44コスタリカ

2013年12月22日 (日)

サンホセからパナマシティーへ(コスタリカ)

ホステル→(タクシー)TICAバスバスセンター→(TICAバス)パナマへ(車中泊)

002

12時 発のバスでパナマへ向けて出発。

004

このバスは今まで乗ったTICAバスよりも少し大きくて、座席の感覚が広い。

長距離行くからかなあ。

005

町を出てしばらくしたら料金所。高速道路だ、と思ったら15分ぐらいで終了。

020

夕方4時にドライブインへ。

016

とうとうケツアールがいたぞ。

013

軽く食事。

018

3000コロン(600円)。国境を超えるまでは現地通貨を持っていないとメシにありつけないことがある。ここはドルでも可。

021

道はこんな感じの道で、とても国際バスが走るような道じゃあない。

022

6時頃国境到着。

コスタリカ側で手続きを済ませて歩いてパナマ側へ。

029またまたバスから自分の荷物を降ろして通関手続き。

032

バスの乗客全員を一部屋に集めて、一人づつ鞄をあけてチェック。

これがまたチラっと見るだけ。そんなんならやめてくれよ~。

全部の手続きが終わるのに2時間半かかった。

028

これはパナマの国境ゲート。ゲートと言ってもみんな出入り自由で、屋台の業者などが勝手に出入り。なにも通関手続きしなくても歩いて行ける気がするけど、誰かどこかで見とるんやろうか。

またバスに乗って、翌朝5時にパナマシティーに着きました。
今これは着いたばかりのバスセンターのネットショップで書いています。続きはまた今夜。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月21日 (土)

サンホセ満喫(コスタリカ)

ホステル→サンペドロショッピングモール→動物園→ホステル

今日は特に予定なし。何をしようか。
最近人気低迷中のワシのブログのテコ入れのため、「町を歩いて強盗に合おう!ツアー」をすることに。

3キロほど歩いてサンペドロショッピングモールへ。

007

途中、国会の前を通ったけど、これ本当に国会?
それに、門の上の丸い石はコスタリカの石やないの?どうも納得がいかん。

008

ここらあたりなら強盗は・・・、出ない。サン・ホセは一部の地区を除いて全く安全です。

013

着きました巨大ショッピングモール。でも、敷居の高そうな店ばかりだったので、一周して帰ることに。あれ、ここにもコスタリカの石。納得がいかん。そもそも「コスタリカの石」という呼び方が変。じゃあ丸くないコスタリカの石はコスタリカの石じゃないのか?と、くだらないことはどうでもいいですね。

014

往復一時間以上かけて歩いて、一体何しに来たのか・・。

004_5

町に帰って、昨日晩飯食った中華の店が安くてうまかったのでまた来てみた。
昨日はビュフェがあって、二品とビールで2000コロン(400円)だった。

018

ところがビュッフェは平日だけなんだって。一番安いチャーハン食っといた。3600コロン(720円)。

この店のテレビでブンデスリーグのシャルケ対ニュルンベルグの試合をやっていて、内田と長谷部が出てました。サッカー選手として有名になるということは、世界中に顔が知れるということなんやね。

昼飯を食ったら、もうやることがない。「地球の~」を読んでみたが、あとはコインの博物館か動物園ぐらいしかない。
動物園って、そんなところへおっさん一人で行ってどうするの?
でもジャガーがいるんだって。マヤの遺跡で神として祭られていたジャガーが。

020_2

この人は、信号で車が止まると前に行って、ジャグリングして運転手からチップをもらうパホーマーです。写真を撮らせてもらったので100コロン(20円)あげました。ケチ。

023

小ぢんまりした動物園です。

026

入口でハトに大喜びする子供。おいおい、それは普通のハトでしょうが。

029 トランポリンで喜ぶ子供。

030

これはきっと人食いワニに違いない。

039

お、まぼろしの鳥、ケツアールか?

041

これがケツアールか?

043

ライオンがいたぞ~!檻が狭すぎて可哀そうなんですけど。運動はさせているんでしょうか。でも、散歩には連れていけんやろうなあ。

049_2

ジャガーか?違う。ネコぐらいの大きさしかない。しかもこいつはノイローゼの時のワシと同じで、ぐるぐると檻の中を歩きまわっている。

051

今度こそ、ケツアールか?くどいっちゅうの。ここにはケツアールはいません。

062

いましたいました。あの模様、ジャガーです。でもなんか小さい。子供かなあ。

064_2

今日は、動物というより、動物を見て喜ぶ子供に癒された一日でした。

明日、昼のTICAバスでパナマシティーへと向かいます。なんと、バスに16時間乗って、着くのは翌朝6時の予定。

今日のブログを読み返してみて、なぜ人気が低迷しているのかわかった。どうでもいいことばっかりダラダラ書いとるでや。
これからは強盗に合ったとか、パナマの女と・・・とか、そういうおもしろいことしか書かない!

まあ無理なんで、今までどおり長い目で見て、これからも読んでやってください。

カテゴリー欄に都市別さくいんを作りました。よかったら見てね~。

今日の宿 Hostel Van Gogh 一泊朝食付き ドミ 14ドル。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月20日 (金)

コスタリカの石(コスタリカ・サンホセ)

ホテル→国立博物館→町歩き→(宿替え)ホステル

コスタリカの石を見た。

031

国立博物館はもともとは砦で、軍の司令部があったそうです。

入口を入るとすぐに、蝶の放し飼いのスペースがあり、たくさんの蝶がお出迎え。

003

一番たくさん飛んでいたのは、この青いきれいな蝶。

002

なんか嬉しい。

014

上からぶらさがっているヒスイのようなものは、蝶のさなぎ。羽化したばかりの蝶が一匹ぶらさがっている。この蝶が羽根を広げると、上の青い蝶。

011

スロープを歩いて行くと、ありました。コスタリカの石。

完全な球体だと聞いていたのに、右上が少し、いびつです。

012 この石は、コスタリカの南の方、コロンビアの国境に近い村でたくさんみつかったそうです。

017
中庭に行ったら、私の背よりも大きいやつが一つ。これも少しいびつ。
でも一体どうやって作ったんでしょうか。すこしづつ削ったんやろうね。

018

これは溶岩石で作ったもの。三本の足のテーブルを逆さにしたような形。
副葬品としてみつかったそうです。

021

たくさんあるぞ~!
これらの石は何に使われていたのかは正確にはわかってないそうですが、権力の象徴として、有力者の家の近くに置いたり、テリトリーの境界の目印としたようです。
また、この石のように、並べ方が星座を意味しているという説もあり、天体と関係があったのではと言われている。

026

博物館から見たサンホセの町。名古屋ほど都会ではないですね。

032

 国立劇場。

034

なかなかの都会で車が多い。

037

今日も歩行者天国を歩いた歩いた。右のバイク2台はお巡りさん。自転車のお巡りさんもいるし、パトカーもいて、なんてお巡りさんの多い町か。

マックで昼飯食っていたら、武装した女性警官が二人入ってきたので、何事かと思ったら、普通にバーガー食べました。そりゃあ、警官だってメシぐらい食べる。

044

歩いていたら、普通にピストルを売っている店があった。中をチラっと見たら、壁にたくさんピストルが展示してあって、来客が3人ほどいた。
普通に売っているなんて、「おそがい」やないの。

今日は久しぶりにドミに泊まっております。狭い部屋に二段ベッドが4台。ちょっと息苦しいです。

今日の宿 Hostel Van Gogh 一泊朝食付き ドミ 14ドル。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年12月19日 (木)

グラナダからサン・ホセへ(コスタリカ)

ホステル→(TICAバス)サン・ホセ→(タクシー)セントロ→ホテル→町歩き→ホテル

11時間バスに乗って、コスタリカのサン・ホセへやってきました。

002

朝の6時にグラナダのTICAバスセンターに着いたら、もう10人ぐらい人が待っていた。観光客じゃない人も多い。

こんなところからコスタリカへ行くのは私ぐらいかと思っていたのでびっくり。

007

昼ごろ、ニカラグアの国境でバスから降ろされて、訳もわからずボ~と待たされた。
両替屋のおっさんにニカラグアの金をコスタリカの金に換えてもらった。

013

大音量の 音楽とアナウンスにのせて、女の人が狂ったように踊っていた。歓迎の踊りらしいが、誰も興味を示さず。

014 腹が減ったので両替したお金でバナナのフライチップスと鳥の空揚げセットを買った。1000コロン(200円)。

30分ぐらい待たされたあと、通関の人がやって来て、一人一人パスポートを渡しながらバスに乗せた。ニカラグアの通関手続きは入りも出も効率が悪すぎて訳がわからん。
でもコスタリカはしっかりと入国検査しました。エックス線検査もあったし、手続きをしないで入国はできない。当たり前やけど。

バスは11時間かかってコスタリカのサン・ホセに着いた。
荷物を受け取ってバスセンターから外に出たが、「地球の~」にある地図と様子が違う。近所を歩いてみたが全然違う場所みたい。

バスセンターのWi-FiをつないでGPSアプリで確認したところ、どうやらバスセンターが移転しているらしかった。
お目当ての安宿はセントロにある。地図で見ると約2キロ。歩けば30分もあれば着きそうだったので、一応「地球の~」で安全情報を確認。

そしたら、今TICAバスセンターがあるのは、コカコーラ地区と言って、サン・ホセの中でも一番危険なエリアで、昼間でも強盗が出るので、大きな荷物を持って歩くなと書いてある。

TICAバスのバカ~!なんでそんな危険なエリアにバスセンター作るんじゃ!
マナグアといい、ここといい、危ないとこばっかしにセンター作って、乗客をビビらせて併設のホテルに泊めて儲けようとすんじゃない!

しかたがないのでタクシーに乗って、たった2キロで10ドルも払ってお目当ての安宿へ。

024_2

こんなとこの前で降ろされて歩いたが、お目当ての安宿がない。
古いガイドブックを買うからこういうことになる。歩いてもう一軒訪ねたが、そこも潰れていた。2010年版の「地球の~」なんか買うからや!

また歩いてホステルをみつけたが満室。うえ~ん!だんだん暗くなってきて面倒臭くなってきた。
「Heminigway Inn」という名の素敵なホテルがあって聞いたら、一部屋だけ空いているという。値段を聞いたら、55ドル。私は値切るの下手なので、高いから他を捜すよと外に出たら、追いかけてきて50ドルでどう?
部屋を見せてもらったら、二部屋続きでベットが5台もあるファミリールーム。
広くて気に入ったので、45ドルにしてもらってそこに決定。

さっそく荷物を置いて町へ。

029

この町は普通に大都会です。人口は90万ぐらいらしいですが、歩いた感じでは名古屋ぐらいの都会に感じる。

鉄の櫓の上でお巡りさんが見張っている。パトカーやお巡りさんがそこらじゅうにいるので安心です。それってムチャクチャ治安が悪いってこと?

035

中国街に小汚い中華料理屋があったので、入って、他の人が食っているものを指さし注文。

033

こんな店だから値段は知れているだろうと思ったら、全部で7000コロン(1400円)も取る。

でもチンタオビール飲めたから許す。私はビールは基本的には何でもいいですが、やはり日本のアサヒかキリンが一番好きで、次がチンタオとかタイのシンハ のようなアジアのビールがくせがなくて好きです。

036

パトカーが誰か捕まえていたぞ~。

040

この町はもうすでに全世界アメリカ化計画がほぼ完了している。

041_2

ちゃんとブランドショップもあるぞ~!

042

ここは歩行者天国の通りで、夜8時なのに大勢人が歩いている。

いろんな店で服の値段とかを見たが、日本より高い。まあ、ここはこの国でも一番高いおしゃれな店が軒を連ねるエリアなんでしょうねきっと。

ビールや食料品の店にも行きましたが、日本と同じぐらいで、中米の国としては物価が高い。 でもこの町で3泊もしないといけない。バスの切符が22日発しか取れなかったので。

明日は、いよいよ「コスタリカの石」 を見る予定です。
私はかなり昔からこの石を見たいな~と思ってきたので、明日が楽しみです。

ではみなさん、おやすみなさい。5台あるベッドの、一番大きいダブルベッドで寝ます。

今日の宿 Hemingway Inn 一泊朝食付き45ドル。

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ