41ホンジュラス

2013年12月10日 (火)

コパン遺跡日帰り(ホンジュラス)

ホテル→(トクトク)コパン遺跡→コパンルイナス町歩き→ホテル

トクトクで5分(20レンピーラ・100円)で遺跡へ。

入るとすぐにオウムがたくさん木に止っていた。

042

人にも慣れていて近くに行っても逃げない。

040

scarlet macawというやつだそうです。

002

兵士が5人入口にいた。

016

この石碑は王名表になっているそうです。

017カメ。

019

グランプラザ(広場)。

020

遺跡に植物が生えて、崩れかかっている。

022

球戯場。マヤの人は球技を神に奉納するのが好きです。

025

神聖文字の階段。比較的よく残っている。

026

王様は高いところからこうやって球戯を見たようです。

032

王族の住宅エリア。

033

035

マヤの人はガイコツも好きみたいです。

コパン遺跡はそれほど大きくはなくて、ガイド無しでみると1時間ぐらいで終わる。ガイドがいないとイマイチよくわからない。

045

町へ戻って町歩き。明日のアンティグア(グアテマラ)行きのチケットを買った。

046

町の中心にある教会。

047

こういう感じの石畳の町です。

Photo

これは宿のシャワーヘッドです。中米やキューバの安宿ではシャワーでお湯が出ないところが多い。ここは生ぬるいお湯が出るけど、湯沸かし器で沸かしているわけではなく、シャワーヘッドに電熱線が入れてあって、それで温めてお湯を出している。

感電しやしないかとビビりながら浴びています。

最近いろいろと不調で、昨日の夜もやらかしてしまいました。
今日宿に帰ったら、金髪のかっこいい兄ちゃんが寄ってきて「昨日あなたがゲートをロックをしちゃったもんだから、私たちは3時間外にいて、最後にはフェンスをよじ登って中に入ったから今日は気をつけてね」なんて言うんです。

私、鍵のやり方を間違えて、外から外せないようにロックしてしまったようです。沖縄にも3か月住んだというその兄ちゃんは「全然大丈夫」なんて達者な日本語で言ってくれたが、申し訳ない。

まあ、どうしちゃったんでしょうか。応援のクリックでもしてやってください。ホンジュラスは「おそがい」ので、明日はグアテマラへ戻ります。

今日の宿 Carrilo's Hotel ツイン 300レンピーラ(1500円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月 9日 (月)

中米の洗礼(フローレスからコパンルイナスへ)ホンジュラス

ホテル→(迎えの車)バスセンター→(バス)チキムラへ→(バス)乗り換え2回→ホンジュラス国境→(バス)コパンルイナス→ホテル

朝5時。まだ暗い中、ホテルへ迎えの車がやってきてバスセンターへ連れて行ってバスに乗せてくれた。
ところが、乗ったバスは話とはぜんぜん違うオンボロバス。
私は、自称バス会社の人間という男から、
「バスはコパンルイナスまでの直通ノンストップの高級バスで、冷房、トイレ付き」
という話で400ケツアル(5200円)で買った。

男は、フローレスのバス停から小型バスに乗り換えた時に、「私は同じバス会社の者です。追加料金は要りませんが、皆さんを島のホテルへ案内しますので、気に入ったら泊まってください」と言った。
みんな信用してバスを乗り換えてホテルへ行き、チェックインのあと、その男からツアーチケットや次の目的地行きのバスチケットを買った。

ところが、ツアーは1000円ぐらい高いし、私の買ったバスチケットは相場より4000円ぐらい高い。(後で乗客の一人に聞いたところ、チキムラまで115ケツアル・1495円で買ったという)
しかも直行バスではないうえに、エアコンもトイレもない。各駅停車のオンボロバス。
男に、少し考えてから買うよと言うと、「明日は日曜日でチケットオフィスは休み。このバスはすぐに切符が売り切れるので、今日買わないと4~5日後のしか買えないよ」と言って、私に切符を売りつけた。

案の定、バスはガラガラ。グアテマラの人が数人だけ。
バスの出発直前までこのバスで行くのをやめようかと迷った。切符を売りつけた男は誰なのか知らないのでお金は戻ってこないが、もっと安全で快適なバスがあるのではという気がした。
二等のオンボロバスに乗ると、バス強盗にあうリスクが高まる。停車回数が増えれば強盗が乗るリスクが増す。
チキムラへの到着時間を聞くと、チキムラに2時半ということで、どうやら今日中にコパンルイナスに行けそうだとわかったので、このバスで行くことにした。

さっそく中米の洗礼を受けた。
騙されやすい私はいつかはやられる。教訓としては、(バスチケットはちゃんとした場所で買え)(旅行関係者を安易に信用するな)の二つ。
トルコやモロッコでは客引きに付いて行けばちゃんとした宿に連れて行ってくれた。でも中米ではそれで強盗に合う被害が頻発している。

グアテマラではそこらじゅうに自動小銃を持った兵士が立っている。遺跡にもバスセンターにも。ショッピングモールにはショットガンを持ったガードマンがいる。これは何を意味するのか。気をつけなければいけない。

001

暗いのでよく見えませんがオンボロバスです。

004

中は小便臭いし、窓ガラスもヒビだらけ。エアコンもトイレも無い。

騙された~、とショボンとしていたら、元気になるものが見えました。ピンボケですが、パパイア畑です。たくさんパパイアが成っていました。 005

バスは何度も停車して、すぐに乗客で一杯になった。

007

途中で怖そうなおっさんが乗ってきて演説。バスは走り続けている。10分ぐらい演説をしたあとで、アロエみたいな絵のある袋の粉末を売り出した。
ところがこれが売れるのなんの。みんな~、騙されているぞ~。

010バスにはたくさんの物売りが入れ替わり立ち代わり乗ってくる。このおばさんはチキン定食みたいなものを揺れるバスの中で上手にたくさん売った。

012
私は昨日買っておいたドリトスと菓子パンが昼飯。

013

バスはドライブインや、バスセンターなんてシャレた場所には止まらない。オシッコしたければ道端でやるしかない。ワシもこの親子の横でやりましたよ。

017

バスが途中で闇燃料屋(推定)から違法燃料(推定)を買って給油した。

020

チキムラ(こういう地名です。村じゃありません。)に着いたら、車掌(前を歩いているチェックのシャツの男)が案内してお金を払って国境行きのバスに乗せてくれた。ぼったくる割には良心的なところもあるのね。

030

小さなバスに乗って、途中もう一回乗換して、2時間ぐらいかかって国境到着。

035

自分で歩いて事務所に行きます。

036

事務所では、優しいおじさんに出国税10ケツアル 取られて手続き完了。
闇両替屋のおじさんに少しだけホンジュラスのお金を両替してもらった。

そこからまた歩いて今度はホンジュラスの入国事務所へ。

037

今度はホンジュラスの事務所でなぜか30ケツアル払えと言われたけど、ケツアルがなかったので、さっき両替したホンジュラスのレンピーラで払った。

そこからミニバスに乗ること20分。コパンルイナスに夕方6時にやっと到着。

039

小さな町です。落ち着くわ~。

「地球の~」に乗っている安宿を2軒訪ねたが、地図の場所に該当ホテルなし。私の持ってきたのは2010年版と古いのでホテルが廃業したのかも。

あれほど客引きには付いて行くまいと決めたのに「安い宿あるよ~」なんて声かけられてホイホイ付いていったら、感じのいいホテルだった。
生意気なクソガキが、英語のわからないフロント係りのおばあちゃんに代わって通訳。
気に入ったので即決。

040

荷物を置いて町へ出たが、現地通貨の持ち合わせが少なかったので屋台で焼き鳥を食べたらメチャうま。(カメラは何度か落としていて、最近夜はホーカスが合いませんのでよろしく。)

酒屋でホンジュラスのビールを買って、焼き鳥をまた買って帰った。(焼き鳥2皿とビールで520円)

047

ニセバス業者に騙されちゃいましたが、ブログ、楽しんでいただけましたか?

何?まだやられ方が足りない?中南米は始まったばかりです。しばしお待ちを。

やられても致命傷じゃなきゃ気にしないことにしました。どうせまたやられるに決まっているんですから。

今日の宿 Carrilo's Hotel ツイン 300レンピーラ(1500円)

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ