。

012

ジャングルの中なので大きな木があったりする。

016
大きな遺跡があちこちに。

018

チューインガムの木の説明をするガイド。西洋人は、この木を見つけたために、この地にやってくるようになったそう。
026

Ⅰ号神殿

028

Ⅱ号神殿

031

Ⅰ、Ⅱ号神殿のある広場。ここで生贄の儀式が行われたそうです。
マヤの生贄の儀式だけはどうしても納得がいかないけど、そういう文化ならしょうがない。

033

遺跡の壁面にある顔。

039

だんだん晴れてきた。

040

ふたたびⅣ号遺跡に登る。こういう景色の中に日の出が登るはずでした。残念。

ジャングルにガオーガオーと何度も響く猛獣の声。私はてっきり観光客用にスピーカーで流しているんだと思っていたら違った。
043

木の上にサルがたくさんいて吠えていた。縄張りを誇示するために吠えているそうです。

055
歩いていたらこんなやつが10匹ぐらい、人間を気にする風でもなく地面を突っついていた。

町に帰って、対岸の町歩き。

068

ピザハットやバーガーキングもあるし、立派なショッピングセンターもある。

064

湖の横のレストランで食事。
メニューの説明を聞いてもサッパリ。メニューの一番上のやつを頼んだらおいしいエビでした。全部で71ケツアール(923円)。

昨日、バス会社の人に言われるままにツアーチケットを230ケツアール(2990円)で買ったけど、日本人の人に聞いたら100ケツアール(1300円)で買ったと言うんです。

彼は旅行代理店に3人で行って、本来150ケツアールのものをまけてもらって100で買ったそうです。正規料金を150ケツアールだとしても、ワシのは80ケツアール(1040円)高い。

代理店を捜して買う手間を考えれば、べつにボラれたとも思わないし、大した額じゃない。でも、もう一つ腑に落ちないことがあって、昨日そのバス会社の人から400ケツアール(5200円)で、明日ホンジュラスのコパンルイナスまでの直通バスの切符を買ったんです。

このバス代は明らかに高い。冷房の効く高級車の直行バスだから高いんだという説明だった。今日町の旅行代理店に聞いたところでは、250ケツアールだと言う。さらに、コパンルイナスへは直行バスはなく、チキムラで乗り換えないと行けないはずだと言う。
「地球の~」によると、バス停は島の外にあることになっているので、昨日乗り換えたバスはバス会社とは関係ない別の会社なのかもしれない。
アフリカでは、チケット代を払って音信不通なんてことがよくあるらしいが、ここは中米。

明日私はコパンルイナスに行けるんでしょうか。
Wi-Fiが繋がり次第更新します。
明日も早起きなので今日は早目の更新です。

今日の宿 Mirador del Lago ツイン 60ケツアール(780円) 連泊

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月 7日 (土)

キーカーカーからフローレス島へ(グアテマラ)

ホステル→(船)ベリーズシティー→(バス)フローレス島→島内散策→ホステル

グアテマラのフローレス島にやってきました。
島と言っても海にある島ではなくて、ペテン・イツア湖という湖の中にある島で、岸から島まで道路が走っています。

001

朝、伊藤さんに別れを告げて、一人高速艇でベリーズシティーへ。また今日から一人旅です。

私は基本的には一人旅が好きですが、神様が、それでは寂しかろうと、時々素敵な出会いを用意してくれるみたいです。
今回も楽しい思い出になりました。伊藤さん、また会いましょう。

006

コメント欄からもアドバイスいただきましたが、ベリーズシティーのバスセンター周辺は犯罪多発地帯だそうで、そこまで行くのは嫌だなあと思っていましたが、サンペドロ社の船着き場がフローレス方面のバスの発着所(10時発)になっていて、町を歩かなくてよかったので助かりました。少しは町も見たかったのですが、時間が無くてそれもできませんでした。

012

このオンボロバスで走ること5時間。バスはフローレス島の入口のショッピングセンターに到着。

途中パスポートコントロールがあって、ベリーズの出国税37.5ベリーズドルとグアテマラの入国税3USDを払った。

016_2
ショッピングセンターにはATMがあって、バス会社の人が「ここでケツアール(現地通貨)を手に入れてね」と言うので入手。

バスはそのまま、ホテルへ行き、またバス会社の人が「このホテルは安いので、気に入った人はチェックインしてね」と言うので言われるままにチェックイン。

そこでまた、「明日の午前3時出発のティカル遺跡ツアーがあるので、行きたい人は申し込んでね」というので言われるままに申込み。

022

ホテルは安いが、個室でバストイレ付。お湯は出ないが、暑いので全然平気。

さっそく荷物を置いて出発。

024

島の中心にある小さな教会。

031

カラフルな土産物屋。

037_2

島の入口。島には、インドで言うところのリキシャがたくさん走っている。

040

小さな島です。

028

043

きれいな湖で、泳いでいる人もいます。

044

今日は島の祭りだそうで、屋台がたくさん出ている。

045

これはバナナの衣で作ったおはぎみたいなもの。中に小豆が入っていて、衣はサツマイモのような触感。

034

これはメキシコでも食べたけど、タマレス。トウモロコシの粉にオリーブの実などを入れて蒸したもの。ちょっと食べ過ぎ。

050

湖の見えるレストランに行き、Que me recomendia?(お勧めは?)と聞いて食べたのがこれ。
中には鳥肉やチーズ、野菜などが入っていてうまかった。
鶏(gallo)という名のビールも飲みましたよ。ビール2本飲んで全部で77ケツアール(1001円)

059

通りの真ん中で、赤鬼みたいな人形に爆竹をいっぱい巻きつけて爆破。これを町のあちこちでやるのでバンバンとやかましいこと。

057

クリスマスの飾りつけもある。

058

島は音楽や爆竹が鳴り響き、賑やかですが、なにせ人口2000人の島ですので、それほど大勢人がいるわけではない。
でも今日は観光客が繰り出して、賑わっています。

私は明日は2時半に起きて密林の遺跡ツアーに行かなければいけないので、ブログを書いたらもう寝ます。

今日の宿 Mirador del Lago ツイン 60ケツアール(780円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ